ファンデーションの使い方で透明感のあるキレイな肌に見せる6つの方法

foundation

塗り方次第で老け顔になったり、気になる部分を隠そうと、重ね塗しすぎてぼってりと重い雰囲気の印象になりがちなファンデーション。モデルや女優さんのような透き通るような、ナチュラルな仕上がりにするには、ちょっとした工夫が必要になります。 今回は、ファンデーションの使い方で透明感あるキレイな肌に見せるための6つの方法をお伝えさせていただきます。



ファンデーションの使い方で透明感のあるキレイな肌に見せる6つの方法

肌よりワントーン明るめのファンデーションを選ぶ!

なかなか、ナチュラルメイクに仕上がるファンデーションに出合えないという人は、自分の肌よりワントーン明るめのものを選ぶことで、ふわっと優しい印象の自然メイクに仕上げることができます。全体的に塗ってしまうと、顔が浮きだったような感じになるので、下記の塗り方を参考にメイクしてみてください。

●ワントーン明るめのファンデーションで、柔らかい優しい印象の肌を作る方法

①パール粒子をあまり含まないナチュラルカラーの下地を使う
肌馴染みのよいナチュラルカラーの下地を薄く顔全体に塗っていきます。下地は、肌が白くならないものを選びましょう。
②ワントーン明るめファンデーションを、顔の中央から塗っていく
ファンデーションを顔の中心部分の鼻の上におき、指もしくはスポンジを使って毛穴を埋めるように、たたき込みながら顔の中心に向かって伸ばしていきます。
③フェイスラインへとぼかしていく
一旦手やスポンジについたファンデーションを軽く拭き取り、今度は顔の外側に向かって境目が目立たないように馴染ませていきます。
④色のない透明パウダーで仕上げる
色付きのパウダーを使うと、ワントーン明るめのファンデーションで作った透明感が損なわれるので、透明パウダーを使います。顔全体にやさしくのせていくと、ファンデーションの量が少ない部分との境目も目立たなくなります。これで完成です!

顔の中央から外側へとファンデーションを塗ってい

く まず、ファンデーションを塗る前に、手の甲に余分な粉を落とします。そうすることで、厚塗り感を防ぐことができます。そして、顔の中央から外側へとファンデーションを塗っていきます。シミやクマなどが気になる人は、ファンデーションを重ね塗りするのではなく、コンシーラーを使っておくことで、自然なメイク仕上りを実現できます。

顔全体にファンデーションを塗った後は、スプレー容器に入れた化粧水を顔に軽く吹き付け手のひらで軽く押さえ、ファンデーションを肌へとフィットさせます。これで、より透明感が増すだけでなく、化粧崩れも防ぐことができます。最後に仕上げとして、大きめのブラシで顔全体の余分な粉を払い落すと、ふわふわとした素肌のようなメイクが完成します。

メイク前の肌に水分をしっかりと補給する

ファンデーションを塗る前に、肌に水分をしっかりと補給することでツヤっとした透明肌を作ることができます。これは、水分を多く含んだ肌細胞は透明感が増すというしくみに基づいています。時間がある朝は、シートマスクなどを利用して保湿をたっぷりとすると、夕方になっても乾燥が気にならない肌に。

また、艶やかな肌な肌を目指すならば、毛穴をしっかりとカバーすることも大切です。下地を肌全体に均一に馴染ませ、気になるシミやニキビ跡などはコンシーラーを使って、目立たなくするようにしましょう。

パール感のあるパウダーで仕上げる

ファンデーションの後の仕上げに、パール感のあるパウダーを重ねることで、より透明感が増します。ここでのポイントは、少量のパウダーを塗ること。量を多く塗りすぎると粉っぽさが出て、逆効果になってしまうので、注意してください。大き目のブラシにパウダーをとり、余分な粉を落としてから、肌に馴染ませていきます。

クリーム・リキッドファンデーションで透明肌を作る

クリームファンデーションやリキッドファンデーションを使う際には、使いすぎないことが大切なポイントです。量が多すぎることで、透明肌とは程遠い厚塗りの老け顔を作りだすことに…。クリーム、リキッドファンデーションは油分を多く含んでいるので、皮脂分泌の多いTゾーンにつけ過ぎると化粧崩れの原因になるので注意しましょう。

塗り方のポイントとしては、顔の中央に乗せた後、外側に向かって少しずつ馴染ませていくことです。全体に馴染ませた後、手やスポンジに残ったファンデーションで目元や口元などの細かい部分につけていくことで、重さのない軽いナチュラルメイクに仕上ります。

パウダーファンデーションでクリアーなふわ肌を作る

パウダーファンデーションは誰でも使いやすいことから、愛用している人が多いですが、ムラになりやすい、重ね塗りしてしまいやすいというデメリットがあるので、使う際にはこの点に気をつけましょう。 塗り方としては、スポンジやパフで顔の中心に近い頬の部分から外側に向かって伸ばしていきます。

量の目安としてはスポンジなら面積の半分、パフならファンデーションを2回なでる程度が半顔です。この量を守ることで、ふわっとやさしいクリアーな透明肌になります。

 

さて今回お伝えしたファンデーションの使い方で透明感のあるキレイな肌に見せる6つの方法はいかがでしたでしょうか? 透明感ある肌を作るには、自分の肌よりもワントーン明るめのファンデーションを選んだり、顔の中央から外側へと向かって塗っていくことがポイントとなります。

また、メイク前の肌への水分補給の徹底、パール感のあるパウダーを重ね塗る、ファンデーションのタイプによって上手に使いわけるなどがあります。 ぜひ、上記の項目を参考にして、健康的で優しい印象の透明美肌を叶えてください!

まとめ

ファンデーションの使い方で透明感のあるキレイな肌に見せる6つの方法

ステップ1.肌よりワントーン明るめのファンデーションを選ぶ!
ステップ2.顔の中央から外側へとファンデーションを塗っていく
ステップ3.メイク前の肌に水分をしっかりと補給する
ステップ4.パール感のあるパウダーで仕上げる
ステップ5.クリーム・リキッドファンデーションで透明肌を作る
ステップ6.パウダーファンデーションでクリアーなふわ肌を作る


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.