最強の老化防止!成長ホルモン分泌を促進させる6つの筋肉トレーニング法

training
成長ホルモンは別名“若返りホルモン”と呼ばれてるほどアンチエイジングとの深い関係があります。その成長ホルモンをたくさん分泌するためには、睡眠や食事の質に気を配ること、そして筋肉トレーニングが効果的です。今回は、成長ホルモンの分泌をさせる様々な筋肉トレーニング方法をお伝えします。



最強の老化防止!成長ホルモン分泌を促進させる6つの筋肉トレーニング法

方法1.筋肉トレーニングで成長ホルモンを分泌

血中の成長ホルモンは20歳を100とすると、30歳で80、60歳で40と減っていきます。
成長ホルモンは、成長が終わった後も分泌されて、細胞へのアミノ酸の取り込みを促進し、代謝を良くしたり、骨を丈夫にしたり、皮下組織の水分の含油量を高めるなどの作用があります。成長ホルモンはゆっくりとした筋肉トレーニングをするとたっぷりと分泌されるようになります。

これは、筋肉の中に乳酸や二酸化炭素が蓄積され、これらが脳下垂体を刺激するからです。特に足には大きい筋肉があるため、スクワットなどを行うとたくさんの成長ホルモンの分泌が期待できます。

方法2.スクワットで成長ホルモンをたっぷりと出す!

いつでも手軽にできるスクワット法で成長ホルモンをたっぷりと出せます。

①足を肩幅に開いて、背筋を伸ばして立ちます。
②5秒くらい時間をかけて、息を吸いながら膝を90度まで曲げます。
③そして、また5秒くらい時間をかけて息を吐きながら元に戻します。
この①~③の動作を20回ほど繰り返しましょう。

方法3.楽に成長ホルモンを出す運動とは?

ハードな運動をしなくても、体にあまり負担をかけずに成長ホルモンを分泌できる運動があります。

●スロートレーニング

スロートレーニングとは、ゆっくりと時間をかけて止まらずに行う筋肉トレーニングのことを言います。
自分自身の体重を負荷して行うので、器具やマシンなどなくても1人で簡単にできます。
コツとしては、常に筋肉に力を入れて動作を行うこと。
腹筋や腕立て伏せ、スクワットなど誰でもしっている運動でも、十分に効果があります。

●太極拳

太極拳は動きもゆっくりな上、体全体の筋肉を伸ばしたり、縮めたりしながら鍛えることができます。
筋肉本来の役割である血液循環の促進ができるため、痩せ体質を目指せたり、健康維持にも高い効果があります。

方法4.成長ホルモンを分泌する運動を行う際のポイント

成長ホルモンをよりたくさん分泌するためには、運動を行う際のポイントがいくつかあります。

●ゆっくりとした動きに徹する
早い動作をするのではなく、筋肉がプルプルとするくらいのゆっくりペースで行うとベストです。

●関節は伸ばし切らない
関節を伸ばし切ったり、曲げきると一旦力が抜けて筋肉が休んだような状態になります。

●休憩は短めにする
長い休憩をとると筋肉が疲労回復してしまうので、休憩は1分程度にしましょう。

●有酸素運動直前に行う
有酸素運動とセットで行う時は、有酸素運動後に筋肉トレーニングを行っても成長ホルモンはあまり分泌されません。

方法5.加圧トレーニングで成長ホルモンを分泌する

モデルや女優、アスリートに人気のある加圧トレーニングには、たくさんの成長ホルモンを分泌する効果があります。加圧トレーニングは、シェイプアップしたい部分を加圧ベルトを巻き付け、血液の流れを制限します。血流をわざと制限することで脳がより負荷を感じるため、短時間な上少ない運動量で効果を感じることができます。

ただし、自己流で行うことで体に負担をかけてしまうことがあるので、専門のトレーナーにつくことをおすすめします。

方法6.睡眠の質も重要

筋肉トレーニングの効果をより得られるようにしてくれるのが睡眠です。睡眠と筋肉の生成にはとても深い関係があります。成長ホルモンは筋肉トレーニングをした後に分泌されますが、それよりも多く分泌されるのが睡眠中です。

●成長ホルモンをたっぷりと分泌する睡眠法

①6時間以上の睡眠を確保する
成長ホルモンは脳下垂体から出るので、熟睡して脳が休まないとたくさん分泌されません。
12時までには眠るようにし、最低でも6時間の睡眠時間を確保するようにしましょう。

②寝て3時間後は熟睡できる環境を作る
夢を見るレム睡眠と、夢を見ないノンレム睡眠を交互に繰り返すのが睡眠ですが、成長ホルモンは、ノンレム睡眠の時に分泌されます。
眠って30分後くらいに最初のノンレム睡眠が始まり、この時が成長ホルモンが一番たくさんでます。
最初の3時間は外からの音や光に邪魔されない熟睡できる環境を作りましょう。

③深く寝るためのコツ
・寝る3時間前までに食事を済ませる
・寝る2、3時間まえから間接照明に切り替える
・寝る前にパソコンやスマホをみない
・寝る前にカフェインを含む飲み物を摂らない
・眠けを誘うカモミールや、ネロリ、マージョラム、ラベンダーなどのアロマを枕元におく

 

さて、今回の最強のアンチエイジング!成長ホルモン分泌を促進させる6つの筋肉トレーニング法はいかがでしたでしょうか?
若さ溢れる体や肌を叶えられる成長ホルモンをたっぷりと分泌させるには、継続的に筋肉トレーニングやスクワット運動、加圧トレーニングを行うこと、そして毎日、質の高い睡眠を摂ることが重要なポイントと言えます。

成長ホルモンがたくさん分泌されるようになると、誰でも必ず若々しい体と肌を得られます!ぜひ、筋肉トレーニングを取り入れて、周囲に憧れるような若さキープを目指してください。

まとめ

最強のアンチエイジング!成長ホルモン分泌を促進させる6つの筋肉トレーニング法

方法1.筋肉トレーニングで成長ホルモンを分泌
方法2.スクワットで成長ホルモンをたっぷりと出す!
方法3.楽に成長ホルモンを出す運動とは?
方法4.成長ホルモンを分泌する運動を行う際のポイント
方法5.加圧トレーニングで成長ホルモンを分泌する
方法6.睡眠の質も重要

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.