糖化はアンチエイジングの大敵!老化とは無縁の若見え術6選

ホホバオイルの使い方 年齢を重ねても若々しくいたい!というのは女性なら誰しも願うことですよね。そのため、日頃から高級な化粧品や美顔器を使って一生懸命にスキンケアをしているという人も多いと思います。でも、そんな人ほど、ケア自体が年齢に追いつかないと感じている共通点があるんです。

本気のアンチエイジングを目指すならば、外側だけのケアでなく内側からのケアも同時に行わないと思うような効果を得られません。老化を促進させてしまう原因は外的要因だけでなく、内側で起こる糖化という現象も大きな原因になります。 そこで今回は、糖化を防止して若く見みえる術6選をお伝えします。



糖化はアンチエイジングの大敵!老化とは無縁の若見え術6選

 

若見え術1:老化を促進する糖化とは?


糖化とは、食べ物から摂りこまれた糖質のうちエネルギーとして代謝されきれなかった糖が、体内にあるタンパク質と結びついて、糖化タンパク質となり体内に蓄積してしまうことを言います。

パンを焼いた時に砂糖や小麦粉、乳製品などを混ぜて焼き上げることで、生地が食欲をそそるキツネ色になりますよね。これをメイラード反応と言い、タンパク質が糖分と結びつくことで起こる現象で、これと同じ糖化現象が体の中で起こっていると言われています。

若見え術2:アンチエイジングの大敵と言われる糖化の影響


糖化した時にできる物質は褐色なので、糖化が進んでいくと肌を茶色くくすませて、老けた印象として表情にあらわれることに…。そして、糖化物質は一度できてしまうと分解・排出されずに体の中にどんどん蓄積されてしまいます。

特にコラーゲンなどは代謝サイクルがゆっくりなタンパク質なので、蓄積しやすいと言われています。下記が糖化における様々な悪影響です。

●くすみを作り出す
糖化タンパク質は、コラーゲン同士を硬くし、肌の柔軟な弾力をなくしてしまうので、たるみを引き起こす原因になります。また、糖化タンパク質自体の色が茶色がかっているので、くすみとして肌表面にあらわれます。
●ターンオーバーが遅くなる
体の中で糖化が進むと、ターンオーバーを低下させる原因に。ですから、肌のごわつきや乾燥、シミが出来やすい状態になります。また、髪のコシやツヤが無くなっていきます。

若見え術3:糖化を食い止めるためには食事がポイント


糖化を食い止めるためには、血糖値を上昇させない食事が大切になります。白砂糖を多く含む菓子パンやスイーツなどは、血糖値を一気に上昇させてしまうので、できるだけ避けることが懸命。できるだけ、白砂糖の変わりに黒砂糖などのミネラルを含んだものに切り替えるようにします。

白い色の食べ物ほど、血糖値を上げるスピードが速いので、できるだけ黒い色の食べ物を選ぶようにしましょう。白米は玄米へ、小麦粉は全粒粉を選ぶようにします。食物繊維やミネラルなどの栄養素が残っているものの法が血糖値上昇のスピードは遅いので、食材選びにも気を使ってみてください。

若見え術4:食べる順番によっても糖化を抑制できる


食事を食べる際の順番によっても血糖値上昇を緩やかにして、糖化を抑制することができます。糖質の吸収を遅くすることがポイントになるので、まずは食物繊維を多く含む野菜や海藻類を先に食べます。

そして、その後血糖値を一気に上げる炭水化物であるごはんやうどん、パスタなどを食べるようにします。 たったこれだけでも、血糖値の急上昇を防ぐことができますよ。

若見え術5:有酸素運動を習慣化する


有酸素運動を習慣化することで、体の中に蓄積されてしまった糖を減少させることができます。有酸素運動は、ハードな運動ではないので、誰でも無理なく続けることができます。

そして、有酸素運動の代表格と言えばウォーキング。仕事に行く時に1駅前で降りて歩いていたり、エレベーターやエスカレーターを使う変わりに階段を使う、買い物は車や自転車ではなく徒歩で行くなど、ほんの少し歩く工夫をするだけでも十分です。 有酸素運動を日頃から取り入れて、糖化物質を体内から一気に減少させましょう。

若見え術6:抗酸化力の高い食材を摂る!


老化をストップさせる効果のある抗酸化力の高い食材をたっぷりと摂ることで、糖化を抑制することができます特に年齢を重ねた女性におすすめなのが、アスタキサンチンという抗酸化物質。

アスタキサンチンはビタミンACEよりも、もっと強力な抗酸化効果があると言われいます。魚介類に含まれる赤い色素がアスタキサンチン。 サケカニタイいくらキンキエビなどの豊富に含まれているので、積極的に摂るように心がけてください。

 

いかがでしたでした?
外側からのアンチエイジングケアは一生懸命に頑張っていたけど、内側からの糖化ケアには目を向けていなかったという人も多いと思います。糖化は体の内側からどんどん老化を進めていくアンチエイジングの大敵。

糖化を食い止めるためには、血糖値を一気に上昇させてしまう白い食べ物は控える、食べる順番を変える、有酸素運動を習慣化して糖化物質を減少させるなどがあります。

さらに、抗酸化力の高いアスタキサンチンを豊富に含む食材を欠かさず摂ることで、体の内側からの若返りが期待できます。 ぜひ、上記の項目を参考にして、全身におけるアンチエイジング効果を実感して、年齢に負けない若さを叶えてください。

まとめ

糖化はアンチエイジングの大敵!老化とは無縁の若見え術6選

若見え術1:老化を促進する糖化とは?
若見え術2:アンチエイジングの大敵と言われる糖化の影響
若見え術3:糖化を食い止めるためには食事がポイント
若見え術4:食べる順番によっても糖化を抑制できる
若見え術5:有酸素運動を習慣化する
若見え術6:抗酸化力の高い食材を摂る!


 

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.