アンチエイジングの敵

アンチエイジングの敵

目の下のくまを解消して若くてハリのあるお肌を取り戻す5つの方法

「くまができても、放っておけば治るでしょう?」と思っている方は、大きな勘違いです。くまを解消するためには、きちんと自分でアクションを起こすことが大切なのです。そこで今回は【目の下のくまを解消する方法】をお伝えします。くまを消して、若々しいハリのある肌を取り戻しましょう!
ヘアケア

白髪の原因を知り、増やさない5つの対策

白髪の原因のひとつには「加齢による細胞の活動低下」があげられますが、加齢だけが白髪の原因ではありません。また、白髪を増やさない対策というものも存在します。 今回はステップを踏んで、白髪の原因とその対策についてご説明しますね。
アンチエイジングの敵

シナモンが毛細血管の減少をくい止める!美肌と若さを守る6つの方法

シナモンは、漢方薬では「桂皮(ケイヒ)」と呼ばれ、古くから生薬としても活用されてきました。血行を良くして冷えを改善したり、健胃作用などが知られていますが、最近では毛細血管の保護作用があるとして、美肌やアンチエイジングへの効果も期待されています。今回は、シナモンの効果で美肌と若さを守る方法についてお伝えします。
アンチエイジングの敵

活性酸素をやっつけろ!毎日の食事で老化を防ぐ6つの栄養素

活性酸素が、老化や生活習慣病を引き起こす原因と言われています。何としても減らしたい活性酸素。体内でこの活性酸素を無害化してくれる抗酸化物質は年齢と共に減ってしまうので、今日は食事で摂れる抗酸化物質をご紹介します。
アンチエイジングの方法

禁煙を成功させてアンチエイジングするための8つの秘策

喫煙により病気の引き金になったり、肌老化を促進させることをご存じですか?禁煙が成功すると、体調がとても良くなるだけでなく、見た目年齢も引き下げられるという嬉しい若返り効果があります。 今回は、禁煙を成功させてアンチエイジングするための8つの秘策をお伝えさせていただきます。
アンチエイジングのスキンケア

シミなんて怖くない!ハイドロキノン5つの活躍メカニズム

ハイドロキノンは、シミの原因となるメラニン色素の産生や、メラニン色素をつくる細胞であるメラノサイトを抑える働きを持つ注目の美白成分です。市販の化粧品の登場により、ハイドロキノンは誰でも手軽に使えるようになりましたが、刺激が強いため、正しい使い方を知っておく必要があります。
アンチエイジングのスキンケア

間違いだらけのメイク落とし!?7日間で変わる正しい美肌ケア

いつもどんな方法で、そして何を使ってメイク落としをしていますか? 実は間違った方法でケアをしていることが、あなたの慢性的な肌トラブルの原因を作り出しているのかもしれません。そこで今回は正しい美肌ケアについてお伝えします
ほうれい線対策

簡単に若返る!ほうれい線でがっかりしないための5つのヒント

ほうれい線があると、見た目年齢が一気に老けてしまいますよね。メイクで隠そうとつい厚塗りするとファンデーションが溝に入りこんでかえって目立ってしまいます。一度できてしまうとなかなか消えないほうれい線。今回は、このほうれい線を予防する毎日の習慣や、できてしまったほうれい線を解消するヒントをお伝えします。
アンチエイジングの敵

暴飲暴食をリセットして理想の体型を保つ5つの習慣

アンチエイジングを考えるお年頃になったら、暴飲暴食を控えなければ深刻な体調不良を引き起こしかねませんし、太ってはダイエットを繰り返すことは身体にとって大きな負担になってしまいます。心にも身体にも優しく、暴飲暴食をリセットする習慣について考えてみましょう。
アンチエイジングの方法

糖化はアンチエイジングの大敵!老化とは無縁の若見え術6選

本気のアンチエイジングを目指すならば、外側だけのケアでなく内側からのケアも同時に行わないと思うような効果を得られません。老化を促進させてしまう原因は外的要因だけでなく、内側で起こる糖化という現象も大きな原因になります。 そこで今回は、糖化を防止して若く見みえる術6選をお伝えさせていただきます。
アンチエイジングの敵

肩こりや不眠まで!?ブルーライトを軽視してはいけない理由と対策

最近ブルーライトという言葉をよく耳にしませんか?ブルーライトは人間の体に悪影響を及ぼすものということまでは皆さん知っているでしょうが、なぜブルーライトが不調の原因になるのかというと、知らないという人が殆どかもしれません。
アンチエイジングの方法

今すぐチェック!若年性認知症を疑った時の5つのチェックポイント

【若年性認知症】という病をご存知ですか?テレビなどで特集されているのを見たことある方もいるでしょう。 若年性認知症とは、64歳以下の人が発症する認知症の総称です。よく若年性 アルツハイマーと言う言葉を聞きますが、若年性認知症はアルツハイマー型だけではありません。