突発性難聴予備軍にならないためにストレスを解放する5つの方法

突発性難聴

突然耳の聞こえが悪くなり、時にめまいも伴う突発性難聴は、最近女性に増えている病気です。突発性難聴になるはっきりした原因は不明ですが、ストレスが大きく関わっていることが分かっています。普段から、耳鳴りや冷え、便秘・下痢などの胃腸の不調、手足の震えといった症状があれば、あなたも突発性難聴の予備軍かもしれません。

突発性難聴の予備軍にならないようにするためには、日頃からストレスケアをすることが効果的です。また、もし耳の調子がおかしいと感じたら、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診しましょう。

今回は、突発性難聴の基礎知識や治療方法、突発性難聴の予備軍にならないためのストレスケアの方法についてお伝えします。



突発性難聴予備軍にならないためにストレスを解放する5つの方法

方法1.突発性難聴の基礎知識


突発性難聴には、急に片耳が聞こえなくなる、耳が詰まったような感じがするといった症状があります。内耳にある三半規管は平衡感覚も担っているため、めまいも起こりやすくなります。耳鳴りもよくある症状です。これは、聞こえが悪くなった耳の感度を上げるための脳の過剰反応によるものです。

このような異常を感じたら、2日以内に治療を始めるのがもっとも有効とされています。遅くても1週間以内には耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

突発性難聴のはっきりした原因は解明されていませんが、ストレスによる自律神経の乱れが関わっていることは確かです。強いストレスが続くと、リラックス状態となる副交感神経への切り替えがうまくできず、常に緊張状態の交感神経が優位となり、脳がトラブルを起こして耳に異常をきたすと考えられています。

方法2.突発性難聴の治療方法


突発性難聴の治療には、血流を改善する薬や、ステロイド、ビタミン剤、利尿剤などが使われます。ほとんどのケースが、難聴は片耳に一度だけ起こり、再発は起こりません。

治療の結果は、完治するケースが3割、ある程度聴力が回復するケースが3割、聴力が回復しないケースが3割となっています。異常を感じたらすぐ耳鼻咽喉科を受診することが重要ですが、まずは突発性難聴の予備軍にならないように予防をしましょう。

一番の予防法はストレスを溜め込まないことです。ここからは、ストレスを解放するために効果的な方法をご紹介します。

方法3.音楽療法で突発性難聴予備軍を予防しよう


まず、突発性難聴予備軍にならないためにおすすめなのが音楽療法です。

近年は音楽療法が広く認知されるようになり、ストレスをケアするための音楽を集めたCDも多く発売され、ブームとなっています。そんな音楽療法は、耳鳴りや難聴の予防・改善にも効果があると見込まれています。

たとえばモーツァルトの曲は音楽療法に有効とされていますが、それは、モーツァルトの曲は副交感神経の働きを高める効果が大きいためです。モーツァルトの曲は、副交感神経の出口にある脳の延髄領域を適度に刺激する高周波音が多いことや、自然音に近いゆらぎがあるので心が安らぐことなどが理由です。

ストレスケアとして活用できる音楽は種類が豊富に揃っているので、お気に入りの音楽を選びやすいのも魅力ですね。短時間でも自分のための時間を作り、リラックスした気持ちで音楽を楽しみましょう。

方法4.朝食を食べて心身を元気にしよう


突発性難聴予備軍にならないためには、バランスのとれた食事も効果的です。

特に朝食には、心身を元気にするたくさんのメリットがあります。朝食をとることで体温を上げて冷えを改善し、お通じを促し、集中力を高めることができます。文部科学省の調査でも、小学生は朝食をとる頻度が高いほど、学力テストも体力テストも成績がいいという調査結果が出ています。

また朝食をとると、とらない場合に比べ、1日を通して血糖値の上昇が緩やかになるというメリットもあります。血糖値の乱高下は自律神経を乱して交感神経を優位にし、脳の神経が傷みやすくなるため、耳鳴りや難聴が起こりやすくなると考えられています。他に、血糖値が乱高下するとイライラや集中力がなくなる原因にもなります。

このように、血糖値の上昇を緩やかにし、心身を元気にする効果のある朝食は毎朝きちんととりましょう。冷えを予防するためにも、温かいメニューがおすすめです。

方法5.ヨガの腹式呼吸を取り入れよう


突発性難聴予備軍にならないためには、腹式呼吸を取り入れるのも効果的です。

腹式呼吸には、交感神経を優位にしてリラックスする効果があります。現代は、緊張が続いていつの間にか呼吸が浅くなっている人が増えているようです。

腹式呼吸を取りれたエクササイズとしておすすめなのはヨガです。ヨガは呼吸と瞑想、姿勢を意識したエクササイズで、心の安定を重視しているため、運動しながらストレスケアをしたい場合には理想のエクササイズといえます。通常のヨガの他、高温多湿の部屋で行うホットヨガや、天井から吊るしたハンモックを使うエアリアルヨガなどがあります。気になるものは体験してみて、より自分に合う方法を探してみましょう。


いかがでしたか?

突然症状の出る突発性難聴には日頃のストレスが関わっており、完治しないケースもあるため、普段から突発性難聴予備軍にならないためのストレスケアをすることが大切です。

音楽療法や朝食をとる習慣、ヨガの腹式呼吸などを取り入れて、ストレスを溜め込まずに解放する習慣をつけましょう。

まとめ

突発性難聴予備軍にならないためにストレスを解放する5つの方法

方法1.突発性難聴の基礎知識
方法2.突発性難聴の治療方法
方法3.音楽療法で突発性難聴予備軍を予防しよう
方法4.朝食を食べて心身を元気にしよう
方法5.ヨガの腹式呼吸を取り入れよう


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.