アスタキサンチンを上手に活かし若返り効果をアップさせる5つの方法

food-865102_960_720

最近、化粧品のCMでも話題になっている成分にアスタキサンチンというものがあります。とにかく女性に嬉しい働きをするため、化粧品やサプリメントなどに配合されて、とても人気が出ている成分の一つです。

アスタキサンチンの女性に嬉しい効果とは、若返り効果がある!ということです。ここでは、アスタキサンチンを上手に活かし若返り効果をアップさせる5つの方法をお伝えします。



アスタキサンチンを上手に活かし若返り効果をアップさせる5つの方法

方法1.そもそも、アスタキサンチンとは?


アスタキサンチンは、女性には嬉しい効果がたくさんある成分です。特に抗酸化作用が高いため、効率の良いアンチエイジング効果を得ることができます。

そもそも、抗酸化作用とは何かというと、老化を促進する活性酸素を除去する力のことをいいます。活性酸素が体内に増えすぎると、コレステロールや中性脂肪などの脂肪分を攻撃し、過酸化脂質をつくりだし老化へと体を傾けてしまいます。

そうならないためには、アスタキサンチンを毎日適度に摂り入れる習慣をつけること。若さキープしたい人にアスタキサンチンは特におすすめです。

方法2.アスタキサンチンの効果まとめ


高い抗酸化作用を持っているアスタキサンチンですが、様々な嬉しい働きを持っています。

下記にご紹介しますね。

  • 眼精疲労の改善
  • 美肌&美白効果
  • 心筋梗塞や糖尿病予防
  • 高血圧・高脂血症・肥満予防
  • 免疫力アップ
  • 抗炎症・抗アレルギー作用
  • 抗がん作用
  • 認知機能の改善
  • 健康促進

なんと、これだけの嬉しい効果を持っているのがアスタキサンチンなのです。

アンチエイジングだけでなく、日頃の健康維持を始めダイエットにも良い働きをしてくれる、女性にとって嬉しい味方なのです。

方法3.アスタキサンチンはどんな食材に含まれているの?


アスタキサンチンの嬉しい働きを得るためには、アスタキサンチンをたっぷりと含む食材を毎日の食事で摂り入れることが大切なポイントとなります。

アスタキサンチンは、こんな食材に多く含まれています。

  • 鮭や鯛

  • 金目鯛

  • いくら

  • 鯉などの魚

  • エビやカニなどの甲殻類

エビやカニは生きていると赤くはないですが、加熱するとアスタキサンチンが分離してキレイな赤色にあります。この赤色がアスタキサンチンが含まれている証拠です。

逆にマグロは生の状態だと赤身ですが、加熱するとグレーに変わるため、アスタキサンチンは含まれていません。

方法4. メラニン生成抑制効果で紫外線も怖くない!


外出時、特に春~夏にかけて気になるのが、紫外線ですよね。

紫外線を浴びるとまず肌は赤くなり、その後少しずつ黒く色素沈着していきます。皮膚で色素細胞活性化物質が分泌されて、細胞内でメラニン生成されるから色素沈着をします。

アスタキサンチンには、メラニン生成を抑制するという働きがあるので、紫外線を浴びて黒くならず美肌をキープできるのです。美白成分としてビタミンCやアルブチン、コウジ酸などがありますが、それらと比較してもアスタキサンチンのメラニン生成抑制効果は高いと言われています。

方法5.鮭のソテーは如何ですか?


アスタキサンチンの効果をしっかりと得て、若さ&健康維持に努めるために必要な情報といえば、どれだけのアスタキサンチンを1日に摂ればよいかという点ですよね。

アスタキサンチンは紅サケの切り身(100g)に約3mg含まれています。コレステロールの酸化防止のためには最低1日に0.6mg、眼精疲労の改善には1日6mgが必要とされていますので、参考にしてみてくださいね。

鮭はスーパーでも簡単に手に入る食材ですよね。鮭は油と一緒に摂ることで、吸収率が高まるので、ソテーなどをしていただくのがおすすめです。もし、鮭が苦手であったり毎日は食べられないという人は、アスタキサンチンのサプリメントで代用してもOKです。

さらに、アスタキサンチンは単体で摂るよりも他の成分と一緒に摂る方が効果的と言われています。

アスタキサンチンと一緒にとるとオススメの成分

リコピンやβカロテン

ルティン

アントシアニン

ビタミンCやE

亜鉛

マンガン

セレニウム

様々な食材と一緒に摂ることで、より一層の効果を得ることができますよ。


さて、今回のアスタキサンチンを上手に活かし若返り効果をアップさせる5つの方法はいかがでしたか?アスタキサンチンは女性にとっても嬉しい働きをたくさん持っている成分です。高い抗酸化作用があるので、いつまでも若々しい状態をキープするために役立つ成分です。

また、アスタキサンチンにはメラニン生成を抑制する力もあるので、紫外線が気になる春~夏にかけての肌の美白キープにもおすすめです。

アスタキサンチンは、鮭や鯛、金目鯛、いくら、鯉などの魚、エビやカニなどの甲殻類にたくさん含まれているので、ぜひ食事内容にこれらの食材を組み合わせて摂り入れてください。

ぜひ上記の項目を参考に、常に若さ溢れるあなたを維持してくださいね。

まとめ

アスタキサンチンを上手に活かし若返り効果をアップさせる5つの方法

方法1.そもそも、アスタキサンチンとは?
方法2.アスタキサンチンの効果まとめ
方法3.アスタキサンチンはどんな食材に含まれているの?
方法4. メラニン生成抑制効果で紫外線も怖くない!
方法5.鮭のソテーは如何ですか?


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.