恐怖!ターンオーバーの乱れで老け顔に!美肌になるための5つの習慣

ターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーはアンチエイジングでは当然重要な項目ですよね。

ターンオーバーとは、皮膚の最も奥にある真皮層で新しく生まれた皮膚細胞が表皮に上がっていき、最後に古い角質が剥がれ落ちるまでのサイクルのことをいいます。一言で言うと、肌の生まれ変わりのサイクルですね。

ターンオーバーの周期は、加齢とともにゆっくりになる傾向にあります。平均的な周期は20代で28日、30代で40~45日、40代では50~55日といわれています。しみやくすみなどができやすくなってきたら、ターンオーバーの働きが落ちているのかもしれません。

ターンオーバーを正常に保つことは、アンチエイジングにとても有効です。今回は、ターンオーバーを乱さず、美肌になるための習慣についてお伝えします!



恐怖!ターンオーバーの乱れで老け顔に!美肌になるための5つの習慣

習慣1.良質な眠りがターンオーバーを正常に導く

ターンオーバーは眠っている間に行われています。その理由は、肌の修復を促す成長ホルモンは睡眠時に分泌されているからです。ですから、睡眠時間はなるべく6時間以上、できれば、7〜8時間取るようにしたいですね。

そこで、ターンオーバーに重要な、夜の睡眠で分泌される成長ホルモンについてもう少し詳しく説明していきます。

成長ホルモンは、成長期の子どもに必要なホルモンというイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、大人でも分泌されています。

成長ホルモンには細胞分裂を活発化させる効果があり、アンチエイジングホルモンとも言われています。成長ホルモンが活発に分泌されるのは22時~2時です。美肌のためにはなるべく規則正しい生活をして、早寝早起きをするのが理想です。

なかなか寝つけない、という人は、

・就寝の3時間前までに食事を済ませる
・寝る前に湯船にゆっくりと浸かる
・お気に入りのアロマを炊いてリラックスする
・寝心地のよいパ ジャマを着る

など、眠りやすくなる環境づくりをしてみてはいかがでしょうか?

習慣2.食事で内側からも美肌ケア

ダイエットや忙しさで栄養の偏った食事をしていると、ターンオーバーが乱れ肌トラブルにつながります。美肌のために、特に意識して摂りたいのはたんぱく質とビタミンです。

たんぱく質の脂肪が気になる場合は、脂肪の少ない赤身の肉や鶏のささ身、魚、大豆食品などを食べましょう。魚の中でも特に青魚はDHAやEPAといった良質な油を含むおすすめ食材です。

また、大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれる、女性にとって嬉しい食材です。

ビタミンたっぷりの野菜なら、たくさん食べても太りません。特に旬の野菜やフルーツは手に入りやすく、栄養も豊富です。フルーツは、タンパク質や炭水化物と一緒に食べると、食べ合わせが悪く、消化の負担になるので、朝、フルーツだけ食べるようにすると、ナチュラルなビタミン類を摂ることができて、しかも、朝フルーツを食べることにより、甘い果実のカロリーのほとんどが、一日の活動の中で消化されてしまうので、『余計な脂肪になるのでは?』と心配している方も安心です。

野菜は夜の食事に食べるなら、ご飯などの炭水化物を食べる前に摂るようにしてください。食べる順番を変えるだけで、血糖値が急激に上がるのを防ぎ、余計な脂肪として体に付くことを防ぐことができますので、しっかり食べてお肌のために内側からもケアしたいですね。

習慣3.タバコは老け顔を加速!お酒はたしなむ程度に

タバコを吸うと肌の血流が悪くなります。活性酸素も発生させるため、ターンオーバーを乱して急速に肌の老化が進みます。美肌でありたいなら、タバコとは決別すべきです。

また、お酒を摂り過ぎると、アルコールを分解する肝臓に負担がかかってしまいます。肝臓は体内の有害物質を排出する解毒機能が備わっているため、肝臓の働きが落ちると解毒機能が充分に働かなくなり、肌トラブルが出やすくなります。お酒を飲むならたしなむ程度にしましょう。

冷たいビールはおいしいですが、体を冷やしてしまうという欠点があります。冷えると代謝が下がるので美肌に良いとはいえません。夏でもキンキンに冷えたビールは飲み過ぎないようにしたいものです。寒い季節にお酒を飲むなら、体を温める熱燗やホットワインがおすすめです。

習慣4.注意!ストレスもターンオーバーに悪影響

適度なストレスは程よい緊張感を与え、生活にハリをもたらしますが、ストレスが過度になると自律神経や免疫系、内分泌系の働きに影響が出て、ターンオーバーが乱れやすくなります。残業続きでストレスを感じたり、異動したばかりで緊張が続いた時に肌が荒れた、といった経験は、誰もがお持ちではないでしょうか?

そんな時は、頑張っている自分を褒め、帰宅後や休日は好きなことをしてストレスを解消できるようにしましょう。適度な運動やストレッチもおすすめです。体を温めて代謝も上がり、ほど良い疲れが良質な睡眠にもつながります。

習慣5.正しいスキンケアが鉄則

日々の生活習慣をチェックしたら、最後はやはり正しいスキンケアが鉄則です。 ターンオーバーの周期は早ければ良いというものではなく、遅過ぎても早過ぎても肌トラブルを招きます。ターンオーバーを必要以上に早めてしまうのが、洗い過ぎです。洗顔では肌をゴシゴシ洗わずやさしくなでるように洗いましょう。

洗顔後は化粧水と乳液で保湿をしっかりとして潤いを保てるようにします。夏は強い紫外線から肌を守るため、日焼け対策も忘れずに行います。日焼け止めは2~3時間おきに塗り直すのが効果的です。


 

さて、美肌になるためにターンオーバーを促進させる習慣についてお伝えしましたがいかがでしょう。
こうして見ると、体をいたわり、肌をいたわる生活習慣が、ターンオーバーを正常に保つコツであることが分かりますね。

生活習慣はメチャクチャだけど肌だけは美肌、なんていうことはありえないのです。ターンオーバーを乱さない生活習慣で、あなたの美肌を保ってくださいね。

まとめ

ターンオーバーの乱れでなくして美肌になるために

・ターンオーバーを正常に導くてために7〜8時間の良質な眠りが必要
・食事で内側からも美肌ケアのためにたんぱく質とビタミンを意識して摂る
 タンパク質:脂肪の少ない赤身の肉や鶏のささ身、青魚、大豆食品など
 ビタミン:旬の野菜やフルーツを食べる。
 食べ方:フルーツは朝食べる。野菜はご飯などの炭水化物の前に食べる
・タバコは老け顔を加速するので決別する!
・お酒はたしなむ程度にする
・ストレスもターンオーバーに影響するので運動やストレッチを習慣化する
・毎日の洗顔はゴシゴシ洗わない
・日焼け止めは2~3時間おきに塗り直す習慣を


免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.