マっサージでリンパを流して、みるみる体が若返る6つのテクニック

lymph-massage 人の体には血管の他にリンパ管というものが、全身の皮膚のすぐ下に網目状に張り巡らされています。このリンパ管の中にはリンパ液というタンパクや白血球を運ぶ液体が流れています。
リンパ節は全身に800ヶ所もあり、それぞれが老廃物である細菌や異物をろ過しているので、循環することでリンパ液がきれいになりまが,この流れが悪くなると、老廃物がたまり、お肌の老化やむくみなどが起こります。

そこでリンパを流すマッサージが必要となるのです。マっサージをすることにより、リンパが流れ、老廃物が排出されやすくなります。お肌がイキイキし、むくみがとれ、アンチエイジングにも効果的なのです。今回は、効果的なリンパマッサージのテクニックをお伝えします。



テクニック1.リンパマッサージの基本!順番・方向・力の掛け方

【順番】

「鎖骨→顔→脇→腕→ソケイ部→脚」の順で行います。鎖骨はリンパの最終出口と言われ、右腕以外のリンパは左鎖骨の下で静脈に合流して排出されると言われています。体中のリンパが集まっているため、とても詰まりやすいので、まずここからスッキリさせる必要があります。

【方向】

リンパ節に向かって行います。主要なリンパ節は、テクニック2.から詳しく説明します。

【力の掛け方】

リンパ管が皮膚のすぐ下を通っているため、皮膚表面へ力が掛かる程度で十分です。グイグイ押さず、皮膚をなでるようにマっサージしましょう。

テクニック2.リンパマッサージで一番大事なリンパ節「鎖骨リンパ節」

リンパの最終出口である「鎖骨リンパ節」。体中の老廃物がここに集められて排出されるので、最も詰まりやすい場所です。ここをまずほぐしておかないと、いくらリンパマっサージをしても老廃物はここで塞き止められ、ますます詰まってしまいます。鎖骨リンパ節は、字の通り鎖骨にあります。

まず、鎖骨リンパ節を3秒くらいやさしく押します。その後、ゆっくり3秒かけて離します。これを数回繰り返します。特に左の鎖骨リンパ節は、右腕以外の老廃物がたまるところです。やさしく、念入りに行いましょう。

テクニック3.顔へのリンパマッサージは、くすみやたるみを取って小顔に?!

ポイントとなるリンパ節は「耳の前のリンパ節」と「鎖骨リンパ節」です。このリンパマッサージで、二重あご解消&目元ぱっちり&リフトアップに効果があり、小顔になれるかも!

小顔マッサージのやり方

【1】フェイスラインから顎の下のリンパ節へ流し、顎から耳の前のリンパ節へ流す。
【2】目元から頬骨の下を通って、耳の前のリンパ節へ流す。
【3】目頭から半円を描くように目尻へ、そして耳の前のリンパ節へ流す。
【4】首の真横を流して鎖骨リンパ節へ流し込む。

 

テクニック4.脇&腕へのリンパマッサージで、気になる二の腕がスッキリ?!

ポイントとなるリンパ節は「脇下リンパ節」です。二の腕をスッキリ見せるにはある程度の筋肉も必要なので、筋肉をつけるトレーニングも併用したいものです。

脇&腕へのリンパマッサージのやり方

【1】脇の下を4本の指で軽く押し、脇下リンパ節をほぐす。
【2】親指と4本の指で二の腕を包むようにし、なでるように脇下リンパ節まで流す。
【3】少しずつ場所を変えながら、最後は必ず脇下リンパ節まで持っていく。
【4】2~3を数回繰り返す。

テクニック5.お腹へのリンパマッサージで、くびれたウエストに?!

ポイントとなるリンパ節は「ソケイ部リンパ節」です。脚の付け根にあり、下半身で最も重要なリンパ節です。ウエスト周りの肉を集めるように、ソケイ部リンパ節へ流します。気をつけてほしいのが、力の掛け方。ぐいぐい肉を押し出してはダメです。流すのはリンパの流れなので、あくまでなでるようにマっサージしましょう。5分くらいすれば、ウエストサイズの違いが明らかになるはずです。

テクニック6.脚へのリンパマッサージで、むくみを取ってすらりとした脚に?!

ポイントとなるリンパ節は「ひざ裏リンパ節」と「ソケイ部リンパ節」です。

脚のむくみをとるマッサージのやり方

【1】足裏を手で包み込み、親指でまんべんなくもみほぐす。
【2】足の甲も同じように親指で押してもみほぐす。
【3】足の指を1本ずつ、付け根から指先に向かって引っ張るようにつまみながらもむ。
【4】足首からひざ裏のひざ裏リンパ節まで、手のひら全体を使って左右交互になで上げる。
【5】ひざから脚の付け根のソケイ部リンパ節まで、太ももの内側を左右の手を交互になで上げる。同じように太ももの外側もなで上げる。

マっサージでリンパを流して、みるみる体が若返る6つのテクニックはいかがでしたか?私はリンパを流すとよいことは知っていましたが、老廃物を排出してくれるとは知りませんでした!老廃物を取り除くフィルターの役割をするリンパ節だけでもマっサージすると、詰まりがとれて流れがよくなるようです。

マっサージと言うとグイグイ押すイメージですが、リンパマっサージは皮膚のすぐ下にあるリンパを流すイメージでなでるように行いましょう!まずは重要な「鎖骨リンパ節」だけでも、マっサージしてみて下さいね!

まとめ

マっサージでリンパを流して、みるみる体が若返る6つのテクニック

テクニック1.最初に、リンパマッサージの順番・方向・力の掛け方は要チェック!
テクニック2.リンパの最終出口「鎖骨リンパ節」は、最重要リンパ節!やさしく押してあげましょう!
テクニック3.顔のリンパマッサージで小顔に!「耳の前のリンパ節」へ流し、最後は「鎖骨リンパ節」へ流す!
テクニック4.二の腕をスッキリさせたい方は、手首から「脇下リンパ節」へリンパを流す!
テクニック5.ウエストのくびれを作るには、お腹の肉を「ソケイ部リンパ節」へ流す!
テクニック6.脚をスッキリさせるには、まず足先をマッサージ!その後「ひざ裏リンパ節」「ソケイ部リンパ節」へ流す!

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.