クレンジングでお肌が変わる!ツルツル美肌になるための5つのステップ

美肌

毎晩のスキンケアの最初はクレンジング。当たり前のように行っているクレンジングですが、なぜしなければいけないのかを考えたことはありますか?ただ何となく使っていても、素肌を健やかな状態に保つことはできません。今回はクレンジングを正しく使って、ツルツル美肌になるための5つのステップをお伝えさせていただきます。



クレンジングでお肌が変わる!ツルツル美肌になるための5つのステップ

ステップ1.なぜ、クレンジングをする必要があるのか?

クレンジングで落とせるものは油性のメイクアップ料です。そのためメイクをしている日はクレンジングをする必要があります。石鹸ではこの油性成分のものを落とすことができません。そもそも、クレンジングが何でできているかというと、油分と界面活性剤の2つです。油性のメイクアップ料を肌表面に浮き上がらせて落とすには油分が必要で、さらに洗い流す際の水と油分を乳化させる役割として、界面活性剤が含まれています。
この油分と界面活性剤、水の配合量が変わるとオイルタイプやクリームタイプなどの形状に分けられます。

ステップ2.肌を傷めないクレンジングの選び方

クレンジングはオイルタイプや、クリームタイプ、ジェルタイプなど様々なものがあります。そのタイプによって、刺激の強さや落ち具合が変わってきます。
何を基準に選んだらよいかというと、メイクの濃さに合わせて使い分けることがベストと言えます。
メイクオフ力が強い方からオイルタイプ→クリームタイプ→ジェルタイプ→ミルクタイプとなります。普段のメイクが濃い場合はメイクオフ力が強いものでないと落ちにくく、薄いメイクであれば弱いものでも十分に落とすことができます。
メイクオフ力が高いものほど、肌への刺激も強いので肌に負担を与えます。

ステップ3.クレンジングの種類と肌への刺激とは?

油分の多いオイルタイプは、ウォータープルーフマスカラなども簡単に落とすことができるため人気がありますが、界面活性剤が多く含まれているので肌のへ負担が大きい傾向にあります。油分が多いのに水を加えると白く乳化して落とすことができるのは、界面活性剤を多く配合しているからです。
逆に肌への刺激が少ないミルクタイプは、メイクと馴染むまでに時間がかかり肌をこすってしまいがちなので、使う際には注意が必要です。
毎日使いなら油分と水分のバランスが良いクリームタイプがおすすめです。

―クレンジングの種類と肌への刺激ー

●シートタイプ

油分でメイクを浮かせるというプロセスを省略し、界面活性剤の洗浄力だけで落とすため、強い肌ダメージを与えることに。また、拭く時に摩擦がおこり肌に小さな傷がつきやすいというデメリットもあります。

●オイルタイプ

界面活性剤を多く含んでいるので、簡単に落ちますが、その分肌ダメージも大きい。できるだけメイクの濃い日だけに使うことがベストです。

●ジェルタイプ

乳化していない透明のジェルタイプは、界面活性剤が多いので、これも肌ダメージが大きい。ただし、クリームのような乳白色タイプは界面活性剤の量が比較的少ないので、安心と言えます。

●クリームタイプ

適度な油分を含み、肌への刺激が弱くメイクオフ力もあるので、日常使いには一番ベストなタイプです。

●ミルクタイプ

肌にはやさしいタイプですが、水分が多いのでメイクオフ力はあまりありません。薄いメイクの人にはおすすめです。

ステップ4.肌を傷めるクレンジングの使い方とは

クレンジングをすることが当たり前になっていると、意外に肌に負担をかける方法で行っていることがあります。

●ゴシゴシと力を入れてこすっている

何度も必要以上に肌をこすることで、角質が傷つき肌荒れを起こす原因を作りだします。

●クレンジング剤の量が少ない

肌に馴染ませるときにクレンジング剤の量が少ないと、余計な摩擦が起こり肌を傷めてしまいます。

●時間をかけすぎている

しっかりとメイクを落とそうと時間をかけている人もいると思いますが、肌の潤いまで取りすぎてしまいます。

●熱湯、または冷水ですすいでいる

熱すぎるお湯だと肌の乾燥を促進し、冷水だと油分が固まってメイクをしっかりと落とすことができません。

ステップ5.これぞツルツル美肌を作る正しいクレンジング法!

正しいクレンジング法を毎日のスキンケアで実践することで、手軽にツルツル美肌を叶えることができます。今日から早速、実践してください!

①クレンジングを適量手にとる

まず、クレンジング剤を適量の半分手にとります。(適量は商品によって異なるため、取扱い説明書を参考にしてください。)

②Tゾーンから乗せていく

最初に顔の皮膚の中で比較的強い部分の額から鼻にかけたTゾーンにクレンジング剤を乗せて、指の腹を使いメイクと馴染ませていきます。

③Uゾーンに乗せていく

残りの半分の量のクレンジング剤を手にとり頬などのUゾーンに伸ばし、メイクと馴染ませていきます。

④最後は目元と口元

最後に最も皮膚が薄く弱い部分の目元や口元に馴染ませていきます。
ここは特にやさしく馴染ませていきましょう。

⑤ぬるま湯で洗い流す

ぬるま湯を使って、手早く洗い流していきます。顎や髪の生え際にクレンジング剤が残らないようしっかりと落としましょう。

常に肌トラブルを抱えているという人は、もしかするとクレンジングの際に余計な肌負担をかけてしまっていたかもしれません。
正しい方法で行うことで、肌への負担を緩和できツルツル美肌を目指すことができますよ。

まとめ

クレンジングでお肌が変わる!ツルツル美肌になるための5つのステップ

ステップ1.なぜ、クレンジングをする必要があるのか?
ステップ2.肌を傷めないクレンジングの選び方
ステップ3.クレンジングの種類と肌への刺激とは?
ステップ4.肌を傷めるクレンジングの使い方とは
ステップ5.これぞツルツル美肌を作る正しいクレンジング法!

RSSリーダーで購読する

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.