肌荒れが原因のトラブル対処法☆肌の赤みを改善・予防する7つの方法

肌荒れ 赤み

「いつも透明感のあるきれいな肌でいたい」。これは年齢に関わらず女性が願うことですが、肌荒れや肌の赤みに悩む女性は多く、年齢を重ねるにつれ肌の悩みが増えるのも事実です。

赤みのある肌荒れは、乾燥やニキビ、日焼けなどが原因で起こることが多い症状です。肌は年齢とともに乾燥が進みやすくなる他、大人になってからできるニキビには様々な要因が絡み合っており、適切なケアが必要です。そして、紫外線による日焼け対策は1年を通して大切です。

今回は、肌荒れや肌の赤みを改善・予防する方法についてお伝えします。



肌荒れが原因のトラブル対処法☆肌の赤みを改善・予防する7つの方法

1.赤みのある肌荒れの原因は何?

赤みのある肌荒れは目立ちますし、メイクをするのもためらってしまいますよね。赤みのある肌荒れは、主に、乾燥による赤み、ニキビによる赤み、日焼けによる赤みなどが考えられます。

肌は、加齢によるホルモンの分泌量の減少にともない、皮脂分泌量も低下して乾燥しやすくなります。以前はオイリー肌だったけれど、年齢が上がるにつれて乾燥肌になってきた、という方も多いのではないでしょうか。肌の乾燥による赤みを防ぐには、しっかりと保湿を行うことが大切です。

また、ニキビによる赤みもよくある原因です。思春期のニキビは皮脂の分泌を抑えることである程度改善できますが、大人のニキビはストレスや、ホルモンバランス・生活習慣の乱れ、乾燥など、様々な要因が絡んでいます。したがって、洗顔や保湿といった外側からのアプローチに加え、生活習慣を改善し体調を整えるなど、内側からのアプローチも大切になります。

そして最後に、日焼けによる赤みもよくある症状です。紫外線によるダメージから肌を守るには、1年を通して紫外線対策をするのがおすすめです。

2.洗い過ぎに注意!正しい洗顔で赤みのある肌荒れを改善しよう

肌の赤みや肌荒れが気になると、ゴシゴシ洗顔をして治そうとする方もいますが、肌のこすり過ぎは赤みや肌荒れを悪化させてしまいます。正しい洗顔のポイントを以下にご紹介します。

〈正しい洗顔のポイント〉

①洗顔前に手を洗い、清潔にする
②洗顔料はしっかり泡立てて、肌をなでるように優しく洗う
③洗い流す時も肌をなでるようにして洗う
④洗顔後に顔を拭く時は、そっと肌を押さえるように拭き取る

肌にはとにかく優しく触れるのが鉄則なんですね。では次に、肌の赤みの中でも特に気をつけたい、大人ニキビの改善・予防法を中心に見ていきましょう。

3.乾燥でニキビは悪化する!しっかり保湿しよう

乾燥やニキビ、日焼け、どの原因の赤みでの場合でも、肌の保湿はとても大切です。

特にニキビによる赤みや肌荒れの場合は、つい皮脂を取り除くことに意識が向きがちですよね。でも実は、乾燥もニキビを悪化させる原因になります。そもそもニキビは、角質がはがれて毛穴が詰まることで角栓ができ、角栓の中に皮脂や角質がたまることでできます。そして、肌が乾燥すると角質が硬くなり、さらに毛穴が詰まりやすくなってしまうんです。ニキビによる肌の赤みであっても、皮脂を取り除くだけでなく、保湿を重視した化粧品を使ってしっかりケアをしましょう。

また、空気が乾燥する季節や、エアコンなどによる乾燥が気になる場合は、加湿器を使って部屋の湿度を上げるのもおすすめです。

4.大人ニキビにはストレスケアも大切

大人ニキビによる赤みや肌荒れにはストレスが関わっていることもよくあります。ストレスが原因で、「よく眠れない」「チョコレートなど甘いものを食べ過ぎてしまう」「胃腸の調子が悪い」という場合は、ニキビなどの肌荒れが悪化しやすくなります。また、ストレスでホルモンバランスが乱れると、やはり肌荒れが起こりやすくなります。

大人ニキビによる赤みや肌荒れには、頑張り過ぎの生活を振り返り、無理をしないようにしたり、自分なりのストレス解消法を見つけるなどの対処をしましょう。

5.ホルモンバランスを整えて大人ニキビを治そう

月経のある女性にはホルモンのサイクルがありますが、方法4でもお伝えしたように、ストレスでホルモンバランスが乱れると、ニキビなどの肌の赤みや肌荒れが起こりやすくなります。ホルモンバランスが整っているかどうかは、基礎体温を測れば自分でも確認することができるので、気になる方は調べてみると良いですね。

基礎体温に異常があれば、婦人科での相談をしてみましょう。また、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む大豆製品を食べたり、体を冷やさない、規則正しい生活をするなども効果的です。

6.日焼け対策をしっかりとしよう

ではここで、日常生活で気をつけたい、日焼けによる赤みや肌荒れの予防についても見てみましょう。

紫外線は夏だけでなく、1年を通して影響を受けるため、オールシーズン日焼け対策をするのが理想です。肌に塗る日焼け止めの他、飲む日焼け止めなども発売されています。

また、冬に雪山でスキーなどをする場合は、雪面の反射で紫外線の影響が強くなります。冬だからと油断していると雪焼けをして肌の赤みや肌荒れを起こしてしまいます。ウィンタースポーツを楽しむ場合は、念入りに日焼けけ止めを塗るなどの対策を忘れずに行いましょう。

7.肌の赤みや肌荒れ改善に役立つ栄養素を摂ろう

最後に、肌の赤みや肌荒れを予防・改善し、美肌を保つために摂りたい栄養素をご紹介します。

抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、肌や皮膚の粘膜を丈夫にするビタミンA、皮脂の分泌を抑え、肌を健康に保つビタミンB2、そして、ビタミンB2と同様に皮脂の分泌を抑え、新陳代謝を活発にするビタミンB6などがおすすめです。

これらをバランス良く摂るには、野菜や果物、肉や魚介、卵、乳製品など、いろいろな食材をまんべんなく食べるのがベストです。偏食や極端なダイエットは避けて、肌や体が喜ぶ食事をしましょう。


いかがでしたか?
肌の赤みや肌荒れには、乾燥やニキビ、日焼けなどの原因があり、これらに対して自分でできる予防・改善法はたくさんあるんですね。改善が難しい場合は、皮膚科へ相談するのももちろん有効です。

いずれにしても、生活習慣を振り返り、肌や体をいたわる生活をすることが、肌を健康に導く近道なんですね。

まとめ

肌荒れが原因のトラブル対処法☆肌の赤みを改善・予防する7つの方法

方法1.赤みのある肌荒れの原因は何?
方法2.洗い過ぎに注意!正しい洗顔で赤みのある肌荒れを改善しよう
方法3.乾燥でニキビは悪化する!しっかり保湿しよう
方法4.大人ニキビにはストレスケアも大切
方法5.ホルモンバランスを整えて大人ニキビを治そう
方法6.日焼け対策をしっかりとしよう
方法7.肌の赤みや肌荒れ改善に役立つ栄養素を摂ろう


免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.