ダイエット後の体重を維持するための食事と運動の5つの習慣


一生懸命に頑張ってダイエットをした後は、ダイエット後の体重をどうやって維持したら良いか悩みますよね!

ダイエットは簡単なものでも楽なものでもありませんから、せっかく痩せた体重やスタイルをずっと維持していきたいと考えることだと思います。

ダイエットをした後は、食事の仕方や運動に気を付けて生活することが大切です。痩せたからといって一気に好きなものを食べたりはせず、食事に気を付けて体重を維持することを心がけましょう。

また、運動をして摂取したカロリーを身体に溜め込まないようにすることも大切です。ダイエットをした後は、リバウンドをしないために体重を維持できるように頑張りましょう!

そこで今回は、ダイエット後の体重を維持するために出来る、食事や運動の習慣についてお伝えします!


ダイエット後の体重を維持するための食事と運動の5つの習慣

1.ダイエット後の体重はどのくらい維持出来たらダイエットが成功なの?

一生懸命ダイエットをしても、そのあとにダイエット後の体重を維持することが出来ないとダイエットが成功したとは言えません。

ダイエット後の体重を3ヶ月以上維持することが出来れば、ダイエットに成功したと言うことが出来ます。

ダイエットをして目標の体重まで減量することが出来ても、そのあとすぐにリバウンドしてしまうとせっかく頑張って痩せたことが台無しになってしまいますので、目標の体重まで減量できたとしても、ダイエット後の体重をしっかり維持できるように心がけましょう。

まずは3ヶ月以上その体重を維持できるように心がけてください。

2.体重を維持するための食事方法

ダイエット後の体重を維持するには、食事の方法にも気を付ける必要があります。

ダイエットをしている間は食事にも気を付けて量を食べ過ぎないようにしていると思いますが、目標の体重まで減量できたからといって一気に食べてしまうのはNGです。

食事の仕方に気を付けて、3ヶ月以上の体重維持を目指しましょう。

■少しずつ食事の量を増やす

ダイエットで目標の体重まで減量できた時は、食事の量を少しずつ増やして量を調整することが大切です。

食事の品数は変えずに、食事をする時の1品の量を少しずつ増やしていきましょう。

「ごはん・汁物・主菜・副菜」の数は変えずに、量を徐々に増やしていって2~4週間を目途に普通の量まで戻すようにしましょう。

1日当たりに増やすカロリーの量は200kcalを目安にしてください。

■食事をする時間帯

朝食を食べるとき、ダイエットに適した時間帯は朝の6時~7時の間です。たんぱく質やビタミンが豊富なものを摂取するように心がけましょう。

昼食を食べるときは、朝食との間隔をあけすぎないようにして食べるようにします。

間隔があきすぎてしまうと、おなかが空いて必要以上のエネルギーを吸収してしまうため、お腹が空きすぎないうちに昼食を食べましょう。

夕食を食べるときは、21時以降には食べないように気を付けましょう。21時以降は内臓の働きが鈍くなるため、食べ物を摂取した分だけ体に溜め込んでしまいます。理想は19時よりも前に夕食を済ませるようにしてください。

3.ダイエット後の体重を維持するには運動も大切!

筋肉が落ちてしまうと、その分1日に消費されるカロリーも減ってしまい、太りやすい身体になって結果的にリバウンドしてしまいます。

このため、運動をして筋肉の量を減らさないように心がけることが大切です。

適度な運動やウォーキングを取り入れてダイエット後も運動をやめないようにしましょう。

ハードな運動をする必要はありませんが、筋力が減らないように週に3~4回程度は運動をして体に負荷をかけてください。

毎日同じ負荷をかけていると、身体がそれに慣れてしまい脂肪燃焼効果が少なくなってしまいます。
まずは筋トレのような無酸素運動をして、そのあとにウォーキングのような有酸素運動を取り入れると良いですね!

4.体重が増えたらすぐに減らす!

ダイエット後の体重を維持するにあたって大切なことは、「増えた分の体重をすぐに元に戻す」ということです。

食事の量を徐々に増やして運動の量もダイエットをしていた時より減らすと、徐々に体重が増えることもあります。

そんな時は、なるべく早いうちにダイエット後の体重に戻すことが大切です。

例えば体重が1kg増えてしまったのなら、最低でも1週間以内に元の体重に戻すように心がけてください。

5.リバウンドをしないためには

ダイエット後の体重を3ヶ月以上維持するには、リバウンドをしないための食事や運動をしっかりと習慣にすることが大切です。

例えば、夜21時以降は食事をしないときめたらそれを毎日続けて、2日に1回はウォーキングすると決めているのであればそれを習慣にするのです。

毎日当たり前のように行うことで、リバウンドを防止して美しいスタイルを維持することが出来ますよ!

食事の仕方や運動をしっかりと習慣にしていれば、たとえ少し体重が増えてしまってもきちんとカロリーを消費することが出来てリバウンドをせずにスタイルを維持することが出来ます。


さて、今回はダイエット後の体重を維持するための食事や運動の習慣についてお伝えしてきました。

ダイエット後の体重をまずは3ヶ月間維持することが大切です。3ヶ月維持することが出来れば、ダイエットが成功したということが出来るでしょう。

ダイエット後の体重の維持は、食事の方法と運動が大切になります。

食事をするときは徐々に食事の量を増やしていき、2週間~4週間を目途に元の食事量まで戻すようにしてください。1日200kcalを目安にカロリーを増やしていくようにしましょう。

また、筋肉量が減ってしまうと消費エネルギーが減ってリバウンドしやすくなります。

筋トレのような無酸素運動をした後に、ウォーキングのような有酸素運動を、1週間に3~4回取り入れて運動をするようにしましょう。

まとめ

ダイエット後の体重維を維持するには食事と運動を習慣化することが大切!

・ダイエット後の体重を3ヶ月以上維持できればダイエットが成功したと言える
・2週間~4週間を目途に、1日200kcalずつ食事の量を増やしていく
・夜21時以降に食べたものはそのまま脂として蓄積されるので21時以降は食事をしない
・無酸素運動と有酸素運動を効果的に取り入れて体重を維持する
・増えた体重は1週間以内に落とすようにする
・食事の仕方と運動を習慣化することでリバウンドをしないようにする


 

コメント