イソフラボンの過剰摂取にご用心!美容に最適な摂り方とその効果


イソフラボンを摂取すると身体に嬉しい効果があると言いますが、過剰に摂取してしまうと健康に良くない効果をもたらすこともあります。
一日に摂取しても良いイソフラボンの量も定められており、たくさんの量を摂取することは望ましくないとされているのです。

誰もがみんな、「キレイになりたい」「健康になりたい」と思うもの。そのためには適切な量のイソフラボンを摂取することが大切です。
一日に摂取しても良いイソフラボンの量はどのくらいなのでしょうか?イソフラボンが身体に与える嬉しい効果は?正しい情報を知って、イソフラボンを上手に摂取しましょう。

そこで今回は、イソフラボンの過剰摂取に注意して美容に効果がある摂取の仕方についてお伝えします!



イソフラボンの過剰摂取にご用心!美容に最適な摂り方とその効果

イソフラボンの過剰摂取はNG!

お豆腐や納豆など、大豆製品に含まれている大豆イソフラボン。女性ホルモンであるエストロゲンと作りが似ていて、エストロゲンの働きを手助けしてくれる成分です。

大豆イソフラボンには抗酸化作用があり、美容効果があることでも注目されました。

大豆イソフラボンには、お肌を綺麗にする効果やPMS(月経前症候群)を和らげる効果、更年期障害を緩和する効果があります。

ですが、大豆イソフラボンを過剰に摂取してしまうと、乳がんになるリスクや子宮内膜症になってしまうリスクを高めると言われているのです。

1日に摂取しても良いイソフラボンの量は?

食品安全委員会の発表によりますと、大豆イソフラボンを一日に摂取しても良い目安の量は70~75mgで、サプリメントや特定保健用食品から摂取する量の一日の摂取量の上限を30mgとしています。

【大豆イソフラボンの量】

・木綿豆腐100g(3分の1丁) ・・・23mg
・絹ごし豆腐100g(3分の1丁)・・・21mg
・納豆1パック45g      ・・・36mg
・豆乳1パック200ml     ・・・50mg
・味噌汁1杯(味噌20g)    ・・・10㎎

大豆イソフラボンの効果は?

大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするため、更年期障害の緩和やPMS(月経前症候群)の緩和、生理不順の改善といった効果が期待できます。

また、エストロゲンはカルシウムが骨から溶け出してしまうことを防ぐため、大豆イソフラボンもこれと同じようにカルシウムが骨から溶け出すことを防いでくれるのです。このため、骨粗鬆症の予防にも効果を発揮してくれます。

エストロゲンには肌を綺麗にする効果がありますが、イソフラボンも同じように肌を綺麗にする効果があるため、弾力のある肌を作って潤いのあるお肌にしてくれる効果も期待できるのです。

イソフラボンが不足するとどうなるの?

適切な量のイソフラボンを摂取すると、身体に嬉しい効果をもたらしてくれることがわかりました。では、イソフラボンが不足してしまった場合は身体にどんな影響を与えるのでしょうか?

【イソフラボンが不足したときに起きる症状】

・肌荒れや肌の乾燥、シワなどのお肌の老化
・抜け毛や薄毛
・ストレスを感じやすくなってイライラする
・自律神経が乱れる
・更年期障害を引き起こす原因になることもある

自分の身体に上記のような症状が見られるようになってきたら、それはイソフラボンが不足しているというサインの可能性もあります。
食生活を見直して、適切な量のイソフラボンを摂取できるようにしましょう。

男性がイソフラボンを摂取したときの効果は?

イソフラボンを摂取したとき、男性と女性では効果に違いが出るのでしょうか?

大豆イソフラボンにはエストロゲンという物質が含まれていますよね。このエストロゲンは男性ホルモンの分泌を抑制してくれる効果があります。
このため、薄毛や抜け毛に対しての効果が期待でき、さらに女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで、髪の毛に潤いを与えてくれる効果も期待できるのです。

また、男性がなりやすい前立腺がんを予防する効果も期待できます。
前立腺がんは男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうことが原因として考えられていますが、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを摂取することで、男性ホルモンの分泌を抑える効果が期待もできるのです。


さて、今回はイソフラボンの過剰摂取と美容に効果的な摂り方についてお伝えしてきました。
大豆に含まれているイソフラボンには女性ホルモンと同じ働きをする効果があり、適切な量の摂取であれば体に嬉しい効果をもたらしてくれます。
イソフラボンは更年期障害の緩和やPMS(月経前症候群)の緩和、生理不順の改善といった効果が期待でき、カルシウムが骨から溶け出してしまうことを防ぐ効果もあるため、骨粗鬆症の予防もできます。
このほかにも肌を綺麗にする効果があるため、弾力があって潤いのあるお肌にしてくれる効果も期待できるのです。
ですがイソフラボンを過剰に摂取してしまうと、乳がんや子宮内膜症になってしまうリスクを高めるとも言われています。
一日に摂取しても良い量を守って、効果的にイソフラボンを摂取しましょう。

まとめ

適切な量のイソフラボンの摂取で美容効果を高めよう!

・イソフラボンの過剰摂取は乳がんや子宮内膜症になるリスクを高める
・一日に摂取しても良い目安の量は70~75mg
・サプリメントや特定保健用食品から摂取する量の一日の摂取量の上限は30mg
・更年期障害の緩和やPMS(月経前症候群)の緩和、生理不順の改善の効果がある
・骨粗鬆症の予防や肌を綺麗にする効果がある
・イソフラボンが不足すると肌荒れや抜け毛、イライラするといった症状が見られる
・男性がイソフラボンを摂取しても健康に嬉しい効果が期待できる


コメント