生活習慣を改善して加齢臭を予防する6つの方法

Woman worries

年齢を重ねるごとに悩みとして出てくるのが加齢臭。加齢臭を放っている…と何となく感じ始めると、周囲との距離にも気を使うようになって、毎日が楽しくなくなりますよね。

加齢臭と聞くと、男性の悩みというイメージもありますが、実は女性でも出ています。そん悩みを解決すべくここでは、生活習慣を改善して加齢臭を予防する7つの方法をお伝えします!



生活習慣を改善して加齢臭を予防する6つの方法

方法1: そもそも加齢臭の元とは?


年齢を重ねると否応なくでてきてしまうのが、加齢臭。加齢臭はなかなか自分では気づかないものなので、知らないうちに身近な人に迷惑をかけていることもあります。そもそも加齢臭の原因は何のかというと、ノネナールという物質が元になっています。このノネナールという物質は、脂肪酸と過酸化脂質が結びついた時に、発生するもの。

年齢を重ねると、抗酸化力が低下してしまい、脂肪酸と過酸化脂質の分泌がどうしても植えてしまいます。そのため加齢臭の臭いであるノネナールが増加して嫌な臭いを放ってしまうのです。

方法2: 加齢臭は何歳くらいから出始めるの?


加齢臭が出始める年齢は一般的には、40歳以降からと言われています。ですが、体質や不規則な生活を繰り返している人、過剰なストレスを抱えている人の場合は、30代から出てくる人もいます。加齢臭は人によって、臭いの強さは異なりますが、ひどい人になると下着に加齢臭がしみついて、洗濯をしても取れないということもあります。

方法3: まずはしっかりと体や顔を洗うことが大切


加齢臭が気になり始めたら、まずは体や顔をしっかりと洗う習慣を身につけます。ポイントは皮脂を落とし切ること。皮脂が加齢臭の元になるので、こまめにオフしてください。特に顔は皮脂線がとても多いところなので、脂取り紙や汗拭き用のシートなどを使って、不要な皮脂を取り去ります。そして、お風呂タイムでは、皮脂が多く分泌される頭皮、耳の後ろ、襟足、背中を泡立てたボディタオルでゆっくりとやさしく洗います。この時に加齢臭効果がある柿渋成分が配合された、石鹸を使うのもおすすめです。

汚れを落としたいあまりに、ゴシゴシと力を入れてこすってしまう人がいますが、肌表面に傷がついてバリア機能が低下すると、より皮脂を分泌しようとする本来肌が持っている防衛本能が働きだして、余計に皮脂を多く出してしまうことになるので、注意が必要です。とにかくたっぷりの泡でやさしく丁寧に洗うのが加齢臭予防の鉄則です。

方法4: 食生活を見直して加齢臭を軽減させる!


加齢臭が強い人の共通点に、肉食ということがあります。お肉類をたくさん食べると、皮脂を多く分泌するようになってしまいます。もちろん、油分をたっぷりと含む揚げ物やスナック菓子も同様です。加齢臭予防には、野菜を中心とした食生活に改善することが大切です。

コンビニやファストフード店などで、食べ物は手軽に購入できますが、これらには油分がたっぷりと含まれています。ですから、できるだけ手作りに心がけたり、選ぶメニューもあっさりとした油が少ないものをチョイスするようにしましょう。

方法5: ストレスフリーを心がける


加齢臭の元になっているノネナールはシンプルにいうと、酸化してしまった皮脂。加齢臭は体の酸化を食い止めることで、軽減させることができます。体の酸化を促進させるものの一つに過剰なストレスがあります。体を老化傾向に導く活性酸素は、ストレスを受けると体の中でどんどん増えていきます。その結果、体から出る皮脂も急激に酸化して、加齢臭となって表面にあらわれるのです。

その日のストレスはその日の1日リセットするというライフスタイルを心がけてください。お風呂にゆったりと浸かり汗をかいてリフレッシュしたり、仕事の帰りにはスポーツをしてストレス発散するなど、工夫するのもいいですね。ストレスがなくなると、加齢臭が気にならなくなるだけでなく、毎日をイキイキとした体と心で過ごせるようになるので一石二鳥です。

方法6: サプリメントを利用して加齢臭予防を徹底する


加齢臭の元になるノネナールは、体が酸化傾向になった時に多く分泌されます。そのため、抗酸化力の強い成分を配合したサプリメントを利用することで、酸化を抑制することができます。

例えば、ビタミンEやC、βカロテン、アスタキサンチン、カテキンなどの抗酸化物質が配合されたものも良いです。また、これあらのサプリメントを継続して飲むことで、加齢臭だけでなく口臭などの気になる臭いも気にならなくなりますよ。ただし、継続しなければ思うような効果が得られないので、続けて飲むようにしてくださいね。


さて、今回の「生活習慣を改善して加齢臭を予防する6つの方法」はいかがでした?年齢を重ねてくると気になってくるのが、加齢臭。加齢臭はノネナールという物質が臭いの原因になっています。このノネナールは体が酸化傾向にあると多く分泌されるという性質を持っているので、日常の中で酸化しない工夫をするのが大切です。まず、加齢臭の対策としては体や顔をしっかりと洗い皮脂を洗い流すことが大切です。

そして、加齢臭予防としてできることは、野菜たっぷりのあっさりとした油分をあまり含まない食事に改善すること、ストレスをリセットすること、抗酸化力のあるサプリメントを摂ることです。上記の項目を参考にして、加齢臭を気にしない笑顔いっぱいの毎日を過ごしてくださいね。

まとめ

生活習慣を改善して加齢臭を予防する6つの方法

方法1: そもそも加齢臭の元とは?
方法2: 加齢臭は何歳くらいから出始めるの?
方法3: まずはしっかりと体や顔を洗うことが大切
方法4: 食生活を見直して加齢臭を軽減させる!
方法5: ストレスフリーを心がける
方法6: サプリメントを利用して加齢臭予防を徹底する


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.