美容効果が凄い!ドラゴンフルーツを食べてキレイを引き出す6つの方法

ドラゴンフルーツ

鮮やかなピンク色が南国の香りを感じさせる、ドラゴンフルーツの美容効果を知っていますか?

サボテン科のドラゴンフルーツは熱帯地域を中心に栽培されていて、日本では沖縄の特産品です。ドラゴンフルーツは、熱帯地域に生息するサボテン類の果実のことで、ピタヤとも呼ばれるウロコ状の果皮をしたものです。

日本人にはあまり馴染みのないフルーツかもしれませんが、ビタミンや鉄分等、美容や健康に嬉しい栄養が満点です。今後注目がますます高まること間違い無しのドラゴンフルーツ(ピタヤ)を食べて、美しく健康になりましょう!



美容効果が凄い!ドラゴンフルーツを食べてキレイを引き出す6つの方法


方法1:そのまま食べるだけで美容効果抜群


ドラゴンフルーツには、ビタミンB1•B2・B3、ビタミンCといったビタミン群の他、カロチンやポリフェノール、カリウム、鉄分、食物繊維、アルプミン、葉酸、ブドウ糖など、本当に多くの栄養素が含まれており、美白やシミの予防、貧血、高血圧、便秘、血糖値への効果が期待できます

初めて食べる人はドラゴンフルーツの食べ方に戸惑うかもしれませんが、他のフルーツと同じように皮を剥いてそのまま食べる事ができます。アボカドのように縦二つにカットしてスプーンですくって食べたり、更にカットして4等分にして食べるのが一番シンプルな食べ方です。

糖度は平均17度と高いのですが、ブドウ糖なので甘みは薄く感じます。レモンやライム、シークヮーサーをかけて食べると甘さが増して美味しく食べられますよ。


方法2:赤い果肉のレッドピタヤでアンチエイジング


ドラゴンフルーツという名前は、元々はベトナム産のドラゴンフルーツを輸入する際に, 中国語の「火龍果」を英語に直訳した商品名です。

海外ではピタヤと呼ばれる事が一般的で、果皮と果肉の色によってホワイトピタヤレッドピタヤイエローピタヤなど、いくつかの種類に分けられています。

一番ポピュラーで流通量が多いドラゴンフルーツは果皮がピンク色で果肉が白いホワイトピタヤですが、果皮も果実も赤いレッドピタヤには他の種類には無い「ベタシアニン」という抗酸化作用の強いポリフェノールが含まれています。

エイジングケアや動脈硬化の予防やがんの予防に効果がありますので、より高い効果を感じたい人はレッドピタヤを探してみましょう!


方法3:ドラゴンフルーツのスムージーで便秘解消ダイエット


食物繊維たっぷりのドラゴンフルーツを毎朝のスムージーのレシピに加えれば、ダイエット効果が倍増する事間違いなしです!ドラゴンフルーツには1個あたり約5gの食物繊維が含まれていますが、この量はバナナのなんと65倍。もちろん、排出を促すだけでなく豊富な栄養を摂取する事も同時にできますので、健康とダイエットの両立がかないます。

ドラゴンフルーツは野菜系のスムージーにもフルーツ系のスムージーにもよく合いますので、普段作っているスムージーに是非、加えてみてください。

また、普段あまり使用しないようなアロエやザクロ、カムカム等を入れてトロピカルな気分のスペシャルスムージーを作っても楽しむのも良いと思います。


方法4:皮やつぼみも美味しく食べて、栄養成分を残らず摂取


ドラゴンフルーツの皮は色も形もとても個性的ですが、実は皮やつぼみの部分も調理して美味しく食べる事ができます。天ぷらや炒め物として野菜と同じように使用したり、ひらひらした部分を切り取ってすりおろし、調味料と混ぜれば彩り鮮やかな手作りドレッシングの完成です。皮の鮮やかなピンク色の色素はレッドピタヤに含まれるベタシアニンですので、ホワイトピタヤでもベタシアニンを摂取したい場合は皮まで残さず食べましょう。


方法5:ビタミン豊富なドラゴンフルーツのサラダで美肌ケア


さっぱりとしてさわやかな食感のドラゴンフルーツは、フレッシュなサラダにもよく合います。抗酸化作用の高いタマネギやオリーブオイルと組み合わせたり、生ハムやチーズなど野菜以外の食材を加えてアレンジすれば、必要なビタミンをしっかりと摂る事ができます。美肌効果抜群のドラゴンフルーツサラダで、ツヤツヤの素肌を手に入れましょう!


方法6:女性に嬉しい葉酸で貧血を解消


皮膚粘膜の強化や貧血の予防、妊娠初期に必須なビタミンとして女性にとって大切な働きをする葉酸も、ドラゴンフルーツには含まれています。

葉酸は調理や酸化によって壊れやすいという性質を持つため、食べ物から摂取する事がなかなか難しい栄養素ですが、新鮮なまま生で食べる事のできるドラゴンフルーツは葉酸の摂取にもとても適しています。

葉酸を含む食品は野菜が多いですが、ドラゴンフルーツなら野菜が苦手な人でも美味しく食べる事ができるのでおすすめです。

 

今回お届けした美容効果が凄い!ドラゴンフルーツを食べてキレイを引き出す6つの方法はいかがでしたか? 見た目にも綺麗で毎日の食卓に彩りを加えてくれるドラゴンフルーツは、アレンジ方法も豊富で意外にも食べやすいです。美容や健康の為の定番の食材の一つとして、今後のレパートリーに加えてみてください!

まとめ

美容効果が凄い!ドラゴンフルーツを食べてキレイを引き出す6つの方法

方法1:そのまま食べるだけで美容効果抜群
方法2:赤い果肉のレッドピタヤでアンチエイジング
方法3:ドラゴンフルーツのスムージーで便秘解消ダイエット
方法4:皮やつぼみも美味しく食べて、栄養成分を残らず摂取
方法5:ビタミン豊富なドラゴンフルーツのサラダで美肌ケア
方法6:女性に嬉しい葉酸で貧血を解消


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.