酵素たっぷりの生絞りトマトジュースダイエットで老化を防止する方法

tomato-juice-diet 食卓でおなじみの食材、トマトが美容や健康に良い野菜として注目を浴びています。京都大学の研究によると、トマトには脂肪の燃焼を促進する効果がある事が明らかになっています。

また、トマトにはアンチエイジング効果の高い栄養素もたくさん含まれていますので、ダイエットをしながら若返る事もでき、一石二鳥です。今回は、生絞りトマトジュースダイエットで老化を防止する方法をご紹介します!



酵素たっぷりの生絞りトマトジュースダイエットで老化を防止する方法

 

1:トマトジュースの美容効果、ダイエット効果を理解する

トマトジュースでダイエットをはじめる前に、トマトに含まれる美容効果、ダイエット効果のある成分について理解しておきましょう。トマトジュースダイエットがアンチエイジングにも良いとされる主な理由としてあげられるのは、トマトに含まれるリノール酸とリコピンの働きです。それぞれに特徴や摂取する際の注意点、効果的な摂取方法がありますので覚えておきましょう。

<リノール酸>

不飽和脂肪酸の一種で、血中コレステロール値や中性脂肪値を一時的に下げ、脂肪燃焼効果のある必須脂肪酸。過剰摂取によってアレルギーや大腸がんなどのリスクがある為、過剰摂取には注意しましょう。

<リコピン>

動植物の持つ赤やオレンジ色の色素である、カロテノイド色素の一つ。抗酸化作用はβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍と非常に強く、生活習慣病やアンチエイジングに効果があります。加熱する事で体内への吸収率が上がります。

 

2:トマトジュースの摂取目安量は1日に600ml


実際に、一日にどのくらいのトマトジュースを飲めばダイエットや老化防止効果を感じる事ができるのでしょうか?トマトの脂肪燃焼効果を発見した京都大学の研究によると、トマトジュースダイエットで効果を実感する為には、一日あたり600mlのトマトジュースを摂取する必要があります

この量は、生のトマトに換算すると6〜9個分、一食あたり2〜3個分に相当します。毎食これだけのトマトを食べるのは大変ですが、ジュースにすればコップ1杯飲むだけで摂取する事ができますので、思っているよりも負担なく続ける事ができますよ。

3:ビタミンCと酵素を含む生絞りトマトジュースで美肌効果UP


自分で毎日トマトをジューサーで絞るのが大変、と感じる人もいるかもしれませんが、トマトジュースダイエットでアンチエイジング効果、ダイエット効果をより高めたいなら、やはり自分で生のトマトを絞った生絞りジュースを飲む事をお勧めします

市販のトマトジュースと生絞りトマトジュースの大きな違いは熱処理の有無です。市販のトマトジュースは、熱処理がされていますが、トマトに熱処理を加える事でリコピンの吸収率が高まるというメリットはあるものの、その分熱に弱い、消化や代謝をサポートする酵素が失われてしまいます。老化防止効果を感じながらバランスよくダイエットをする為には、少し手間がかかっても生絞りトマトジュースを自分で作りましょう

4:オリーブオイルを加えてリコピンの吸収率を上げる


トマトを加熱する代わりに、オリーブオイルをトマトジュースに加える事でリコピンの吸収率を上げる事ができます。トマトジュース200gに対して20gのオリーブオイルを加える事でリコピンの吸収率が4倍に高まるという事が、日本女子大学家政学部の研究によって証明されています

また、オリーブオイル自体にも抗酸化作用、整腸作用による便秘解消効果がありますので、生絞りトマトジュースにはオリーブオイルを加え、ダイエット効果、美容効果を更に高めましょう。

5:トマトジュースを飲むタイミングは夜にする


リコピンの持つ抗酸化作用には、ダイエット効果の他に動脈硬化の予防、がんの予防、紫外線によるメラニン生成を抑制する効果などがあります。トマトジュースを飲んでリコピンの作用を最大限に活かす為には、トマトジュースを飲む時間帯を夜にする事が決め手になります。

成長ホルモンが活発になる22時から2時の間にリコピンが血液中に溶け込んだ状態にする事で、全身の細胞隅々にまでリコピンを届ける事ができますので、お風呂上がりや就寝前に、一杯のトマトジュースを飲みましょう!

 

今回お届けした生絞りトマトジュースダイエットで老化を防止する方法はいかがでした?
美味しくって簡単な生絞りトマトジュースには、嬉しい効果が盛りだくさんです。トマトジュースダイエットは長く続ける事で徐々に効果が出てくるダイエットになりますので、まずは3ヶ月間、チャレンジしてみましょう!

まとめ

酵素たっぷりの生絞りトマトジュースダイエットで老化を防止する方法

1:トマトジュースの美容効果、ダイエット効果を理解する
2:トマトジュースの摂取目安量は1日に600ml
3:ビタミンCと酵素を含む生絞りトマトジュースで美肌効果UP
4:オリーブオイルを加えてリコピンの吸収率を上げる
5:トマトジュースを飲むタイミングは夜にする


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.