大腸炎の原因と症状とは?慢性化する前に改善したい3つの解決策

下痢や腹痛の症状が続いて悩んでいる人もいますよね。悩めるその症状、「大腸炎」の可能性があります。

大腸炎は何らかの原因によって大腸の調子が悪くなってしまうことで、その原因にはたくさんのことが挙げられるのです。

熱や嘔吐の症状を伴い、明らかに風邪の細菌やウイルスが原因で起きてしまう大腸炎もあれば、ストレスが原因になって症状が引き起こされる大腸炎もあります。

ストレスが原因の場合は、症状が慢性化してしまうこともあるため、日常生活をおくる上で対策を行うことが大切なのです。症状の改善を目指して、毎日を健康的に生活しましょう。

そこで今回は、大腸炎の症状で悩んでいる人に、症状が起きてしまう原因や慢性化を防ぐために改善したほうが良いことについてお伝えします。



大腸炎の原因と症状とは?慢性化する前に改善したい6つの解決策

大腸炎の原因と症状について

一言で「大腸炎」と言っても、色々な種類があります。
大腸炎は、大腸に炎症を起こして辛い症状が出てしまうものですが、その症状は原因によって異なります。
細菌やウイルスが原因になって大腸炎を起こす場合は急性のことが多く、下痢や腹痛といった嫌な症状が起きてしまうのです。

また、ストレスが原因となって大腸炎になってしまうこともあり、これを「過敏性腸症候群(過敏性大腸炎)」といいます。
ストレスが原因の大腸炎で悩まされている人はとても多く、日本人の10%~15%ほどの人がこの症状で悩まされているのです。

過敏性腸症候群はどんな病気?

過敏性腸症候群はストレスや精神的なものが引き金になって起きる病気で、通勤や通学の時、緊張をした時やストレスがかかった時に起きる症状です。

トイレに行くことが出来ないような状態でプレッシャーを感じ、大腸炎の症状が起きてしまうことがあるのです。
病院で検査をしても特に悪いところが見つからず、症状を引き起こす原因がストレスなどの精神的なものが原因として考えられるときは、この病気だと診断されるようになります。

過敏性腸症候群は、下痢の症状だけが起きる、便秘になってしまう、便秘と下痢を繰り返すといった症状が起こるのです。

解決策1:ストレスを溜めないようにして症状を改善!

ストレスが原因になってしまう大腸炎の場合、ストレスのかからない生活をすることが何よりも大切なことになります。
ですが、全くストレスを感じないようにして生活することは容易なことではありません。

そこで、ストレスを「溜めすぎない」ようにして、上手に発散しながら生活することがとても大切になりますので、精神的な不安も上手に取り除いて生活するようにしましょう。

【ストレスの解消で有効な方法】

・不満を溜め込まない、我慢しすぎないようにする
・適度な運動をして体を動かす
・しっかりと睡眠をとって身体や脳が休まる時間を作る
・細かいことを気にしすぎないようにする
・趣味を楽しむ時間を作る

ストレスを溜め込まないようにして嫌な症状を改善できるようにしましょう。

解決策2:食事に気を付けて大腸炎を予防

大腸炎の時は、食事の内容にも気を付ける必要があります。

【大腸炎の時の食事について】

・消化の良いものを食べるようにする
・辛い物や冷たい物のように、お腹に刺激を与えるものを避ける
・脂っこいものを食べ過ぎないようにする
・アルコールやコーヒーを摂取しすぎないようにする

上記のようなものを食べ過ぎてしまうと、大腸炎の症状を悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。

解決策3:症状の改善は生活習慣の改善も大切です!

規則正しい生活をすることは、大腸炎の症状を改善させることにつながります。

毎日忙しく過ごしていると、寝る時間が遅くなってしまったり、食事をする時間も不規則になってしまいます。
毎日たくさんお酒を飲むことや、たばこを吸うことでも症状の悪化を招いてしまうため、規則正しい生活を送って毎日を健康的に過ごしていけるようにしましょう。
生活習慣を改善してしっかりと睡眠を取れるようになれば、ストレスを溜め込まない生活をすることが出来ます。

病院を受診して上手に病気とお付き合い

病院を受診すれば、大腸炎の症状に合ったお薬を処方してもらうことが出来ます。ストレスが原因の大腸炎の場合も、効果のあるお薬を処方してもらえますので、毎日しっかりと薬を飲んで症状が落ち着くように治療をしましょう。

市販のお薬でも下痢の症状を抑えるものがありますが、その時は症状が改善されたとしても、根本的に改善できたことにはなりません。
むやみに下痢止めを飲まずに、症状が長引く場合はしっかり病院を受診して、合ったお薬を処方してもらいましょう。


さて、今回は大腸炎についてお伝えしてきました。大腸炎になってしまうことの原因には色々なものがあり、細菌やウイルスが原因になるものや、ストレスが原因となるものなどがあります。ストレスが原因の大腸炎を「過敏性腸症候群(過敏性大腸炎)」といい、精神的なものが引き金になって下痢や腹痛の症状を引き起こしてしまう病気です。

過敏性腸症候群の場合は、不調で病院を受診しても何も異常は見つからず、症状が起きるのも緊張やストレスを感じたときになります。

日常生活をおくる上では、症状が出ないようにストレスをため込まない生活をしたり、ストレスと上手に付き合って行くことが大切です。

お腹に負担がかかるような食事や、アルコール、辛い物や冷たいもののように刺激になる食品の摂取を控え、健康的な生活が出来るようにしましょう。

まとめ

大腸炎の原因は様々!ストレスが原因となる大腸炎と上手に付き合って症状が慢性化することを予防しよう!

・大腸炎は細菌やウイルス、ストレスが原因となって引き起こされてしまう
・ストレスが原因で引き起こされる大腸炎を「過敏性腸症候群(過敏性大腸炎)」という
・過敏性腸症候群(過敏性大腸炎)は、日本人の10%~15%の人が悩まされている症状
・ストレスをため込まないようにして過敏性腸症候群(過敏性大腸炎)の症状を予防する
・刺激の強い物や脂っこいもの、アルコールの摂りすぎに注意をして大腸炎を改善する
・睡眠や食事などの生活習慣を改善して健康的な生活をおくる
・病院を受診して正しい診断を仰ぎ、症状が慢性化してしまわないように生活をする


 

免責事項

Copyright (C) 2013-2018 antiaging-life.info All Rights Reserved.