前歯の虫歯治療で歯医者に通う前に知っておくべき5つのこと

anterior-teeth

あなたはどのくらいの頻度で歯医者に行っていますか?

虫歯があってもなかなか歯医者に行かない人も結構いるようですが、前歯が虫歯になってしまったらやっぱり気になりますよね?

虫歯になった前歯を綺麗にする為には、どのような治療をしてもらうのが良いのでしょうか?

今回は、前歯の虫歯治療の前に知っておくと役立つ情報をご紹介します!



前歯の虫歯治療で歯医者に通う前に知っておくべき5つのこと


その1:審美治療のある良い歯医者さんを選ぶ


前歯の虫歯に限らず、良い歯医者さんを選ぶ事は、虫歯治療の基本です。特に、前歯は他人から見える場所ですので、見た目の美しさも重要になります。通常の治療の他に、審美治療に力を入れているところを選ぶのがベストですね。とはいえ、初めて行く歯医者では、必要のない高額な自費治療を勧められたりしないか心配ですよね。

口コミ評価も個人差があるので良い歯医者さんを見分けるのは難しいですが、一般的に選ばない方が良いといわれているのは、「担当医がよく変わる」「説明が不十分」「従業員の態度が悪い」などに当てはまる歯医者です。

まずは検診に行ってみて、前歯の虫歯について質問しながら様子を見てみましょう。大切な前歯ですから、あまり良くなさそうなら、迷わず別の歯医者に変え、良い歯医者さんを選ぶようにしましょう。


その2:初期の虫歯はレジンでの簡単な治療で治せる


前歯の虫歯に気付いたら、なるべく早めに歯医者で治療する事が一番です。前歯は人からも見えやすい場所なので、綺麗に治らなかったらどうしよう、などと不安になる人も多いかもしれませんが、ほとんどの場合は保険治療の範囲内で綺麗に治ります。

初期の小さな虫歯なら、虫歯の部分を少し削ってレジンを詰めるだけです。麻酔をするので痛みもほとんどなく、数回の治療で完治します。年齢の若い人ほど歯の神経が大きく、少し削るだけでも響く事がありますので、痛みに弱い人は麻酔を多くしてもらうようにはじめに言っておくと良いでしょう。

また、神経が残せないほど虫歯が進んでいる場合は神経を取って、前歯の全面を被せるか、場合によっては別の治療になりますが、最近では治療法の技術が進んでいるので、綺麗な見た目に治してもらう事が可能です。


その3:レジン治療をする際は、削る前に仕上がりの相談を


前歯の虫歯治療を受けるほとんどの人が、虫歯の部分を削ってレジンを詰める事になると思います。虫歯を削った後に詰めるレジンは、詰めた後は元の歯の色と変わらない仕上がりですが、年数が経つにつれて黒っぽく変色していきます。

変色してしまったら、再度新しいものに詰め直してもらう事はできますが、なるべく詰め直しが少なく済むように、仕上がりの相談をしてから治療してもらいましょう。 虫歯の程度や位置にもよるのですが、歯の表面側から削る場合、虫歯を綺麗に削る事ができる代わりにレジンを詰めた部分が見えやすくなります。

逆に、ミラーを使って後ろ側から削った場合はレジンが見えづらいので、変色してきてもあまり目立ちません。どちらも一長一短ですが、治療の前に相談して、自分の虫歯の状態にあった治療で、一番メンテナンスしやすいように治してもらいましょう。


その4:前歯の治療には、歯茎の状態が肝心


前歯の虫歯を治療する際には、歯茎の状態も一緒に見てもらいましょう。前歯にレジン等の詰め物をしたり、差し歯や被せものをする時は、歯茎の高さに合わせて治療をします。

歯茎が腫れていると、治療した後に高さが変わってしまい、歯の根元が見えてしまう事もあります。また、歯茎からの出血があると、被せものの型をうまく撮れない場合があります。

場合によっては、歯茎の治療を先にした方が良い事もありますので、歯茎の状態を自分でも確認して、心配があれば一緒に治療してもらいましょう


その5:前歯に金属を使うと歯茎が黒くなる


前歯の虫歯が進行してしまい差し歯を検討している場合、見た目を気にするなら、土台や被せものの内側に、金属を使用しているものは避けましょう。歯や歯茎に金属が常に触れていると、金属イオンが溶け出して歯や歯茎を黒くしてしまいます。

保険治療でできる差し歯は、土台や被せものに金属が使われているので、費用は掛かってしまいますが、自費治療で、金属を使用していない差し歯を作ってもらうようにしましょう。金属によって歯茎が変色してしまうと、それを治療するのはとても大変ですし、変色してしまった歯茎の治療は、もちろん保険対象外ですので、始めから金属を使用していない差し歯にした方が良いでしょう。

 

今回お届けした前歯の虫歯治療で歯医者に通う前に知っておくべき5つのことはいかがでしたか?
見た目を左右する前歯の虫歯の治療は、心配な事も多いかもしれません。早めに治療すれば簡単で綺麗に治療する事ができますし、虫歯が進行していても最近は治療法がとても発達しています。歯医者さんが苦手な人も、思い切って治療をしてスッキリしてしまいましょう!

まとめ

前歯の虫歯治療で歯医者に通う前に知っておくべき5つのこと

その1:審美治療のある良い歯医者さんを選ぶ
その2:初期の虫歯はレジンでの簡単な治療で治せる
その3:レジン治療をする際は、削る前に仕上がりの相談を
その4:前歯の治療には、歯茎の状態が肝心
その5:前歯に金属を使うと歯茎が黒くなる

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.