メラトニンで老化防止!体内時計の乱れがあなたを老けさせる理由

睡眠 メラトニン

あなたは毎晩質の高い睡眠をとれていますか?実は美容と睡眠はきっても切れない関係にあります。ぐっすりと深い眠りの睡眠がきちんととれているだけでも、美肌をキープでき、さらにはアンチエイジングにも役立つのです。そして質の高い睡眠をとるために大切なポイントになるのが、メラトニンです。

そこで今回は、メラトニンが老化防止に重要な役割をしている理由をお伝えします。



メラトニンで老化防止!体内時計の乱れがあなたを老けさせる理由

1.睡眠が美肌を作るといわれる理由

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠の2種類があります。私たちは眠っている間、この2つを繰り返しています。浅い眠りとは脳は起きている状態で、深い眠りのときは脳も眠っており血圧が低下して呼吸も安定した状態になっています。

この2つは90分を1セットとしていて、一晩に4~6セット繰り返されます。中でも特に注目したいのが、寝付いてからすぐにくるノンレム睡眠です。一晩のうち、最も深く眠っている状態で、成長ホルモンという成分がたくさん分泌されています。成長ホルモンは体の疲れをいやして、細胞を回復させるなどの働きをしているので、高い美容効果ももっています。皮膚の細胞はどんどん新しくなって肌もつやつやとしてきます。

このように、睡眠は美容と切っても切れない関係にあります。そして、よりよい睡眠をとるために欠かせないのが、メラトニンです。メラトニンがスムーズに分泌されることで、快眠を得ることができるのです。

2.ただ眠るだけでは良い効果は得られない

さきほどもお伝えしたように成長ホルモンは睡眠に入ってはじめの3時間の間に分泌されているので、特にこの時間の睡眠が深くて良質な必要があります。

それにはまず、寝る環境を整えることが大切になります。最近では寝る直前までパソコンを見ていたり、スマホを使ってメールをしていたりと脳が活発に動いたまま、ベッドに入っている人が少なくありません。

これでは深い睡眠をとるにはなかなか難しくなってしまいます。寝る1時間前から寝室の照明を暗めにしましょう。そうすることで、メラトニンという睡眠へと誘うホルモンが分泌されて睡眠の準備が始まります。もし外の明かりが気になるようであれば、遮光カーテンなどを使って、睡眠を邪魔されない環境をつくってメラトニンが出やすくしてくださいね。

3.睡眠のサイクルを上手に活用する

気持ちよく起きられる睡眠をとることも、メラトニンをスムーズに分泌するために大事なポイントとなります。さきほどもお伝えしたように、眠りの深いノンレム睡眠と眠りの浅いレム睡眠が90分ごとに交互に訪れています。

したがって、6時間、7時間半というように1時間半の倍数で睡眠のサイクルを設定すると、いいリズムになりやすく目覚めやすいのです。といっても、寝始めにやってくるのが、ノンレム睡眠、目覚めの準備に入りやすいのがレム睡眠なので、睡眠時間は6時間、9時間といった3時間ごとになるのが理想的です。

目が覚めたら、次の睡眠のリズムに入らないように体を起こしましょう。部屋を明るくしたり、目覚めに水を1杯飲んだりするとすっきりと目覚めやすくなります。このサイクルが上手に活用できるようになれば、メラトニンが分泌しやすくなります。

4.メラトニンをしっかりと分泌するコツ

ここでは、メラトニンをしっかりと分泌して快適睡眠を得るためのコツをご紹介します。

●寝る直前まで電話をしたり、興奮するテレビを見ない
●運動不足は眠れない原因に。なるべく歩いたり運動する機会を作る
●休日の朝寝坊はほどほどに。体内時計が崩れ不眠の原因になる
●敷布団はやや固めのものを。柔らかすぎるとお尻が沈み眠りが浅くなってしまう
●寝る1時間前くらいから、室内の照明を落とす
●寝室の寝具の色は気分を落ち着かせる淡い色でまとめる
●お風呂に入るタイミングは寝る3時間前がベスト
●朝起きたらベランダに出て朝日をたっぷり浴びる。朝日浴びてから約15時間後に眠気を起こさせるメラトニンが分泌される

5.快眠を得るために知っておきたいポイント

しっかりとメラトニンを分泌して、質の高い快適睡眠を得るために行いたいポイントをご紹介しますね。

●アロマオイルを活用…香でリラックスへ導くアロマをたくのもおすすめです。ラベンダーやカモミール、マンダリンなどのオイルが眠気を促す
●難しい本を読む…人間の脳は安定を好むので、難しい物事に出会うと休む方向へと働きます。就寝前に難しそうな内容の本を読むのがおすすめ
●ストレッチなどの軽い運動をする…息が上がらない程度の軽い運動をして、少し体温を上げ体温が下がりだしたころに布団に入れば、眠りのスイッチがオンになります
●枕の高さは7㎝…寝た時に首のカーブになるように支えてくれる枕が体に合っている枕です。首の後ろにあたる部分が女性の場合7㎝前後、後頭部にあたる部分が5㎝程度の高さが理想です

いかがでした?

質の高い睡眠には高い美容効果があるので、アンチエイジングにも力を発揮してくれます。質の高い睡眠とはノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルがスムーズに行われている眠りです。

このサイクルをスムーズにするために大切なのが、メラトニンです。メラトニンが上手に分泌されることで、自然な形での眠りがやってくるようになり、快眠を得られるようになります。メラトニンをしっかりと分泌するコツが、朝日を浴びること、適度に運動をする、寝る1時間前くらいから照明を落とすなどです。

また、質の高い睡眠を得るためには、寝る環境を整えることも大事です。メラトニンをたっぷりと分泌して、いつまでも若しい肌をキープしてくださいね。

まとめ

メラトニンで老化防止!体内時計の乱れがあなたを老けさせる理由

理由1.睡眠が美肌を作るといわれる理由
理由2.ただ眠るだけでは良い効果は得られない
理由3.睡眠のサイクルを上手に活用する
理由4.メラトニンをしっかりと分泌するコツ
理由5.快眠を得るために知っておきたいポイント


免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.