シークワーサーの美容と健康への効果☆若さに差がつく6つの摂り方

シークワサー

シークワーサーは、日本では沖縄県が特産地の柑橘類です。ビタミンCやノビレチンなどの健康成分が豊富で、最近は特に、がん抑制効果や美肌効果などで注目を集めています。

シークワーサーはチューハイやキャンディなどの加工品は多くありますが、果汁を飲み物や料理に使う、といってもピンとこない方も多いかもしれませんね。でも、沖縄ではシークワーサはレモンの代わりのようによく使われており、実は毎日の食事に取り入れ使いやすい万能食材なんです。高い健康効果と併せて、独特の爽やかな風味にハマる人もたくさんいます。

今回は、シークワーサーの美容と健康への効果や、おすすめの摂り方についてお伝えします。



シークワーサーの美容と健康への効果☆若さに差がつく6つの摂り方

1.シークワーサーの優れた効果を知ろう

シークワーサーに含まれる有効成分には以下のようなものがあります。

・ビタミンC ・ノビレチン ・クエン酸 ・レシチン

まず、ビタミンCには抗酸化作用があり、美肌や美白効果、免疫力アップなどの効果が期待できます。

また、柑橘類の中でもノビレチンを豊富に含んでいます。ノビレチンはポリフェノールの一種で、がん抑制効果、抗炎症作用、血糖値を正常に保つなど様々な健康効果が期待されている注目の成分です。

クエン酸には疲労回復効果があり、夏バテ予防にもおすすめです。

レシチンには血液をサラサラにする効果があり、シークワーサーはまさに現代人が積極的に摂りたい栄養素の宝庫であるといえます。

2.シークワーサーの購入方法

シークワーサーは通常、8月~11月頃までの未熟な緑色の果皮のものをジュースなどの加工用として収穫します。これを「青切りシークワーサー」といいます。また、これとは別に12月~1月までに完熟したものも生食用として収穫しますが、こちらは「黄金(くがに)シークワーサー」、「フルーツシークヮーサー」などと呼ばれます。青切りは完熟よりもビタミンCやノビレチンが豊富なため、通常は青切りとして収穫されます。

青切りシークワーサーを絞った果汁100%の商品が、通販や沖縄物産展などで購入できます。ドリンクとして飲む時は、そのまま飲むには濃くて酸っぱいので、水で好みの濃さに割って、はちみつなどで甘みを足して飲みます。冬はお湯で割ってホットドリンクにするのもおすすめですし、お酒が好きな方は泡盛や焼酎に果汁をそのまま加えてもおいしく飲めます。

でも、せっかくなら他にもいろいろな楽しみ方をして美容や健康への効果を高めたいですよね。

そこで、シークワーサー果汁を使った美容と健康に効果的なレシピをいくつかご紹介します。

3.おすすめレシピ【シークワーサー入りグリーンスムージー】

さっぱりとしたグリーンスムージーで栄養をチャージ。気分もすっきりできます。

〈グリーンスムージーの作り方〉(二人分)
①ほうれん草1株は根本をカットし、ザク切りにする
②りんご1個は皮と芯を取り除き、ザク切りにする
③ほうれん草、りんご、シークワーサー果汁大さじ1、はちみつ大さじ1、水1/2カップをミキサーに入れて撹拌し、できあがり

4.おすすめレシピ【シークワーサーとグラノーラのヨーグルト】

ビタミンCと乳酸菌のダブル効果で免疫力をパワーアップするメニューです。さらにグラノーラの食物繊維も加えて、お腹の調子を整えます。

〈シークワーサーとグラノーラのヨーグルトの作り方〉(二人分)
①プレーンヨーグルト200gを半分ずつお皿に入れる
②好みのグラノーラを適量入れ、シークワーサー果汁とはちみつを各皿に小さじ1ずつまわしかけてできあがり

5.おすすめレシピ【アボカドとサーモンのサラダ】

ドレッシングにシークワーサー果汁を加え、コクのあるサラダに爽やかな酸味が食欲をそそるメニューです。サケには抗酸化作用のあるアスタキサンチンが、アボカドにはオレイン酸が豊富で、アンチエイジングにぴったりのメニューです。

〈アボカドとサーモンのサラダの作り方〉(二人分)
①アボカド1/2個、サーモン100gは食べやすい大きさに切る
②レタス2枚を手でちぎり、ミニトマト6個は半分にカット、紫玉ねぎ1/4個は薄くスライスする
③シークワーサー果汁小さじ2、練りわさび小さじ1/4、醤油小さじ2、砂糖小さじ1を混ぜ合わせ、ドレッシングを作る
④①と②をお皿にきれいに盛り付け、ドレッシングを添えてできあがり

6.おすすめレシピ【豚しゃぶサラダ】

シークワーサーを使ったドレッシングで和えることで豚肉をさっぱりといただけます。豚肉にはビタミンB群が豊富で、代謝アップや美肌効果が期待できます。

〈豚しゃぶサラダの作り方〉(二人分)
①シークワーサー果汁大さじ1、醤油大さじ1、砂糖砂糖小さじ1、オリーブオイル大さじ1/2を混ぜ合わせてドレッシングを作っておく
②豚肉の薄切り150gは片栗粉をまぶし、熱湯でサッと茹でてザルにとり、自然に冷ます
③キャベツ2枚を千切りしてお皿に盛り、上に豚肉をのせる
④①のドレッシングを添えてできあがり

いかがでしたか?
沖縄の太陽をたっぷりと浴びて育ったシークワーサーにはたくさんの栄養が詰まっています。水やお湯で割ったり、お酒に加えるだけでなく、普段私たちが食べているあらゆる料理にもアレンジして使えるのが魅力ですね。

いつもの食卓にシークワーサーを取り入れて、健康的な美しさを保てるようにしましょう。


免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.