身体の細胞が元気になる!ヒートショックプロテインを増やす入浴法

入浴法
「ヒートショックプロテイン」という言葉はあまり聞きなれない言葉ですよね。でも、「何だか最近疲れやすい」「ここぞという時の元気が出なくて、困っている」という人には、是非知っておいてほしい言葉です。

最初にお伝えしておきますが、ヒートショックプロテインとは、傷んだ細胞を修復する働きがあるタンパク質のことです。免疫細胞の働きを良くしたり、疲労物質である乳酸の発生を抑えるという働きも持ち合わせている万能成分です。

そこで今回は「ヒートショックプロテインを入浴によって増やす方法」をお伝えします。



身体の細胞が元気になる!ヒートショックプロテインを増やす入浴法

ヒートショックプロテインを意図的に増やす方法が「入浴」

ヒートショックプロテインとは、その名前の通り熱によるストレスによって、体内で生成される量が増加するという成分です。でも、どうやって熱によるストレスを与えれば良いのかと悩む人も少なくありません。

日常生活を振り返ってみてください。私達が毎日入っているお風呂で、身体の温度を上げて、その温度を持続することによってヒートショックプロテインを増やすことが出来るのです。

知っておいて頂きたいのは、ただお風呂に入ればヒートショックプロテインがどんどん増えていくというわけではありません。入浴による正しいヒートショックプロテインの増やし方を、確認していきましょう。

入浴前に準備を完璧におこないましょう

体内のヒートショックプロテインを効率的に増やすためには、きちんと湯船に浸かって体温を上げなければなりません。シャワーでは身体の表面が少し温かくなる程度で、体温を上げるほどの効果はありません。

ヒートショックプロテインは40℃~42℃の熱ストレスを受けることによって最も効果的増加しますので、シャワーではなく湯船に浸かることを基本として下さい。

また上がった体温を持続することも大切な要因の1つですので、入浴後に身体を拭くタオルやパジャマ、寒い時には羽織りものを準備するなどしておくことが大切です。また、身体が冷えないように浴槽の蓋を開けておいたり、シャワーのお湯で浴室の床や壁を温めておくというひと手間も忘れないようにしましょう。

ヒートショックプロテインを増やすための入浴法

入浴前の準備が整ったところで、次はいよいよヒートショックプロテインを増やすための入浴法をご紹介していきます。

<ヒートショックプロテインを増やす>

1.準備が完了したら、入浴前にかけ湯をお忘れなく。心臓に負荷がかからないように、心臓から離れた足・手・その他の身体の部分に、ゆっくりと優しくお湯をかけていきましょう。
2.かけ湯によって身体が少し慣れてきたら、浴槽に身体を入れていきます。
くれぐれも勢いよく入ることなく、こちらも心臓に遠い足→手→身体の順番で浴槽に入るようにして下さい。
3.お湯の温度によって、入浴時間が異なりますので確認しましょう。

お湯の温度目安として42℃だと入浴時間は10分、41℃は15分、40℃は20分となっています。血行促進&温まり効果の高い入浴剤を使用した場合は、それぞれの時間からマイナス5分を目安として下さい。入浴中は、口腔内で図る温度計を用いて、だいたい38℃くらいまで上がるのが理想とされています。

以上が、体温を上昇させてヒートショックプロテインの数を増やす入浴方法です。難しいことはしませんが、湯船に浸かる順番や時間をきちんと確認しておきましょう。

ヒートショックプロテインの要は、最後の保温

ヒートショックプロテインを増やすためには、体温が上がった状態をキープすることも大切です。ですから、入浴後はすぐに身体の水気を拭き取って、洋服を着るようにして下さい。

暑いからと言って、入浴後いつまでもバスタオル1枚でいることなく、洋服を着てできるだけ身体の熱が出ていくのを防ぎましょう。
夏であれば入浴後クーラーを消した状態で20分ほど過ごしたり、冬は暖房が効いた部屋で体温をキープすることをオススメします。
ヒートショック入浴法で一番大切なのは、最後の保温時間だということを理解しておきましょう。体温を37℃以上に保つことで、体内のヒートショックプロテインが増得ていくのです。

水分補給も気を付けて

入浴後の水分補給にも、ポイントがあります。冷たいドリンクはなるべく控えて、常温か温かい飲み物を飲むようにして下さい。体温の保温期間が終わったら、冷たいドリンクを飲んでも構いません。大量の汗をかくと体内の水分量が大幅に減ってしまうので、スポーツドリンクなどの体内吸収率が比較的高い飲み物を摂取して、意識的に水分を補給していきましょう。


身体の細胞が元気になる!ヒートショックプロテインを増やす入浴法

ヒートショックプロテインを意図的に増やす方法が「入浴」
入浴前に準備を完璧におこないましょう
ヒートショックプロテインを増やすための入浴法
ヒートショックプロテインの要は、最後の保温
水分補給も気を付けて


 

免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.