寝る前のストレッチで睡眠の質を高めて疲労を回復する5つの効果

寝る前のストレッチ

忙しい現代社会に生きていると、しっかり寝ているはずなのになかなか疲れが取れない!といった症状に悩まされることもありますよね。こんな悩める症状は、寝る前にストレッチを行うことで改善することが出来ます。

寝る前にストレッチをすると、睡眠の質を高めることが期待できるだけでなく、一日の疲労を回復してぐっすりと心地よい睡眠を取ることもできます。

なかなか疲れが取れない、安眠できないという人は、寝る前にストレッチを取り入れて、身体の健康を保つようにしましょう。

寝る前にストレッチをすると、実際にどんな効果が期待できるのか気になりますよね!そこで今回は、寝る前のストレッチが睡眠に及ぼす嬉しい効果についてお伝えします。



寝る前のストレッチで睡眠の質を高めて疲労を回復する5つの効果

1 寝る前のストレッチで疲労回復

仕事や家事に追われて一日を忙しく過ごし、身体が疲れている状態が一番ぐっすり眠れると思っている人が多いと思いますが、この状態で布団に入ってもなかなか質の良い睡眠を取ることは出来ません。

それだけでなく、疲れが残ってしまうために翌朝の目覚めも悪くなり、スッキリしていない状態で一日の活動を始めなければなりません。
夜寝る前に簡単なストレッチを実践することで、質の良い睡眠を取ることが出来て、翌朝の目覚めを良くすることもできます。
また、デスクワーク中心の人は、ストレッチをすることで固まった筋肉をほぐす効果もあります。

2 眠りに入りやすくなり、ぐっすり眠れるようになる

悩み事やストレスを抱えていてなかなか眠れない・・・ということはありませんか?
寝る前にストレッチを行うと、筋肉がほぐれてリラックスすることが出来るのです。

精神的にリラックスすることが出来ると、スムーズに眠りに入ることが出来るだけでなく、ぐっすり眠れることで安眠効果も期待出来て、質の良い睡眠を取ることが可能になり、毎日を健康的に過ごすことが出来ます。

3 体の凝りをほぐすことが出来る

寝る前にストレッチを行うと、固まった筋肉が緩んで筋肉の緊張が取れるため、つらい肩こりや腰痛といった体の凝りをほぐすことが出来て、更に予防にも効果があるのです。

肩こりは、疲れや筋肉の緊張、血行不良などが原因で引き起こされますが、寝る前にストレッチを行うとこれらのことを解消してくれる効果があり、睡眠の質が高まる事と合わせて一石二鳥にも一石三鳥にもなるため、嫌な症状とサヨナラすることも期待できます。

4 姿勢を正して背筋まっすぐ!

デスクワーク中心の生活をしている人は、一日中座る姿勢で過ごすことが多いため、だんだん姿勢が悪くなってきて、骨盤にもゆがみが出てしまうことがあります。
寝る前にストレッチを行うと、肩こりや腰痛といった体の凝りを改善するだけでなく、正しい姿勢にすることにも効果が期待できるため、猫背になっている人や右と左のどちらかに傾いて座ってしまう癖がある人は、寝る前にストレッチをすることをおすすめします。

5 自律神経失調症やうつ病などを予防

寝る前にストレッチを行うと、心と体をリラックスさせる効果があり、自律神経の乱れを改善することもできるため、自律神経失調症やうつ病といった精神疾患の病気を予防することにもつながります。

うつ病を患っている人は、いつも緊張状態にあるために筋肉が固まってとても疲れやすく、心を落ち着かせて眠ることもなかなかできない状態ですが、このような状態の時に心を落ち着かせてストレッチを行うと、一日の疲れが取れるようになったり、睡眠の質が良くなって翌日に疲れを残さないで済むようにもなるのです。

6 実践してみよう!寝る前に出来る簡単ストレッチ

実際に寝る前に出来る簡単なストレッチをご紹介します。まずは上半身のストレッチからです。

【上半身のストレッチ・その1】

・正座をして座る
・両手を頭の上にグーっと伸ばす
・猫背を治すイメージで背中の筋肉を伸ばす

【上半身のストレッチ・その2】

・うつぶせになって寝る
・両手を床について上半身を反らせる
・胸を反らせて背中の筋肉を伸ばす

寝る前にこの二つのストレッチを行うと、背中の凝りをほぐすことが出来て、上半身の血行を良くすることが出来ます。

【下半身のストレッチ】

・床に座った状態で、両手を肩より後ろにつく
・手で状態を支えながら足の力を抜いて両足を伸ばして座る
・かかととかかとを付けた状態でつま先を外側に開く、内側に閉じるという動きをする
・つま先を閉じる時は、つま先を軽くぶつけるようにする

このストレッチは、骨盤を矯正する効果があります。また、リラックスすることもできるので、快眠効果も期待できます。


 

さて、今回は寝る前のストレッチがもたらす効果についてお伝えしてきました。
寝る前にストレッチを行うと、一日の生活で溜まった疲れを回復する効果があり、心と体をリラックスさせることもできるため、スムーズに眠りに入る手助けをしてくれたり、安眠できる効果もあります。

また、硬くなった筋肉を緩め、肩や腰の凝りといった症状を改善し、さらにこれらのことの予防にも期待が持てます。

自律神経失調症やうつ病といった病気を患っている人も、寝る前のストレッチで心身をリラックスさせる効果があるため、入眠効果や安眠効果が期待できますし、心地よく眠ることでこれらの病気を予防することにもつながります。

まとめ

寝る前にストレッチを取り入れて疲れ知らずの身体になろう!

・寝る前のストレッチで一日の疲れを回復しよう
・入眠効果や安眠効果を高めて眠りの質を良くしよう
・肩や腰などの嫌な凝りを改善・予防しよう
・猫背を治して正しい姿勢になろう
・心身をリラックスさせて、心の病気を予防しよう
・上半身のストレッチで背中の凝りをほぐし、血行を良くしよう
・下半身のストレッチで骨盤矯正!リラックスしてぐっすり眠ろう


 

免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.