若年性更年期障害の原因を知り改善するための7つの方法

若年性更年期障害

最近、20代や30代の若い女性の中にも、月経不順を始め、ほてりや、手足の冷え、疲れやすいなどの更年期のような不調を感じる、若年性更年期障害と言われる症状に悩む人がいます。

なぜ、若年性更年期障害があらわれるかというと、女性ホルモンの乱れに原因があります。今回は、若年性更年期障害はどのようなものなのか、そしてすぐに始められる改善法などをお伝えさせていただきます。



若年性更年期障害の原因を知り改善するための7つの方法

そもそも、若年性更年期障害とは?

月経不順やめまい、ほてりやだるさ、不眠、精神バランスの乱れなど、本来年齢を重ねた40代から50代女性に起こる更年障害のような症状が、閉経には早すぎる若い世代の20代や30代であらわれることを若年性更年期障害といいます。

こんな症状があるなら若年性更年期障害のことも…

若年期更年期障害は、40代から50代で起こる更年期障害の症状にとても近い不調があります。下記のチェックリストに当てはまるものがあれば、できるだけ早く婦人科を訪れるようにしましょう。
●寝つきが悪く熟睡できない
●疲れが抜けづらい、または疲れやすい
●めまいがする

●動悸や息切れをする
●些細なことでもイライラしがち
●顔だけがほてる
●耳鳴りがする
●肩や腰のコリがひどい

●突然、汗をかいてしまう
●肌の乾燥がひどい
●月経不順

●何事にもやる気がでない
●頭痛が気になる
●手や足だけが冷える

適正体重を保つべし!痩せすぎ、太りすぎが若年性更年期障害を誘発する

若年期更年期障害は、体重の急激な変動によって誘発することがあります。 過度なダイエットにより、半年以内に15~20%ほど一気に体重が落ちた場合は、無月経となるリスクが高まり、逆に太りすぎている場合にはホルモンバランスが乱れて、生理不順を招く原因になります。

痩せてキレイになりたい!という想いは若い女性に多くありがちですが、若年性更年期障害のような不調を起こしては元も子もないので、バランスの良い食事を摂り、適正体重をキープするようにしましょう。

1日1回リセットタイムを!過剰なストレスの溜めこみが慢性化に注意

女性の社会進出が進むことで、仕事から過剰なストレスを毎日受けているという人が少なくありません。また、人間関係のストレスを溜め込んでいるという人も多くいます。この過剰なほどのストレスを感じ続けることで、自律神経が乱れた結果、女性ホルモンバランスの分泌を低下させることになります。

まずはストレスを少しずつ解消するために、1日の中にリラックス時間をつくってみたり、週末は運動をしてリフレッシュするなどの工夫を行うようにしましょう。

また、ストレス解消のためにタバコが手放せないという人もいるかもしれませんが、タバコはエストロゲンの分解を早めてしまうので、卵巣機能の低下を招くことに繋がります。女性としての体の健康を守るという意味でも、禁煙をすることをおすすめします。

毎日6時間以上を目安に!質の高い睡眠が若年性更年期障害の改善に

睡眠中は、細胞の修復やホルモンのバランスを整えるなど、体全体の機能を回復へと促すための大切な時間です。忙しくて寝る時間をしっかりと摂れなかったり、ストレスが影響して良く眠れなくなったりすると、体を正常な状態へ戻すことができなくなります。

まずは、ゆっくりと熟睡できるために寝る前に軽いストレッチを行ったり、リラックス効果を得られるアロマを楽しんだりして、質の高い睡眠を得られるように工夫しましょう。 また、体全体の修復には6時間ほどかかります。ですから、毎日6時間以上の睡眠をとるよう心掛けましょう。

若年性更年期障害だと感じたらすぐに病院にいこう!

通常の更年期障害は年齢を重ねると誰にでも起こる不調ですが、若年性更年期障害は食事や睡眠、ストレスなど、その人その人によって原因があります。まずはその原因に気付き、改善することが大切になります。それと同時に若年性更年期障害かもしれないと思った時にはできるだけ早くに、婦人科や更年期外来を受診するようにしましょう。

不調をそのまま放っておき閉経してしまうと、女性ホルモンが分泌されなくなり、高血圧や、鬱病、骨粗しょう症などの重い症状があらわれる可能性も出てきます。

病院で受けられる若年性更年期障害の治療とは?

病院で受けられる若年性更年期障害の治療には主に4つがあります。

・1つ目は分泌が減ってしまった女性ホルモンを薬で補う療法。
・2つ目はプラセンタエキスを注射やサプリメントで摂り、ホルモンバランスを正常な状態に戻していく療法。
・3つ目は体質改善を目指すための漢方療法。
・4つ目はカウンセラーや栄養士の指導のもと、生活習慣や食事を改善していく療法などがあります。

 

さて、今回の若年性更年期障害の原因を知り改善するための7つの方法はいかがでしたでしょうか? 若年性更年期障害は、ダイエットや過食による急激な体重の変動や、過剰なストレス、睡眠不足などの悪い生活習慣が原因で起こるため、まずは毎日の生活を正すことが改善の大切なポイントになります。

また、若年性更年期障害の可能性を感じるのであれば、すぐに病院に行き的確な治療を受けることで、不調の改善、さらに早い段階での閉経を食い止めることができます。ぜひ、上記の項目を参考にいつまでも女性らしい健康を保ってください。

まとめ

若年性更年期障害の原因を知り改善するための7つの方法

方法1.そもそも、若年性更年期障害とは?
方法2.こんな症状があるなら若年性更年期障害のことも…
方法3.適正体重を保つべし!痩せすぎ、太りすぎが若年性更年期障害を誘発する
方法4.1日1回リセットタイムを!過剰なストレスの溜めこみが慢性化すると若年性更年期障害を招く
方法5.毎日6時間以上を目安に!質の高い睡眠が若年性更年期障害の改善に
方法6.若年性更年期障害だと感じたらすぐに病院にいこう!
方法7.病院で受けられる若年性更年期障害の治療とは?

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.