お腹が張る原因別! すぐに効果がある5つの解消法

stomachache

理由は良くわからないけれど、お腹が張るからズボンがキツイ。お腹が張るという悩みから、すぐにでも解消されてスッキリしたい。このようにお腹が張るという身体の不調に、日々悩まされているという方はたくさんいます。男女・年代問わず、共通の悩みと言えるでしょう。

実は「お腹が張る」という症状の裏には、さまざまな要因が隠されているのです。まずは、お腹の張る原因を特定して、それに見合った対処をしていく必要があります。 そこで今回は「お腹が張る原因別! すぐに効果がある5つの解消法」と題してご紹介します。 最初にお伝えしておきますが、医薬品には頼りません!あくまでも身体に備わった回復力を引きだす方法をお伝えします。



お腹が張る原因別! すぐに効果がある5つの解消法

 

1.便秘でお腹が張るときは整腸作用のある食材で解消しよう


多くの女性が悩んでいる「便秘」。便が出ないことで腸内にガスが溜りひどい場合には、吐き気を催すこともあるほどです。そこで今回は、医薬品に頼らずにお腹の張りを解消する食べ物をご紹介します。 1番のオススメは「春菊」です。春菊に豊富に含まれている葉緑素には、腸の働きを高め、ぜん動運動を盛んにする効果があるので自然な排便が期待できます。

冬の寒い時期には鍋物に欠かせないアイテムなので積極的に食べるようにして下さい。また野菜の中では食物繊維の豊富なもやしも、腸内環境を整えるのには最適な食材です。他にも便秘に効果的な野菜として、キャベツ・ニラ・ピーマンなどがあるので、是非毎日の食事メニューに加えてみてはいかがでしょうか。

2.お腹が張るのは食べすぎが原因!プチ断食に努めよう


ホテルバイキング・焼肉・スイーツ食べ放題など少し食べすぎてしまった翌日に、お腹の張りに苦しめられる人もいます。特にお肉や揚げ物など消化しにくいものをたくさん食べた時は、消化不良になりガスが発生しやすくなるのでお腹の張りが出やすくなるのです。 そこで食べ過ぎた翌日は、思い切って「プチ断食」にトライしてみましょう。

断食と言っても、全く食べないわけではありません。食物繊維が豊富な野菜をたくさん使ったスープやビタミンや酵素を豊富に含んだ果物などを、小腹が満たされる程度食べるようにして下さい。食べすぎたことで疲れた胃腸を労りながら、腸のぜん動運動を促すにはプチ断食は最適な方法です。お腹が張る時は食事を控えて、1度身体をリセットしましょう!

3.ストレスでお腹が張る…自分をリラックスモードにする方法


消化器官は、自律神経によって支配されています。ですからストレスが溜まって、自律神経が乱れると腸の働きが鈍くなり消化不良を引き起こしてしまうのです。 消化不良になるので腸内でガスが大量に発生し、結果としてお腹が張って苦しい思いをするのです。

そこで自分をリラックスモードにして自律神経の働きを正常に保つことが、お腹の張りを抑えることに繋がるのです。好きな音楽を聴く・適度な運動・映画を見て現実逃避・人と話す・外出するなど、それぞれ自分に合ったストレス発散方法を見つけて、1日のうちに意識的にリラックスする時間を設けましょう。

4.お腹が張る原因の1つに加齢!? 食事方法を見直しましょう


あまり知られていないのですが、お腹が張る原因の1つに「加齢」があります。年齢と共に腸の働きも悪くなるので、若い時は便秘知らずであった人も、年齢を重ねるごとに便秘がちになってしまうのです。 女性は特に更年期を迎えたと同時に、お腹の張りや便秘に悩まされる方が続出しています。

そこで、お腹の張りを解消するために、気を付けて欲しいのが「食事内容」です。 若い時は、肉中心の食生活や油っこい物を食べてもきちんと消化できたでしょうが、10年後20年後も同じように消化できるかと言ったら…そううまくはいきません。年齢に合わせて食事メニューも、消化の良いものに変えていく必要があるのです。

5.ガスがお腹の中がグルグル!4つの生活習慣を見直そう


腸の中をガスがグルグル回っていると、何だか気持ち悪くなってきませんか?最近では、腸内で発生するガスを抑制する医薬品も発売されていますが、医薬品に頼らなくても生活習慣を見直すだけで不快なガスから解消されるのです。
ここでは、4つの生活習慣の見直しをオススメします。

1、ホッカイロでお腹を温めた後に、下腹部を押してガス抜きマッサージをする。
2、ゆっくりよく噛んで食べる。(空気を飲み込まずに食べるようにする)
3、腰を軽く叩いて、腸を刺激する。
4、朝一番に白湯を飲んで、身体を温めながら刺激する。

これらの生活習慣をしっかりと取り入れて、快適な腸生活を送りましょう。

 

いかがでした?
今回ご紹介した解消法は、あくまでもお腹が張るという不快症状が数日続いている・吐き気や発熱など他に体調不良が出ていないなどの比較的症状が軽い場合に適用されます。 何か月もお腹が張る・痛みや吐き気を伴う・耐えられない苦痛などの書状がでたときは、早急に病院を受診するようにしてください。中にはお腹の張りが、重大な病気のサインである場合もあるので注意が必要です。

まとめ

お腹が張る原因別! すぐに効果がある5つの解消法

解消法1、便秘でお腹が張る時は整腸作用のある食材をフルに使って解消する
解消法2、お腹が張るのは食べすぎが原因!プチ断食に努めよう
解消法3、ストレスでお腹が張る…自分をリラックスモードにする方法
解消法4、お腹が張る原因の1つに加齢!? 食事方法を見直しましょう
解消法5、ガスがお腹の中がグルグル!4つの生活習慣を見直そう


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.