ヨーグルトダイエットで宿便も脂肪もスッキリなくなる5つの方法

yoghurt-diet ヨーグルトは、牛乳に乳酸菌を加えた発酵食品です。なぜダイエットにいいのでしょう? 乳酸菌は体にとって良い働きをする「善玉菌」と言われ、糖質を栄養に酸を作り出し、この酸が腸を刺激して便秘解消につながっています。腸の調子がよくなるので、腸の運動量が増え基礎代謝量アップになります。基礎代謝量が上がると何もしなくてもカロリー消費が増えるので、ダイエットになります。

また、この酸は、有害な菌である「悪玉菌」の増殖を抑え、免疫力アップに効果的です。ダイエットにも健康にもいいヨーグルト! 今回はヨーグルトを食べるダイエット方法をお伝えします。



ヨーグルトダイエットで宿便も脂肪もスッキリなくなる5つの方法

 

1.まずはヨーグルトを選ぼう!ヨーグルトの菌の種類と栄養素とは?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、いろいろな種類があります。その種類によって得意分野が違うのです。

・メタボ対策には「ガゼリ菌SP株
・抗アレルギー作用には「LGG乳酸菌 L-55乳酸菌
・美肌効果には「LB81乳酸菌
・ピロリ菌対策には「LG21
・血液サラサラ効果には「クレモリス菌

よくヨーグルトに入っていることで有名な「ビフィズス菌」は、実は乳酸菌ではありません!乳酸菌の100倍以上多く腸内にすんでいる善玉菌で、加齢とともに減少します。ビフィズス菌は、便秘解消、アレルギー症状を抑える、悪玉菌の増殖を抑える、血行をよくするビタミンKの合成、などの作用があるので、積極的に摂りたい菌の一種です。

また、ヨーグルトの栄養素には牛乳にも含まれるタンパク質、発酵によってより吸収されやすくなったカルシウム、乳酸菌によって牛乳の3~4倍も多く含まれるアミノ酸、があります。

2.便秘解消とダイエット…目的によってヨーグルトの食べ方が変わる?

便秘解消効果を狙うなら「食後」に食べましょう。食後で胃散が薄まっているので、乳酸菌が良い状態のまま腸に届きます。 ダイエット効果を狙うなら「食前」に食べましょう。グラス1杯くらいのヨーグルトを食前に食べることによってお腹が満足し、食事量が減ってダイエットになります。

ヨーグルトの効果をよりパワーアップさせるために、一緒に食べるとよい食品をご紹介します。 ・「果物」果物に含まれる食物繊維は、体内の消化酵素では分解されません。そのため、消化・吸収されないまま腸に届き、善玉菌の栄養源となってくれます。

オリゴ糖:善玉菌の栄養源となり、腸内環境を整えてくれます。
ショウガ:体を温めてくれます。
シナモンパウダー:代謝アップの効果があります。
スライスアーモンド:便通を促進してくれます。

3.朝・昼・夜…食べる時間帯でヨーグルトの効果が違う!

【朝ヨーグルト】
朝食にヨーグルトを食べると、体を活動的にする効果があります。また、腸が刺激されるのでお腹の調子を整えてくれます。
【昼ヨーグルト】
昼食にヨーグルトをデザートとして食べると、外食などで不足しがちなミネラル補給ができます。
【夜ヨーグルト】
実は腸が一番活発に動く「腸のゴールデンタイム」は、夜の22時~2時。夕食後にヨーグルトを食べることで、寝ている間に腸内環境を整えてくれ、ダイエットにつながります。
夜ヨーグルトダイエットの方法

①夕食後に200gのプレーンヨーグルトを食べる (お腹にたまるので夕食を軽めに。就寝3時間前までに食事は済ませましょう。)

②朝と夜の体重をはかる (自分の体重を把握しておくことがダイエットの基本!)

③腸ストレッチをする (寝る前に腸の働きを活発にさせるストレッチを。腕を頭の上でクロスさせ、手のひらを合わせます。腸を意識しながら体を左右に曲げたり、腰をまわします。)

4.ヨーグルトの効能を活用してダイエット!ヨーグルトプチ断食

デトックスとダイエットを兼ねて、週末2日間のプチ断食もオススメです。ヨーグルトによるプチ断食の効果は、腸内環境の改善、筋肉を落とさずダイエットできる、ドリンクだけのプチ断食より空腹のストレスが軽減する、などが挙げられます。

やり方は、

・2日間毎食、ヨーグルト100~120gと野菜ジュース200~400mlを摂る
・1日に水を1.5~2リットル飲む
・断食後の朝食は、おかゆなど消化の良い物を食べる

ポイントはこの3つだけ!ヨーグルトプチ断食後は味覚が敏感になるので、食生活を改善するきっかけにもなります。

5.最近話題の「ホットヨーグルト」は、ダイエットにより効果的!

ヨーグルトを温める?聞き慣れないし、「美味しいの?」と思いますよね。実は理にかなった方法です。 温めることでカルシウムの吸収がよくなり、代謝もアップします。冷たい食べ物は代謝が落ちるので、ダイエット中にはNG。

また、温めた方がお腹を壊さないのです。 作り方は簡単!耐熱カップにヨーグルト100ml、ハチミツまたはメープルシロップ大さじ1、水大さじ1を入れて混ぜ、レンジで1分加熱するだけ。 きなこや無糖ココア、ショウガなど入れてもいいですね。簡単にダイエット効果をあげてしまいましょう!

 

いかがでしたか?
ヨーグルトが体にいいと知っていても、より効果的な食べ方があるのはご存知なかったのではないでしょうか。特に「夜ヨーグルト」「ホットヨーグルト」はダイエットされる方にオススメです。今日からデザートに、ヨーグルトはいかがですか?

まとめ

ヨーグルトダイエットで宿便も脂肪もスッキリなくなる5つの方法

方法1.ヨーグルトの乳酸菌には、菌によってさまざまな効能がある!
方法2.便秘解消には「食後」、ダイエットには「食前」にヨーグルト
方法3.食べる時間帯によってヨーグルトの効果が変わる!ダイエットには夜がオススメ!
方法4.週末2日間のデトックス&ダイエット!ヨーグルトプチ断食
方法5.ヨーグルトをレンチンするだけ!「ホットヨーグルト」でダイエット


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.