ヨガでダイエットしながら前向きになれる5つの方法

Yoga diet

ダイエットをしていると、食べたい物が食べられなくてストレスが溜まったり、なかなか痩せない事にイライラしてしまうことがあります。無理な食事制限や負担の大きい運動はリバウンドしやすく、時には肌荒れや不眠症を起こしてしまう事も…。

心と体のバランスを整えるヨガでダイエットを行えば、そのような心配はありません。綺麗に痩せながら精神バランスを整える、ヨガのダイエット方をご紹介します!



ヨガでダイエットしながら前向きになれる5つの方法

方法1: ウジャイ呼吸で心を整えながらデトックス!


ヨガでダイエットを行う際に、最も重要とされるのは呼吸法です。ヨガには、腹式呼吸や胸式呼吸のほか、聞いた事も無いような呼吸法まで様々な呼吸法がありますが、全ての呼吸には、血液やリンパの循環を良くして代謝を促すと同時に呼吸を整える事で心を整えるという効果があります。

まずは、そのなかでも内臓器官を活性化し、感情をコントロールする効果があるとされる「ウジャイ呼吸法」で、内蔵を温めて代謝を促し、ネガティブな気持ちも手放してしまいましょう!

<ウジャイ呼吸法のやり方>

①あぐらの姿勢で背筋を伸ばし、顎を引きます。

②口を閉じたまま舌先を巻き、お腹をへこませた状態をキープしながら鼻から息を吸います。

③吸った空気が喉の後ろの方の器官を通って行くのを意識して、器官を細くするように腹圧をかけながら吸います。

④吸ったときと同じだけの時間をかけ、お腹をへこませたまま鼻から息を吐きます。

ウジャイ呼吸法は「勝利の呼吸法」とも呼ばれ、胸式呼吸のひとつです。名前だけでも前向きになれそうですが、
呼吸によって気の流れをコントロールすることで精神を安定させる効果があります。

方法2: 丹田呼吸法で血行を改善しながら徹底的に前向きに


もうひとつ、ヨガの呼吸法の中から、精神バランスを整える効果が特に高いものをご紹介します。「丹田呼吸法」という呼吸法は、数あるヨガの呼吸法の中でも腹式呼吸や胸式呼吸と並ぶくらい知名度が高いですが、心の安定や活性化を促す効果が非常に高く、うつ状態の人にも効果があると言われるほどです。

また、冷え性改善と血行改善がありますので、健康に体を温めながらダイエットをすることができます。

<丹田呼吸法のやり方>

①あぐらをかき、姿勢を正します。

②おへそから握り拳1つ分下にある「丹田」に意識を集中します。

③丹田→おへそ→胸→気管支→鼻の順に息を移動するイメージで、ゆっくり絞り出すように息を吐きます。

④鼻→気管支→胸→おへそ→丹田の順に、胸を膨らませずに、丹田を膨らませるようにしてゆっくり息を吸います。

丹田呼吸法では、横隔膜周辺の筋肉が鍛えられる他、呼吸をする際に下腹部の腹筋を使います。お腹周りのシェイプアップにも非常に効果があるでしょう。

方法3: 便秘解消の合せきのポーズで生理の不快感を改善


ダイエット中の女性にとって、最もを感じるのは生理中ではないでしょうか?せっかく痩せた体重がむくみで元に戻ったり、食欲をコントロールするのに苦労したりすると思います。

また、食事制限等の無理なダイエットでは、生理痛や生理不順などの症状の悪化も心配です。このようなストレスを避ける為にも、ヨガの合せきのポーズをダイエットに取り入れることをおすすめします。

<合せきのポーズのやり方>

①両膝を曲げて床に座ります。

②息を吐きながら股関節を開いていき、足の裏同士が合うようにします。

③息を吸いながら両足の先を自分の方に引き寄せ、背筋をちゃんと伸ばしてで5回深呼吸します。

合せきのポーズは非常にシンプルなポーズですが、ヒップアップや下腹部の引き締め、便秘解消に効果があり、ホルモンバランスを整えることで生理痛や生理不順、生理前のイライラの改善に効果があります。

方法4:  引き締め効果のあるワシのポーズでやる気を出す


ふくらはぎや太もも、二の腕の引き締めには、ワシのポーズが効果的です。体を絡めながらバランスをとる、少し複雑なポーズですが、ポーズを終えた後には全身の血行が良くなり、肩こりや腰痛の改善にも効果があります。

こちらのポーズはヨガのポーズの中でも少々難しく集中力が必要な為、続けて行くうちに自然と集中力をアップさせることができ、向上心ややる気を高めてくれる効果もあります。

<ワシのポーズのやり方>

①右手を顔の前で片手で拝むようにし、右腕に左腕を下からクロスさせて合掌します。

②左脚を上げて右脚だけで立ちます。

③右膝を少し曲げたら、左脚を右足に前から絡めます。できる人は左足先を更に右足にかけます。

④息を吐きながら、膝を曲げて遠くのイスに座るように腰を落とします。

⑤上半身を前屈させて、背筋を伸ばしたまま正面の一点を見つめます。

⑥体を絞るように全身に力をいれながら、30秒ほど深く呼吸をしましょう。

⑦反対側も同様に行います。

体が固い人は無理をしすぎず、自分のできる範囲で行いましょう。

方法5: お腹の脂肪を燃焼する赤ちゃんのポーズでリラックス


腹筋や苦しい運動は苦手だけどお腹周りをスッキリさせたい、という人は、全身の力を抜きながら行える赤ちゃんのポーズで、お腹周りの脂肪を燃焼させましょう。

ヨガでダイエットをする事のメリットは、このように、楽なポーズでも引き締め効果が得られるということです。胎児のように膝を抱えるこのポーズには、精神的な疲れを癒す、リラックス効果もあります。

<赤ちゃんのポーズのやり方>

①仰向けに寝ます。

②両膝を折り曲げ、両手で軽く抱きます。

③息を吐きながら両膝をきつく抱くようにして膝を胸に近づけます。首はまっすぐ伸ばしたまま肩の力を抜き、深呼吸します。

④息を吐きながら、頭を床から離します。

⑤膝と頭を近づけそのまま5回呼吸します。

腸は第二の脳といわれ、精神状態と深く関わっています。赤ちゃんのポーズは整腸作用にも優れている為、ストレスに弱く、お腹の調子が崩れやすいという人にも適したポーズです。


今回お届けした「ヨガでダイエットしながら前向きになれる5つの方法」はいかがでしたか? 健康で綺麗になる為にダイエットをするなら、痩せた後に明るい気持ちになれないと意味がありません。ダイエットをしては失敗を繰り返している人は、ダイエットをする事自体がストレスになり、体重だけでなく気持ちまで落ちてしまいがちです。

ヨガダイエットの効果は比較的緩やかですが、ストレスを解消しながら体重も落とせるバランスの良い方法だと思います!

まとめ

ヨガでダイエットしながら前向きになれる5つの方法

方法1: ウジャイ呼吸で心を整えながらデトックス!
方法2: 丹田呼吸法で血行を改善しながら徹底的に前向きに
方法3: 便秘解消の合せきのポーズで生理痛や生理不順を改善
方法4: 引き締め効果のあるワシのポーズでやる気を出す
方法5: お腹の脂肪を燃焼する赤ちゃんのポーズでリラックス


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.