目の下のたるみを解消法☆オススメの化粧品と簡単セルフケア

目の下のたるみ
実年齢よりも老けて見られたり、疲れていなくても疲れているように見られたりと、目の下のたるみ方次第でその人の印象が左右されることもあります。

目の下のたるみの原因は人それぞれですが、どのような原因であっても、無理に化粧などで隠そうとすると返って目立ってしまうものです。
たるみを消したいのであれば、化粧などで隠すのではなく元からしっかり治すことが大切です。



目の下のたるみを解消法☆オススメの化粧品と簡単セルフケア

たるみの原因とは

目の下のたるみの原因は乾燥や日常生活の乱れなど、その原因は人それぞれあるため、必ずしも「コレ」と決めつけることはできません。

ただ、目の下のたるみに悩む人の多くは老化からきている人が多い傾向にあります。

老化すると何故たるむのか

老化が引き金となる症状がいくつかありますので、代表的なものをご紹介します。

原因1.筋肉のたるみ

年齢を重ねることで、だんだんと目の周辺の筋肉が衰えてくることが目のたるみに繋がります。目元の皮膚がたるむと、その中に脂肪がたまりやすくなりそれが重みとなって更に下へたるんできてしまう人もいます。

原因2.弾力の低下

もともと皮膚にはヒアルロン酸などといった保湿成分が備わっていて、それにより肌はハリや弾力を保っています。しかし老化と共にそれら成分は減少する傾向にあるため、
それが原因となり目元がたるむようになります。

原因3.眼窩脂肪(がんかしぼう)の膨張

目の下の脂肪(眼窩脂肪)が膨らむことが原因でたるむこともあります。
眼球の下には、眼窩脂肪が取り巻きクッションのような役割を果たしています。しかし、その眼窩脂肪が重力に負けるなどして下垂し飛び出し、目の下にたるみを作ります。

オススメ目元化粧品3選

目の下のたるみには、アイクリームや目元美容液など、目元専用の化粧品でお手入れしていきましょう。
おススメの化粧品をご紹介します。

【R.N.Aパワー アイクリーム ラディカル ニューエイジ(SK-II)】

保湿力に優れたアイクリームなので、乾燥状態がひどい人にオススメです。
上品な香りと伸びの良いテクスチャー、効果をちゃんと実感したいのであればケチらずたっぷり塗るよう心がけましょう。
数多くのベストコスメにノミネート・受賞経歴を持つ実力派アイクリームです。
これ一つで凜とハリのある目元を目指せます。

【アイ エクストラ セラム(アテニア)】

「見た目年齢-5歳」をコンセプトに作られた美容液で、これ1本で目の下だけでなく、まぶたや目尻など目周辺の悩みを一気に解決することができる優れものです。
肌に潤いを与えることで乾燥による小じわを改善、ハリや弾力を蘇らせることのできるアイクリームです。

【モイストリフトプリュスセラム(ドクターソワ)】

皮膚科の女性医師との共同開発にて誕生したドクターズコスメで、目元専用というよりは、
「下に落ちた肌は持ち上げればいい」という目的のもと作られた顔全般に向けたリフトアップ美容液となります。
目元のたるみだけでなくほうれい線など口元にたるみにも効果を発揮してくれます。マッサージ不要ですのでケアが簡単です。

自宅でできる簡単セルフケア

レーザー治療など目の下のたるみを改善させる方法はありますが、そのような特別なことをしなくても自分でできるケア方法もあります。
目元のマッサージ&運動となりますので、必ず以下のものを用意し塗布してから行うようにしてください。また、洗顔後や入浴後など一連のスキンケア後に行うようにしてください。

・用意するもの

手持ちのアイクリーム、または、オリーブオイルなどスキンケアに使っても良いオイル

【セルフケア1】

左右同時に行います。
・指(やりやすい指でいいです)を眉尻付近に乗せ、上に引き上げます。
・つり目のようになったら、そのまま固定します。
・しっかり固定して、なるべく上まぶたを動かないようにしてください。
・下まぶたに意識を集中し、下まぶたでまぶたの開閉を10回(1日10セット目標)行います。

【セルフケア2】

左右同時に行います。
・目尻よりちょっと上に中指を置き、その下(目尻横辺り)に薬指を置きます。
・中指は上方向へ、薬指は下方向へと同時に動かすという動作は10回(1日10セット目標)行います。

アイクリームなどを利用する

目の下のたるみのケアの基本は保湿です。
アイクリームなどでケアする場合は、保湿力に優れているかどうかを見極め選ぶようにするのかおすすめです。

目元の皮膚は他部位と比べて非常に薄いため、放っておくとスグに乾燥してしまう傾向にあります。シワや肌荒れなど様々な肌トラブルを起こすリスクが高まることから、普段から積極的な保湿を心がけるようにしてください。

目元にたるみがなくても、シワや肌荒れが原因でたるんでしまう人もいます。根本的な対策を日々行うことで、たるみを防止することができます。


さて、今回は目の下のたるみを解消法するためのオススメの化粧品と簡単セルフケアについて届けしましたがいかがでしたでしょう。

目の下のたるみは、一度たるむとその中に脂肪がたまり、どんどん下垂してしまう傾向にあります。一旦脂肪が溜まってしまうと、なかなか自力で除去するのは難しいものです。

溜まらないようにするためには、目元の筋肉を強化したるまないようにしていきましょう。目元の状態など普段あまり気にせずにいる人も多いことでしょう。「気付いたときはすでにたるんでた」とならないよう、普段からのお手入れが必要です。

まとめ

目の下のたるみを解消法☆オススメの化粧品と簡単セルフケア

■たるみの原因とは■
■老化すると何故たるむのか■
■オススメ目元化粧品3選■
■自宅でできる簡単セルフケア■
■アイクリームなどを利用する■


 

免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.