プロテインでスベスベ美肌になれる5つのおすすめの摂り方

protein

プロテインと聞くと、筋肉を鍛えている人や男性が摂るイメージですよね。でも、プロテインの原料はタンパク質。実は髪も肌も、タンパク質からできているのです。ということは、きれいな髪や肌にしたい女性こそプロテインを摂ることをおすすめします!今日はプロテインをもっと知って、上手な摂り方を学びましょう!



プロテインでスベスベ美肌になれる5つのおすすめの摂り方

1.まずはプロテインを知る!プロテインって何?


プロテインとは英語で「タンパク質」のこと。タンパク質は体を作る筋肉だけでなく、肌や髪、爪、臓器などを構成する大切な栄養素です。また、コラーゲンの原料もタンパク質。要するに、タンパク質が不足すると肌も髪もダメージを受けてしまいます。

年齢とともに外側だけのケアでは限界が出てきます。だからこそ内側からのケアが必要です。タンパク質は口からでないと摂れないのです。

タンパク質は肉や魚など食事で摂れますが、食事からはタンパク質以外の脂質や糖質など余計な物まで摂ってしまいます。だからこそ、プロテイン、なのです!プロテインならカロリーが低いので、ダイエットにもおすすめです。

2.プロテインはどうやって選べばいいの?


プロテインには、ホエイやガゼイン、エッグなどの動物性と、玄米や大豆の植物性があります。 ホエイは牛乳由来で、脂肪分がほとんどなく体への吸収が早いです。ガゼインも牛乳由来ですが、ホエイに比べると吸収スピードは遅く、その分長く体に留まるため、疲労回復や美肌に効果があります。エッグは低脂肪で吸収がよいのですが、高価なために日本での取り扱いはあまりありません。

動物性に共通するのは、筋肉にも脂肪にもなりやすいという点。摂取量に注意が必要なのと、運動は必要不可欠です。

植物性の大豆はコレステロールや中性脂肪に効果的と言われており、ダイエットに最適です。植物性は、筋肉はつきにくいが脂肪にもなりにくいです。 美容の観点から、植物性の大豆、または玄米プロテインをおすすめします。

3.飲みにくいと言われるプロテインのおすすめの飲み方!


プロテインは飲み慣れていないと飲みにくいと言われています。牛乳に溶かして飲むと比較的飲みやすくなりますが、カロリーが気になるところ。やはり水が一番です。

飲みにくい人は、プレーンだけでなく、バニラやココアなど味のついたプロテインがおすすめです。何種類か試してみて、飲みやすい物を飲みましょう。プロテインも継続して摂ることが大事なので、イヤイヤ飲むのは避けたいですね。

また、プロテインと一緒に摂るといいのが「ビタミンC」。一緒に摂るとコラーゲンを生成してくれます。「ビタミンB6」を一緒に摂るとアミノ酸の合成・分解に、「ビタミンB2」を一緒に摂ると細胞の再生や成長を促してくれます。

4.目的別!プロテインの飲むタイミング


筋肉をつけたい人は、運動した直後に飲むと筋肉が発達します。女性で筋肉ノーサンキューの方は、運動した直後に摂るのは避けましょう。

ダイエットが目的なら、運動前に摂りましょう。ただし、プロテインを摂ったからといってやせるわけではありません。きちんと運動をすることでダイエットができます。

美肌目的なら、夜寝る前がおすすめです。肌は夜寝ている間に作られます。寝る前に美肌の元となるプロテインを摂れば、プロテインが生きてお肌スベスベになりますよ。

5.プロテインを摂る際の注意点ってある?


プロテインは体重1kgに対して約1gが1日の摂取量と言われています。単純計算で体重50kgの人は50g摂ればいいということになりますが、プロテイン=タンパク質ですので、食事からもタンパク質が摂れています。必要以上にプロテインを摂ると、カロリー過多で太ってしまいます。

それにプロテインは摂り過ぎると副作用があらわれます。プロテインは栄養価の高いタンパク質のため、摂り過ぎると脂肪になって肝臓に蓄積されてしまうのです!

美肌やダイエット目的なのに、太ったり内蔵にダメージを与えることはしたくないですね。気になる時だけ摂る…そんな控えめの摂取がおすすめです。

 

プロテインでスベスベ美肌になれる5つのおすすめの摂り方はいかがでしたか?プロテインは筋肉マッチョの男性のもの、という認識はなくなりましたか?女性にこそ必要な栄養素ですよね!薬局などに行くとさまざまな種類のプロテインがあります。試しに寝る前に飲んでみて、どんな効果があらわれるのか期待して寝るのがおすすめです!

まとめ

プロテインでスベスベ美肌になれる5つのおすすめの摂り方

1.プロテインを知る!筋肉マッチョの男性より、きれいを目指す女性が摂るべき!
2.プロテインには「動物性」と「植物性」がある。ダイエットも美肌もと欲張りなあなたは「植物性」
3.飲みにくいと言われるプロテイン。飲みやすい味を探そう!
4.美肌目的なら寝る前にプロテイン!
5.摂り過ぎはよくないプロテイン


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.