食欲を抑える痩せホルモン☆レプチンを増やしてダイエットに成功する5つのポイント

レプチン

ダイエットは特に空腹に耐えるのが辛いですよね。失敗原因の第一位は期間中運動量も増える為食欲に負けて食べ過ぎてしまう事です。あなたはレプチンというホルモンをご存知でしょうか。

初めて耳にする方もいると思いますが、レプチンと呼ばれるこの痩せホルモンはギリシャ語で「痩せる」を意味するleptosから命名されたホルモンなのです。何とも興味深いホルモンですね。食欲の鍵を握るこのホルモンとうまく付き合うことでダイエットの成功率をグッと引き上げることができます。

季節を問わず綺麗になりたい、痩せたいというのは永遠の美のテーマですね。

そこで今回は空腹感を減らしダイエットに成功する秘訣についてお伝えします。



食欲を抑える痩せホルモン☆レプチンを増やしてダイエットに成功する5つのポイント

1:レプチンってどんなホルモン?

レプチンは脂肪組織で作られていて、食欲の抑制をしたりエネルギー代謝の調整に関わるホルモンです。働きの仕組みを分かり易くいうと、脳にお腹が一杯だよ!!と信号を送って過剰な食欲を抑制させたり、交感神経を活性化させてエネルギーの消費を促すことで脂肪を燃え易くしてくれたりするので肥満抑制する働きがあります。

つまりこのホルモンの血中濃度を増やすことで余計な食欲を抑え、痩せやすい体を作ることができるのです。

2:痩せホルモンを増やすには?

体内で分泌されるレプチンは、サプリメントで直接増やすことはできません。食品に含まれる成分ではない為、体血中濃度を上げるには、まず自身の生活習慣を変えることが必要です。働きのメカニズムと結びつけてどうしたらレプチンの体内増加に繋がるのかを詳しく説明しますね。

よく噛む!!

レプチンが体内で分泌され始めるには、食事開始後約20分後です。
なので、早食いをしてよく噛まずに食べ物を飲み込んでしまうと満腹サインが伝わる前に食べ過ぎてしまいます。
よく噛む=消化を良くする事にも繋がりますので1口食べ物を口に含んだら意識しながら20回程度しっかり噛む事が理想です。
#食事前にガムを噛むと食事の開始時間を脳に勘違いさせる事ができますよ!!

睡眠時間をしっかりとる!!

アメリカの研究データによると1日に8時間睡眠の人と、5時間睡眠の人を比べると前者の方が後者に比べ15%もの量の増加が見られたそうです。睡眠不足は逆に食欲を増加させてしまうグレリンというホルモンの増加にも繋がります。睡眠不足には要注意です。

良質なたんぱく質の摂取!!

体内量と食事内容も関係があり、たんぱく質の摂取量が少ない人はこのホルモンが少ないというデータもあります。動物性たんぱく質・植物性たんぱく質をバランスよく摂取しましょう。

3:痩せホルモンを増やす栄養素?

では、「たんぱく質」を多くとることのできる食材はどんなものがあるでしょうか。何となく肉類に多く含まれる印象があるのではないでしょうか。もちろん肉類には多くのたんぱく質が含まれます。

しかし、肉(脂肪分)の取りすぎは働きを鈍くしてしまいますので食べ過ぎには注意が必要です。動物性たんぱく質の中でも鶏肉は脂肪分が低く、ささみはたんぱく質を多く含む食材の中でもTOPクラスに入ります。植物性たんぱく質では豆製品や魚介類がオススメです。そしてさらに・・・血中増加させる為に必要な栄養素もあります。
亜鉛とビタミンEです。

亜鉛は生成に必要な栄養素、ビタミンEは量の低下を抑える働きがあります。これらの栄養素を含む食材をバランスよく摂取することでより痩せやすい体を作る事ができます。

4:痩せホルモンを増やす食材?

たんぱく質が多いから、亜鉛が多いからとあれもこれもと食べてしまっては食費もかかりますしカロリーも心配です。効率よく栄養素を取り入れる為にはどんな食材がオススメなのでしょうか。このホルモンの生成に必要なミネラルやビタミンを多く含みなおかつダイエットにオススメな食材を紹介します。

《オススメ食材BEST》

1位 大豆製品

植物性のタンパク質を多く含み、亜鉛・ビタミンEが同時に摂取できます。
高野豆腐(凍り豆腐)は特にそれぞれの栄養素を多く含むオススメの食材です。

2位 ナッツ類

ビタミンEや良質な植物性の油を含みます。
噛み応えがあるので少量でお腹に溜まり食べ過ぎ防止に繋がります。

3位 レバー

亜鉛・ビタミンEを含み低脂質・高たんぱくです。

4位 アボカド

ビタミンEを含みコレステロール0。良質な植物性の脂質が豊富です。

5位 牡蠣

特に亜鉛を多く含み低脂質でたんぱく質が摂取できるダイエット中には特に嬉しい食材です。

これらの食品を参考に効率よく痩せやすい体を作りましょう。

5:レプチンとサプリメント?

初めにお伝えした通りレプチンは体内で作られるものでありサプリメントで補うことはできません。現時点ではそんなサプリメントは存在しません。

しかし、上記のような方法で体内のホルモンを増やす事ができる為に働きをサポートする亜鉛やビタミンEをサプリメントで補う事もできます。現実的に食事で栄養素を摂る事が難しい方はサプリメントを用いる事で簡単に栄養バランスを整えることもできるのでうまく付き合うことでダイエットの成功率を高める事ができます。


 

さて今回はダイエット成功率を高める痩せホルモン『レプチン』についてお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

ダイエットと聞くと激しい運動やエステなどが頭に浮かびますが体にはちゃんと痩せ機能が備わっているのですね。このホルモンの働きをうまく利用すれば肥満防止、ダイエット効果が見込めます。

今まで食欲に負けて失敗に終わってしまったダイエットも食欲を抑制できればこれから無理なく痩せる事が出来るのではないでしょうか。
またすでに肥満に悩む方はこのホルモンの働きを鈍くして食べ過ぎを起こしてしまっている可能性がありますのでこれを機に体質改善に繋げてみてはいかがでしょうか。
理想の体型により近づけるよう記事を参考にしていただけると幸いです。

ま と め

痩せホルモンを上手に機能させる為に

・睡眠時間は8時間以上を心がける
・食事はゆっくりよく噛んで食べる
・食事前にガムを噛むと満腹感を高める
・良質なたんぱく質を摂取する
・亜鉛&ビタミンEを多く含む食品を選ぶ
・サプリメントを上手に使う


 

免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.