足の裏のツボを毎日15分刺激するだけで女性特有の悩みを解決する方法

足裏のツボ

足の裏には、体の様々な場所の不調を解消することのできるツボが集まっています。足ツボを押すと血液循環が促進され全身がぽかぽかと暖かくなりますが、足ツボの刺激は、体の冷えと深く関係のある女性特有の悩みの解消にとても役立ちます。

また、女性ホルモンの分泌に関係するツボも足の裏にありますので、生理痛や月経不順に悩む女性にも効果があります。今回は、数ある足の裏のツボの中から、女性の悩みを解消する足ツボをご紹介します!



足の裏のツボを毎日15分刺激するだけで女性特有の悩みを解決する方法


方法1:冷え性解消のツボ、至陰(しいん)


風邪やインフルエンザも流行するこの季節、女性のお悩みナンバーワンと言っても過言ではないのが冷え性です。女性は男性に比べて筋肉量が少ない為、どうしても冷え性になりがちですが、血液循環を促進させて冷え性を解消してくれるツボ、「至陰(しいん)」を刺激して体を温めましょう。至陰は足の裏の小指に位置します。

<至陰の位置>
両足の小指の外側、爪の生え際から1、2ミリ下で押すと痛みを感じるところです。

<至陰の押し方>
①まずは足の小指全体を両手で揉みほぐします。
②親指と人差し指でツボを左右から挟みます。
③3分〜5分かけてゆっくりと圧をかけて押します。

はじめは痛みを感じる場合もありますが、痛みがなくなるまで毎日念入りにツボ押しを続けましょう。

 


方法2:便秘を改善するツボ、厲兌(れいだ)


慢性的な便秘は肌荒れやくすみを引き起こします。胃腸の働きを助けて便秘を解消してくれる「厲兌(れいだ)」を刺激して、腸のぜん動運動を活性化させましょう。胃腸が悪い人は特に強く痛みを感じるツボですので、普段の食生活の見直しとともに自分の体の状態をチェックしてみましょう。

<厲兌の位置>
両足の人差し指の爪の横、中指側に位置します。

<厲兌の押し方>
①親指と人差し指でツボを左右から挟みます。
②痛みを感じる部分を強めに押しながら、15回程つまみ上げるように刺激します。

足の裏には胃や腸の反射区もあります。こちらのツボと合わせて揉み解す事で効果をアップさせると良いでしょう。

 


方法3:左右のかかとにある生殖腺は生理痛緩和に効果大


食生活やストレスの影響により、毎月重い生理痛に悩まされている人や生理前の体調の悪化に悩まされている女性は増えています。子宮機能を上げる生殖腺は、足の裏の中で一番硬い部分、かかとにあります。この部分が硬くかさついている場合は子宮の状態が悪い証拠ですので、念入りにケアして体の内側から辛い症状を和らげましょう。

<生殖腺の位置>
左右のかかと全体に位置します。こちらはツボではなく反射区になりますので、広い範囲を揉みほぐすようにすると良いでしょう。

<生殖腺のほぐし方>
①左足は右手、右足は左手で揉み解します。
②揉み解す方と反対の手で足首を抑え、かかとを開くように支えます。
②親指の腹や人差し指の第一関節を使い、刺激します。

 


方法4:情緒不安定や更年期障害に効く湧泉(ゆうせん)


不安感やイライラ等の症状はホルモンバランスの乱れや自律神経に関係しています。精神的な症状は女性特有のものではありませんが、一般的にはホルモンバランスが乱れがちな女性に多い症状です。元気や活力が泉のように湧いてくるという意味を持つ「湧泉(ゆうせん)」は、精神的な疲れや痛み、体の火照りなど、様々な症状の解消に即効性があります。

<湧泉の位置>
足の裏の上部の2つのふくらみの中心、指を丸めた時にくぼみのできる場所です。
湧泉(ゆうせん) <湧泉の押し方>
①両手の親指をツボの位置にあて、4本の指で足の甲を支えます。
②3秒押して3秒離すを数回繰り返します。

指で刺激するだけでなく、青竹やゴルフボールを使って刺激するのもおすすめです!

 


方法5:夕方の脚のむくみは足心(そくしん)でケア


ヒールを履く人に多い夕方の脚のむくみには、腎臓の働きをよくして体内の水分を排出してくれるツボ、「足心(そくしん)」がよく効きます。毎日忘れずにケアをする事で、次の日の朝に響かない、スッキリとした脚を手に入れましょう!

<足心の位置>
足の裏の真ん中、人差し指とかかとを結んだ線上に位置します。
足心 <足心の押し方>
①親指の腹でツボを抑え、残りの4本の指で甲側から支えます。
②3分〜5分程、強弱をつけながら押します。

 

今回お届けした足の裏のツボを毎日15分刺激するだけで女性特有の悩みを解決する方法はいかがでしたか? 体には内側から体の不調を改善できるツボがたくさんあります。その中でも足の裏に位置するツボは、自分で容易に刺激する事ができるためセルフケアにはぴったりです。足の裏の色や艶の状態や、どれくらい痛みを感じるか等を意識しながら、自分の体と向き合うきっかけにしてみてくださいね!

まとめ

足の裏のツボを毎日15分刺激するだけで女性特有の悩みを解決する方法

方法1: 冷え性解消のツボ、至陰(しいん)
方法2:便秘を改善するツボ、厲兌(れいだ)
方法3:左右のかかとにある生殖腺は生理痛緩和に効果大
方法4:情緒不安定や更年期障害に効く湧泉(ゆうせん)
方法5:夕方の脚のむくみは足心(そくしん)でケア


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.