手のツボを押して、便秘、肩こり、慢性疲労が改善できる5つの方法

turbo-of-hand

便秘や肩こり、慢性疲労は現代女性の中でも特に多い悩みです。食事内容を見直したり、適度な運動を心がけたり、時にはサプリメントなどを利用して悩み改善を心がけている人もいると思いますが、時間をかけることなく、すぐにでも効果を感じたい時がありますよね。

そんな時におすすめなのが手のツボを押すことです。人の目も気にせずに誰でも簡単に行えるのに効果は大!そこで、今回は、手のツボを押して、便秘、肩こり、慢性疲労が改善できる5つの方法をお伝えします!



手のツボを押して、便秘、肩こり、慢性疲労が改善できる5つの方法

 

方法1.そもそも、なぜ手のツボ押しは効果があるの?


東洋医学では、経路という気が流れる道という考え方があり、この経路は顔や手、足、内臓など全身に繋がっています。そのため、目的に合った悩みを改善できる手のツボを押すことで、便秘が改善されたり、目の疲れが取れたり、冷えを改善したりなど様々な効果を得ることができるのです。

 

方法2.手のツボ押しが役立つ理由とは?


体には約300種類ものツボがありまが、どこでも手軽にツボ押しができるのが、手です。手のツボを知っておくだけで、通勤中や仕事中、家事の合間に悩みを解決するためのツボ押しを手軽に習慣化することができます。

また、急に調子が悪くなった時などに、すぐに症状を緩和・解消してくれる強い味方にもなってくれます。

 

方法3.手の4つのツボで便秘解消を目指す!


ここでは、女性の悩みの中でも多い便秘解消に役立つ手のツボを4つご紹介します。手のツボは左右対称になるので、交互に指圧することでより高い効果を得られますよ。

ツボ押しの回数は5回が目安で、痛気持ちいいと感じる強さがベストです。

●合谷(ごうこく)

手の甲を上に向けて、親指と人さし指のつけ根の骨と骨の凹んでいる部分にあるのが、合谷です。この手のツボはとても万能で、便秘だけでなく頭痛や目の疲れ、肩こり、精神バランスを整える効果があるので、ツボ押しを習慣化することで、様々な不調を予防・改善することができます。

合谷 支溝

●支溝(しこう)

手の甲を上に向けて、手首から3本分肘方向のちょうど真ん中にあるのが、支溝です。この手のツボは便秘の名穴とも呼ばれるほど、どんな原因で起こる便秘にも効果があります。

 

●神門(しんもん)

手のひらを上に向けた状態で、手首のつけ根の小指下にある手のツボが神門です。便秘解消はもちろんのこと、心臓の働きを活性化することができるので、ストレスを抑制する作用も得られます。

神門 間使-

●間使(かんし)

手のひらを上に向けた状態で、手首から指5本分肘側にあります。筋がある場所なので、痛みを感じるかもしれませんが、親指を使い少し強めに指圧するとより効果的です。トイレに座っているタイミングで、この手のツボを押すとスムーズな排便ができます。

 

方法4.パソコンによる肩こりもスッキリ解消できる手のツボ

最近では、1日の殆どをパソコン作業で費やしているという人が多くいます。同じ姿勢でいると体のめぐりが悪くなり、辛い肩こりを感じるようになります。

ここでは、仕事の合間に手軽にできる肩こり解消におすすめの手のツボをご紹介します。こまめにツボ押しを行うことで、重い肩をスッキリとさせることができますよ。 ツボ押しの回数は5回が目安で、痛気持ちいいと感じる強さがベストです。

●第一頸項点(だいいちけいこうてん)

人差し指と中指の付け根の骨が凹んでいる部分にあるのが、第一頸項点。肩コリだけでなく、硬くなりがちな首筋を柔らかくすることができます。

第一、二頸項点

●第二頸項点(だいにけいこうてん)

 薬指と小指の付け根の骨が凹んだ部分にあるのが、第二頸項点です。上記の第一頸項点と同時に刺激することで、重い肩コリの症状を解消することができます。

●後谿(こうけい)

手の平側の小指の付け根部分にあるのが、後谿です。肩コリだけでなく、首筋と後頭部の痛みを解消する効果があります。

後谿

 

方法5.体がぐったりするほどの慢性疲労に効く手のツボ!


眠ってもなかなか疲れが取れない日が続くと、やる気も出ず体力も低下しがちに。でも手のツボ押しをこまめに行うことで、体と心に溜まった疲れをスムーズに排出できるめぐりのよい体を叶えることができます。

ここでは、押すだけなのに驚くほどスッキリ軽い体になれる手のツボをご紹介させていただきます。

●手の三里(てのさんり)

腕を曲げた時に横に出来るシワから、指2本分手首側にあるのが、手の三里です。だるい体の疲れを取り去る効果のほか、胃腸を整える作用や冷えを解消する効果などがあります。

手の三里

●労宮(ろうきゅう)

手の平のちょうど中央にあるのが労宮です。心が疲れてやる気がでない時、ストレスでイライラしている時に押すと、穏やかな気持ちになれます。

労宮

 

 

さて、今回の手のツボを押して、便秘、肩こり、慢性疲労が改善できる方法はいかがでしたか?

現代女性に多い悩みと言えば、便秘、肩こり、慢性疲労ですよね。

これらを解消するためには、高額なサプリメントを購入したり、整体院に通ったりする必要はなく、悩みを解消するための手のツボの場所さえしり定期的に押す習慣をつけていれば、解決することができるのです。

手のツボ押しは、人の目を気にせずに出来るため、ほんの少し時間が空いた時に簡単に行える方法です。ぜひ、便秘、肩こり、慢性疲労を解決するための手のツボ押しを習慣化して、スッキリ軽やかな元気な体をキープしてください。

まとめ

手のツボを押して、便秘、肩こり、慢性疲労が改善できる5つの方法

方法1.そもそも、なぜ手のツボ押しは効果があるの?
方法2.手のツボ押しが役立つ理由とは?
方法3.手の4つのツボで便秘解消を目指す!
方法4.パソコンによる肩こりもスッキリ解消できる手のツボ 
方法5.体がぐったりするほどの慢性疲労に効く手のツボ!


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.