アンチエイジング 美肌と美白の法則

アンチエイジング 美肌と美白の法則

美肌になるには?肌年齢に差がつく毎日やるべきの5つのスキンケア

肌になるには、日々どのようなスキンケアをしていけば良いのでしょうか? 年齢と共に肌が乾燥しやすくなったり、若かりし頃のような肌のハリやツヤを感じなくなったりと、肌の質は日に日に衰えていきます。そこで今回は【美肌になるために、毎日やるべきスキンケア方法】をお伝えします。
アンチエイジングのスキンケア

ケミカルピーリングで失敗しないために知っておきたい7つの知識

肌がキレイになると評判のケミカルピーリング。実は病院でしか受けられないのはご存知ですか?美容目的でエステサロンや自宅でもすることはできますが、「肌のトラブルを治す」ことは医療行為にあたるので、法律で禁止されているのです。そんなケミカルピーリングをする前に、失敗しないように知っておきたい知識を、今日はお伝えします。
アンチエイジング 美肌と美白の法則

プロテインの効果でスベスベ美肌と引き締まった体を作る5つの方法

プロテインを摂る習慣と取り入れてみませんか?プロテインで、女性らしさを残しつつも、余分な脂肪を落とした引き締まった体を手に入れてみませんか? プロテインの効果でお肌も健康的でツルツル、スベスベになれますよ! 今回は筋肉増強のイメージが強いプロテインを、上手にダイエットに取り入れる方法をお伝えします。
アンチエイジングのスキンケア

ホットクレンジングでじんわりとメイクを洗い落として美肌になる方法

「ホットクレンジング」ですが、どのようなものなのかご存知ですか? 言葉の通り、温かいクレンジング剤なのですが、肌に馴染ませていくとポカポカと温かさを感じることが出来る不思議なアイテムなのです。そこで今回は、ホットクレンジングを使ってメイクを落としながら、美しい肌を導く方法をお伝えします。
アンチエイジング 美肌と美白の法則

シミ対策に強力な威力を発揮するハイドロキノンの8つの常識

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれ、美容皮膚科など医療機関で美白治療によく用いられている医療品成分となります。 一部改善が見込めないシミはあるものの、ほとんどのシミに強力な効果を上げているハイドロキノンは「シミの消しゴム」とも呼ば...
アンチエイジングのスキンケア

シミの種類と原因を知り、シミを消すための5つのポイント

年齢を重ねるとともに増えてくるシミ。見えない部分に出てくるならまだしも、顔はどこよりも一番目につくところなので顔にシミができる、増える、というのは本当に辛いものです。今回はシミの種類と原因を知って、効果的なシミを消す方法をご紹介します。
アンチエイジング 美肌と美白の法則

カテキンの強力な抗酸化作用で実年齢より10歳も若く見られる5つの効果

カテキンとは緑茶の渋み成分のことで、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種です。カテキンは大変酸化しやすいのですが、緑茶は製造工程上、ほとんど酸化しません。酸化していない茶葉を使う緑茶は、カテキンの抗酸化作用をまるごといただけるわけです。カテキンの優れた抗酸化作用をご紹介します。
アンチエイジング 美肌と美白の法則

美肌になるための5つのおすすめレシピ

美肌は、女性の憧れの的。美肌を作るために、日々スキンケアに余念がない方は多いと思います。身体が健康でなければ、美肌も育たないですよね。今回は、身体の中からしっかりと美肌を生み出す、おすすめレシピをご紹介しますね。
ほうれい線対策

ヒアルロン酸の効果で若さを取り戻す7つのステップ

ハリと潤いの元であるヒアルロン酸は、元々肌の内部にある成分ですが、年齢を重ねるごとに減っていくことをご存じですか? 今回は、肌機能をアップさせるヒアルロン酸の効果で若さを取り戻す7つのステップをお伝えします。
ほうれい線対策

最強の保湿剤ヒルドイドローションでシワを予防して美肌を保つ方法

ヒルドイドローションの保湿力は非常に高く、湿疹や肌荒れ症状のある人だけに限らず、乾燥性の小じわや目の下のクマ、たるみといった気になるお肌の悩みを解消してくれるという嬉しい効果が期待できます。
アンチエイジング 美肌と美白の法則

肌荒れは体の不調が原因かも?生活習慣を見直して美肌を取り戻す方法

「最近、肌が荒れてるなぁ……」とお悩みのあなた。睡眠時間や食事など、生活の乱れが顕著に表れるんです。特に30代を超えると、より荒れやすく、治りにくくなると言われています。 いくつになっても美しいお肌を保つためには、肌荒れの原因を知って対処することが大切。生活習慣からくる肌荒れの原因を何点かご紹介します。
アンチエイジングの方法

30歳を過ぎたらご用心!肝班(かんぱん)のシミの原因と対策

30代~40代に差し掛かる時期に、シミに悩まされる人が多くいます。でも、もしそのできてしまったシミが左右対称にあるのであれば、それはシミではなく肝斑(かんぱん)です。そこでここでは、30歳を過ぎたらご用心!肝班(かんぱん)のシミの原因と対策をお伝えします。