自宅でできる小顔矯正でシワやたるみがなくなる5つの方法

correct-kogao

顔の印象は人の第一印象を大きく左右しますが、洗顔時やメイクの際に自分自身でも見る事が多い場所なだけに、お肌の調子やむくみ、顔の大きさなどの悩みを解消したいという人はたくさんいると思います。高価なエステや化粧品、美顔器のような魅力的なグッズも様々ありますが、まずはお金をかけずに自宅で簡単にできる小顔矯正の方法をご紹介します!



自宅でできる小顔矯正でシワやたるみがなくなる5つの方法

 

方法1:老廃物を流すリンパマッサージで即効小顔に!


顔が大きく見える原因には、肌のたるみやむくみ、骨格の歪みなど、いろいろな原因が考えられます。本格的な小顔矯正を始める前に、まずは即効性のあるリンパマッサージで、顔全体の老廃物をスッキリと流し、小顔矯正の効果をより高められる状態に整えましょう!

<リンパマッサージのやり方>
①化粧水かクリームを手に取り、肌を摩擦しないように注意しながら行います。
②手のひら全体を使い、両頬を内側から外側に3回さすります。
③右手で右のこめかみを引き上げ、左手の指を使って右目の周りを目尻→眉毛→目頭→下瞼の順に三回さすります。
④両手の指4本をおでこに水平に置き、交互に上下させながらおでこ全体をさすります。おでこの中心から外側に向かって動かしながら、約20秒間行います。
⑤鼻筋と小鼻の両脇、ほうれい線の上を、優しく6回さすります。
⑥頬全体を覆うように両手を密着させ、鼻筋の両脇からフェイスラインの外側に向かって優しく6回さすります。
⑦右耳の下から鎖骨に向かって、両手で老廃物を流すように交互にさすります。左側も同様に20秒程度行います。

リンパマッサージを行うときは、力を入れすぎない事がポイントです。リンパ液は肌の下約2mmのところを流れていますので、強く擦ってしまうと逆に流れを止めてしまう事もあります。マッサージを継続して行う事で肌のキメも整い、しわやたるみの改善にも効果がありますよ。

 

方法2:左右の頬骨の高さを整え、高くする


自分の顔を鏡で見た時に、目や耳の高さが左右で違っていたり、顎が歪んでいることが気になるという人は結構います。ですが、小顔矯正をする上で意外にも重要になるのは、実は頬骨の歪みや高さなのです。頬骨の高さは、年齢を重ねるにつれて低くなるという傾向があります。

頬骨の位置が低くなると顔全体がたるんで大きな印象になり、歪みがある場合はシワの原因にもなります。鏡を顎の下に置いてみて、左右の頬骨の高さが違うという人は要注意です。歪みや高さを徹底的にケアし、リフトアップした小顔を目指しましょう。

<頬骨の高さを整える方法>
①両手の人差し指の背面を使い、小鼻の横から耳の手前に向かって頬骨を押し上げます。
②鏡で下から見た時にどちらかの頬骨が前に出ている場合は、後頭部を抑えながら手のひらの下の部分を使って押します。

今まで頬骨の歪みに気がつかなかったという人も、毎日の習慣にする事で徐々に骨格が整っていきます。無理をせず、気持ちいいくらいの力加減で行いましょう。

 

方法3:顎の歪みを改善する


食事をする際の噛み癖や頬杖をつく癖、脚を組む癖がある人に起こりがちな顎の歪みは、多くの人が抱える悩みの一つです。顎の歪みは、ほうれい線やシワを引き起こすというだけでなく、水分や老廃物を流れにくくする為、顔を大きくしてしまう原因にもなっています。

小顔矯正でスッキリとした顔を手に入れたいなら、普段の生活で習慣になってしまっている悪い癖を見直すとともに、既に歪んでしまっている顎を元に戻していきましょう。

<顎の歪みを直す方法>
①鏡を見て、上下の前歯の中心線が合うように意識します。
②中心をずらさないようにして口を開閉します。
③一回に20回をワンセットとして、一日に100回程行います。

シンプルな方法ですが、意識する事で少しずつ歪みを矯正することができます。

方法4:頭蓋骨をマッサージする


小顔矯正をする時には、顔と直接繋がっている頭部や後頭部のケアも同時に行いましょう。 頭皮が硬く血流が悪化している状態では、どんなにお顔のケアを入念に行ってもなかなか効果が出なかったり、すぐに元に戻ってしまう事がよくあります。

特に、首の付け根や前頭部はたるんだ頬やおでこのシワの改善に非常に効果がありますので、リンパマッサージやエクササイズに合わせて行うようにしましょう。

<頭部のマッサージのやり方>
①生え際を両手の親指以外の指の腹で頭頂部の方向へ引っ張り20秒程キープします。
②耳の上の頭皮を手のひらを使って持ち上げます。
頭頂部の方向へ引っ張り20秒程キープします。
③頭の上で両手を組み、
頭のてっぺんの頭皮を手のひらで挟みます。
そのまま20秒程キープします。
④両手で拳を作り、気持ちがよい程度に首の付け根のへこみをマッサージします。

こちらのマッサージは、パソコン作業後のリフレッシュや、シャンプー時に行うのがおすすめです。

 

方法5:フェイスラインをすっきりさせ、2重あごを防止する


シワやたるみを改善して、引き締まった小顔を手に入れる為には、顔面の筋肉を鍛える事も必要です。リンパマッサージや骨格の歪み矯正ができたら、顔を大きく見せてしまう原因となる、フェイスラインのたるみや2重あごを改善するエクササイズで、小顔矯正の効果を倍増させましょう!

<フェイスラインエクササイズのやり方>
①背筋を伸ばし、頭を後ろに倒します。
②口を出来るだけ大きく開け、下を真上へ伸ばして10秒程キープします。
③舌を元に戻し、口を閉じて首を戻します。

一つひとつの動作にゆっくり行い、筋肉をしっかり使いましょう。普段あまり使う事のない筋肉が鍛えられますので、小顔効果がかなり期待できるエクササイズです。

 

今回お届けした自宅でできる小顔矯正でシワやたるみがなくなる5つの方法はいかがでしたか?鏡を見たときに自分の顔がスッキリしていると、メイクやファッションにも気合いが入り、気持ちも晴れやかになりますよね。小顔矯正には毎日続ける必要のある物もありますが、リンパマッサージのように即効性のある物もありますので、是非、効果を実感してみてくださいね!

まとめ

自宅でできる小顔矯正でシワやたるみがなくなる5つの方法

方法1:ほお骨の高さを整える
方法2:左右の頬骨の高さを整え、高くする
方法3:顎の歪みを改善する
方法4:頭蓋骨をマッサージする
方法5:フェイスラインをすっきりさせ、2重あごを防止する


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.