美容液の基本をマスターしてウルツヤ美肌で若さを維持する5つの方法

Cosmetic liquid

通常のスキンケアにプラスするだけで、より一層美肌へと近づけているアイテムと言えば、美容液です。美容液には、美白や保湿など気になる肌悩みを解決する有効成分が配合されているので、スキンケアのメインデッシュともいえるほど、美肌の底上げをする強い味方です。

でも、使い方次第でその効果を良くも悪くもしてしまうのをご存じでしょうか?今回は、美容液効果をしっかりと得られるための知識と、正しい使い方をご紹介させていただきます。



美容液の基本をマスターしてウルツヤ美肌で若さを維持する5つの方法

 

1.そもそも、美容液とはどんなもの?


美容液の大きな特徴は、保湿成分や美白成分などの肌悩みを解決するための有効成分が豊富に含まれていることです。 肌に潤いや栄養を与える、いわばスキンケアのメインデッシュともいえる重要なアイテムです。テクスチャーも様々あり、クリームのようにコクのあるものから、化粧水のように水っぽいもの、ジェル状のものなどがあります。

2.どんな美容液を選ぶとベスト?


美容液を選ぶ時の基準は、まず配合されている成分を確認することから始まります。 美容液には、保湿や美白、アンチエイジングなどに効果のある色々な成分を含んでいるものがあります。

例えば、保湿目的で選ぶなら、保水力に優れたセラミドという成分を配合したものがおすすめです。セラミドは水溶性の物質ではないので、化粧水には配合しにくいのですが、ある程度油分を含んでいる美容液として取り入れた方が美肌効果をちゃんと得られます。

また、肌に合う保湿美容液が見つかったら、シーズンごとに違うものを新しく購入するなど、むやみに変える必要はありません。乾燥する冬はやや多めに使い、ベタつきが気になる夏は少なめになるなど、使用料を調節するだけで良いのです。

ただし、1本で保湿、美白、シワ対策を行うのは難しいので、保湿以外の効果を望むのなら、自分の抱える肌悩みを解決する有効成分がしっかり入ったものを、目的別に用意しましょう。

ステップ3.美容液の種類とそれぞれの特徴


美容液には保湿や美白、アンチエイジングなどの種類があります。それぞれのどんな効果については以下の通りです。

●保湿美容液
セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたものを言います。肌の水分をキープして潤いを逃さない効果があります。
●美白美容液
ビタミンC誘導体やアルブチン、カモミラETなどの美白成分を含んでいるものです。シミの元になるメラニン生成をブロックするなどの作用があります。
●アンチエイジング美容液
レチノールやナイアシン、ポリフェノールなどの有効成分を配合したものです。ハリと弾力の元になる繊維芽細胞に働きかけるものが多くあります。

ステップ4.やってしまいがちな美容液の間違った使い方


美肌の底上げを一気にしてくれる美容液ですが、間違った使い方をすることで、せっかく持つ効果を半減させてしまうことに…。ここでは、やってしまいがちな美容液の間違った使い方をご紹介させていただきます。

× 塗る量が少なすぎる
説明書に記載されている適量をつけることで、初めて効果が出るように設計されているので、量が少ないと効果はあまり出ません。

× 顔の一部分にしか塗っていない
美白美容液なら頬の一部だけ、アンチエイジング用の美容液なら目元だけなどと、たいてい顔の一部分にしか塗っていないという人が多いようです。美白やアンチエイジング化粧品は予防的に使うものなので、部分的に塗っていては、新しいシミやシワを作り出す原因になります。

× テカリがちな部分にたっぷりと塗っている
美容液は顔全体に塗るのが基本ですが、オイリー肌の人は油分の与えすぎに注意が必要です。美容液をTゾーンにつけすぎると、皮脂が詰まってニキビなどの原因になることがあります。

× 2つ以上の美容液を使う時
美白やアンチエイジングなど、異なる目的の美容液を2つ以上使う時は、水っぽいテクスチャーのものから、油分のあるものへと重ねていかないと浸透が損なわれてしまいます。

 

5.これぞ!美容液の効果を十分に得られる正しい美容液の使い方


ここでは、美容液をしっかりと肌に浸透させ、美肌へと導くことができる正しい美容液の使い方をお伝えします。

①美容液を適量手にとる…基本的に説明書どおりの量で良いのですが、保湿美容液なら乾燥具合に合わせて両を調節すると良いでしょう。

②手のひらで押さえるように馴染ませる…両手のひらに美容液を広げ、両手で押さえるように頬から馴染ませていきます。目の周りや小鼻などの細かい部分にも丁寧に塗っていきましょう。

③マッサージするように塗ると浸透力がアップ…顔全体につけた美容液を顔の外側に向かって、指の腹を使いながらクルクルと円を描くようにマッサージしながら、さらに馴染ませていきます。

④仕上げにハンドプレスで馴染ませる…目の周りやフェイスラインを、手のひらや指の腹で押さえて馴染ませていきましょう。

♪2種類以上の美容液を塗る時は、水っぽいテクスチャーの美容液から先につけること。
♪テカリがちなオイリー肌の人は、朝塗るようを少なめにすること。

 

さて今回お伝えした美容液の基本をマスターしてウルツヤ美肌で若さを維持する5つの方法はいかがでした?
保湿、美白、アンチエイジングなど様々な肌悩みを解決してくれる最強の美容アイテムが美容液です。美容液は肌のメインデッシュともいわれるほど、しっかりと必要な栄養を浸透させ肌トラブルを改善する力があります。

ただし、間違った使い方をすることで、せっかくの効果を半減させてしまうことになるんで、しっかりと肌に吸収させることができる上記の正しい美容液の使い方をマスターして、望み通りの輝くような美しい肌を実現してください。


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.