酵素の効果にまつわるウソと本当の話☆オススメの酵素の摂り方


酵素は「加熱をしていない生の状態の食品から摂ることが出来る」という話ってよく聞く話ですよね。酵素の効果をたくさん得るためには、生野菜などのローフードを食べたほうが良いのだと思っている人もいるでしょう。

酵素に関する情報については、誤解した認識をしている人も多くいるようですが、これは本当の酵素の情報が世の中に浸透していないことが原因として考えられます。

酵素の効果に関する情報を正しい知識に更新して、摂取の仕方を見直してみましょう。すでに酵素の効果についてご存知の方も、改めて酵素の情報について確認してみてください。

そこで今回は、酵素の正しい効果やオススメの酵素の摂取方法についてお伝えします。



酵素の効果にまつわるウソと本当の話☆オススメの酵素の摂り方

今まで言われていた酵素の効果は誤解が多かった!

酵素の効果について、今までに多く言われていたことは「食べ物から酵素を摂取すれば酵素を補うことが出来る」というような内容ですよね。

「産まれたときにすでに酵素の量が決まっているため、酵素を使いすぎてしまうと足りなくなる」という情報が酵素についての正確な情報だと思っていた人もいるのではないでしょうか。

ですがこの情報には根拠がなく、誤解されて伝わっていた情報になるのです。酵素に関する正確な情報を知って正しく理解しましょう。

酵素栄養学の誤解を解消!正しい解釈について

これまでに伝わっていた酵素の情報の多くは、酵素は一生で使える量が決まっているため、食品で酵素を摂取して体の中に補うことが良いというものでした。

ですが、正確な見解では、一生の酵素の量は決まっておらず、体の中で再利用されるという情報が正しいものになります。

酵素を節約するために食品から摂取するのが良いという考え方をしている人もいましたが、これを目的に酵素を摂取しても、体の中の酵素の量が増えるということはないのです。

酵素は生きている?いいえ、生き物ではありません

酵素を「生きている」と思っている人もたくさんいるでしょうが、酵素は生き物ではありません。
酵素はたんぱく質の一種になり、体の働きを手助けしてくれる効果があるもののことを言います。

酵素が活性化するとき、35度~40度が最適だと言われていますが、これは人間の身体の中で一番機能しやすい温度で生成されているからです。

だから体温と同じくらいの温度が最適ということになり、この範囲から出てしまった温度では反応が鈍くなります。

たんぱく質を熱すると、温度を下げても元の状態には戻りませんが、たんぱく質の一種である酵素もこれと同じ。一度火を通したお肉を生の状態に戻すことは出来ませんが、酵素にも同じことが言えるのです。

酵素がダイエットに有効って本当?

酵素がダイエットに効果的という情報もありますよね。これは「食品から酵素を摂取することで消化酵素に使われる酵素の量を増やすことが出来る」という考えが伝わっていたからになのですが、この情報は正確な情報ではありません。

いくら酵素を食品で摂取しても、体の中の酵素量が増えることはなく、酵素は身体に必要な分だけ作られているということになります。

しかも、消化酵素を増やすことが出来るというのも根拠がある情報ではないため、「ダイエットをしたいなら酵素の摂取を!」という情報は根拠がある正確な情報ではありません。

結局酵素はそれほど大切ではないの?

酵素の情報についての正しい知識を確認していくと、酵素は必要ないのでは?と思うかもしれませんね。でも、酵素は身体にとって大切なものであることに変わりはありません。

酵素の生成については、年齢とともに作られる量が減少していくという事実があります。
また、酵素の量が減ると体の調子が悪くなってしまうということも紛れもない事実ですから、酵素の効果は身体にとって、とても大切なものになるのです。

酵素の摂取は大切!上手に摂取して健康を手に入れる

酵素を摂取する時、加熱処理されているものは酵素の働きを失っていることが多いです。ですが加熱処理の段階で、人間の体内に入った時に吸収されやすい状態に変化しているため、生の状態で摂取するよりもより消化吸収がしやすいと言えます。

酵素は熱を加えるとその効果を失うことが多いですが、途中まで分解された酵素はこれから作られる酵素の元になる可能性もあるのです。

摂取する段階である程度分解されている状態になっているため、食べ物を消化する際にかかる胃腸への負担が少なくなります。

酵素を毎日摂取するのにおすすめの方法は?

酵素を毎日摂取したいというのであれば、手軽に摂取することが出来て安全・なおかつ長い時間をかけて発酵食品やフルーツ、野菜がオススメです。

オススメの発酵食品

・キムチ
・ザワークラウト(キャベツを乳酸発酵させたドイツの漬物)
・味噌
・麹
・納豆

オススメのフルーツ

・パイナップル
・りんご
・プルーン
・キウイ
・イチゴ
・オレンジ
・スイカ
・バナナ
オススメの野菜
・アボガド
・青パパイヤ
・セロリ
・大根
・人参

フルーツはもちろん生のまま食べますが、発酵食品や野菜もなるべく生のままで食べてください。


さて、今回は酵素について誤解して伝わっていた情報と正確な情報についてお伝えしてきました。
「酵素は身体の中で作られることがなく、一生で生成される量は生まれた時点で決まっている」という誤解の情報で理解していた人もいるでしょうが、酵素は再利用することが出来る物質になります。

老化に伴って酵素の量が減少してしまうことはありますが、酵素の量が決まっているわけではないため「節約する」とか「自分で摂取して量を増やす」という考え方は間違った認識になるのです。

だからといって酵素が必要でないというわけではなく、体の健康を守るために必要なものになりますので、摂取をすることで体のバランスを整える効果が期待できます。酵素についての正しい情報を知って、健康的な毎日を過ごしましょう。

まとめ

酵素についての正しい知識を身につけてバランスの取れた身体を作ろう!酵素は大切です

・一生で使える酵素の量が決まっているということはなく、再利用して使うことも可能
・酵素の効果で消化や吸収の働きをスムーズに行うことが出来る
・酵素は身体の中で再利用することが出来るが、老化で数が減少することもある
・酵素の節約をすることで代謝が良くなるということはなく、痩せやすくなることもない
・酵素を摂取することで健康が維持されて体の調子が良くなる
・酵素はサプリメントで簡単に、手軽に、無理なく摂取をすることが出来る


 

コメント