カプサイシンで体内脂肪を燃焼させて血行を促進させる5つの方法

Capsaicin blood circulation promotion

ダイエットや健康維持に欠かせないのが体の管理が、血液循環がスムースなことです。運動やストレッチをすることで、血液の流れは良くなりますが、忙しい人ほど、そんな時間が取れず、3日坊主で終わってしまうもの。

そんな人におすすめなのが、カプサイシンという成分を摂ることです。カプサイシンは、効率よく体脂肪を燃焼させて、血行を促進してくれる優れものです。

ここでは、カプサイシンについての耳より情報を様々お伝えさせていただきます。



カプサイシンで体内脂肪を燃焼させて血行を促進させる5つの方法

方法1: カプサイシンとは、唐辛子に多く含まれる辛味成分!


カプサイシンとは、唐辛子に含まれているアルカロイドという辛み成分の一つです。カプサイシンを適量摂りいれると、脳に運ばれて内臓の感覚神経に働きかけます。

そして、副腎皮質から分泌されるアドレナリンを活性化して、発汗を促進するため、効率よく脂肪燃焼や血行促進を叶えてくれます。

カプサイシンが持っている性質として、熱に強いことと、冷凍保存しても辛味を持続し続けることがあるので、幅広い料理に活用することができますよ。

方法2: カプサイシンは色んな国の料理に使われている


カプサイシンは血行促進を促すため、美肌作りやダイエット、さらには育毛という具合に、美容と健康に役立つ作用が多い成分です。カプサイシンを多く含む唐辛子は、昔から様々な国の料理に使われています。

代表的なのが豆板醤などの調味料を使う四川料理、キムチやコチュジャンを使う韓国料理ですよね。中国や韓国では、寒さから身を守るために唐辛子を取り入れてきたと言われています。

また、インドやメキシコなどの暑い国でも利用されています。これは、唐辛子を使った辛い料理を食べることで、発汗促進され汗が蒸発する際に余分な熱を出し体温調節をするためです。

日本でも、一味唐辛子や七味唐辛子、もみじおろしなどの薬味としても使われていますが、料理の味を引き立てる脇役として食べられています。

方法3: 新陳代謝を手軽に活発にする!


カプサイシンの嬉しい働きの一つに、エネルギー消費を促進させることがあります。体の中に入ったカプサイシンは、中枢神経を刺激して、アドレナリンを分泌します。これにより、脂肪分解酵素のリパーゼが活性化されて、エネルギー代謝量がグンと上がります。

そして、蓄積された脂肪を分解していくので、無理なく痩せ体質を作り出すことができるのです。唐辛子を含んだ料理を食べた後に体が熱くなったり、汗をかいたりするのはこの作用が原因となっています。また、毛細血管の収縮運動が盛んになるので肌のくすみがキレイに取れていくという嬉しい美容効果も得られます。

もちろん、カプサイシンをこまめに摂ることで、肥満予防効果も期待できます。

方法4: カプサイシンには嬉しい効果がたくさんある♪


カプサイシンは新陳代謝を活発にするだけでなく、他にも色々な嬉しい効果が期待できます。

<食欲増進効果>

カプサイシンの辛味には舌や胃を刺激します。そのため食欲をだす効果があります。夏バテや風邪気味の食欲がない時に、唐辛子が入った料理を食べることで、美味しくたっぷりと食事を摂れるようになります。

<胃を強くする>

唐辛子は昔から胃腸内を殺菌したり、健康にする効果があると言われています。これもカプサイシンの働きによるもの。適量を摂ることで、刺激して胃の働きを活性化します。ただし、多く唐辛子を摂り過ぎると、刺激が強すぎるので適量を心がけてください。

<生活習慣病の予防>

カプサイシン成分がたっぷりの唐辛子を料理に使うことで、塩の量を減らしても美味しく食べることができます。

そのため、塩分の摂り過ぎを防ぐことができます。また、カプサイシンには肥満防止や免疫アップ効果もあるので、生活習慣病予防を始め、風邪予防にも力を発揮します。

方法5: カプサイシンの摂り過ぎには注意が必要


カプサイシンには、体脂肪を燃焼させてエネルギーを効率よく消費する効果があります。さらに胃を丈夫にしたり、肌をキレイにしたり、冷え性を改善するなどにも役立ちます。カプサイシンは食品由来の安全な成分ではありますが、効果を早く得たいという思いから、多量に摂る方がいますが、これは絶対にNGです。

実はカプサイシンには致死量が設けられており、体重1kgあたり60~75mgが目安となります。体重50kgの人で3000~3750mgのカプサイシンを一度に摂ると命の危険があることをお忘れなく。

カプサイシンは唐辛子1gに約3mg含まれています。普通に食べていれば、問題はありませんが、痩せたい!健康になりたい!という気持ちから多く摂り過ぎると、死に至らなくても、体調を崩してしまうことがあるので、注意してくださいね。


さて、今回は、カプサイシンで脂肪を燃焼させて血行の流れを良くする方法をお伝えしましたがいかがでしたか?カプサイシンは効率良く体脂肪を燃焼させて、さらに血行を促進してくれる健康維持に欠かせない成分と言えます。

カプサイシンの主な効果は、脂肪燃焼、健康促進、美肌、肥満防止、生活習慣病の予防、胃を丈夫にするなどがあるので、毎日の食事にぜひ取り入れてみてください。

ただし、カプサイシンの摂り過ぎは、体調を崩してしまうので、適量を心がけることが大切なポイントになります。ぜひ上記の項目を参考にして、カプサイシンでダイエットや美肌、そしてエネルギー溢れる健康的な体を叶えてください!

まとめ

カプサイシンで体内脂肪を燃焼させて血行を促進させる5つの方法

方法1: カプサイシンとは、唐辛子に多く含まれる辛味成分!
方法2: カプサイシンは色んな国の料理に使われている
方法3: 新陳代謝を手軽に活発にする!
方法4: カプサイシンには嬉しい効果がたくさんある♪
方法5: カプサイシンの摂り過ぎには注意が必要


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.