肌年齢をマイナス10歳若返らせる5つのエイジングケア

肌年齢

シミやシワ、たるみ、くすみなど、年齢とともに感じる肌の衰えは、避けて通ることはできないのでしょうか?

確かに年齢を重ねるに伴ってこれらのエイジング現象は増えてきますが、中には、40代や50代なのに実年齢よりも肌年齢が低く、若々しく見える人もいますよね。

最近では、肌の老化現象を引き起こすのは加齢も含めたいろいろな原因があることが分かってきていて、肌年齢を若返らせることは夢ではなくなってきています。

そこで、今回は、あなたの悩みを解決し、肌年齢を若返らせるエイジングケア方法についてお伝えします。



肌年齢をマイナス10歳若返らせる5つのエイジングケア

1: ハリやみずみずしさの源であるコラーゲン補給で肌年齢をマイナスに!

表皮のすぐ下の真皮層には繊維状のタンパク質であるコラーゲンが含まれていて、肌のハリや弾力を保っていますが、加齢により代謝機能が衰えてくるとコラーゲンがうまく産出されなくなり弾力が失われていくため、コラーゲンを補給することがハリと弾力を維持し、肌年齢を若返らせるのに効果的です。

コラーゲンを多く摂り入れるため、積極的に摂取したい食品は、鶏の軟骨、鮭、牛すじ、フカヒレなどですが、残念ながら食事で摂取したコラーゲンは体内でアミノ酸に分解されて肌以外のさまざまな器官に運ばれる上、体内に吸収されにくい特性があるため、そのまま肌に届くわけではありません。

しかし、サプリメントに含まれている、「コラーゲンペプチド」などの低分子コラーゲンは分子量が小さいためアミノ酸に分解されずに体内に吸収されるという研究結果が出ているため、肌年齢マイナス10歳のためには、コラーゲンサプリメントの摂取から始めてみるのもいいですね。

2:万全なUV対策で、肌年齢マイナス10歳をめざす!

最近では、加齢以上に肌に深刻なダメージを与えるのが紫外線だということが分かっていますが、洋服で隠れている体の部分が顔に比べていつまでもきれいなことからもそのことを実感できます。肌年齢マイナス10歳のためには「紫外線は百害あって一利なし」と心得て、紫外線ケアを万全にすることが必須です。

UVクリームや日傘や帽子などで紫外線を予防することは紫外線ケアの第1歩ですが、紫外線は空から降り注ぐだけでなく、アスファルトや地面に反射して下からも浴びるので、日傘や帽子とUVクリームはどちらかだけではなく併用したほうが効果的です。また、曇りの日も晴れた日の6割程度の紫外線が地上に届いているので、肌年齢を若く保つために天候や季節にかかわらず紫外線対策を行ってくださいね。

また、目が紫外線を浴びることで脳が肌にメラニン色素を作るよう指令を出すことです。肌の紫外線対策を万全にしていても目から入る紫外線がシミを作る原因になるので、とくに紫外線が強い日の屋外ではサングラスをぜひかけましょう。

3:「保湿」はあらゆる肌トラブルへの対処法!

乾燥が肌の大敵なのは小ジワの原因になるだけでなく、細胞が硬くなることでハリが失われるほか、毛穴周辺の細胞が縮むことで毛穴がポツポツと目立ったり、皮脂の過剰分泌を招いて吹出物の原因になったりと、さまざまな老化現象や肌トラブルを引き起こすことです。肌年齢マイナス10歳を目指す上で乾燥は大敵といえます。

乾燥を防ぐには、まず肌質に合った保湿機能の高い化粧水や美容液で毎日十分な保湿ケアをおこなうことですが、セラミドやヒアルロン酸、天然保湿因子(NMF)など、もともと肌に含まれている成分を配合したものが効果的です。ヒアルロン酸はセラミドと比べて分子量が大きく、肌に塗っても真皮層までは届かないのですが、表皮で肌にふたをして肌の水分を防ぎます。

また、肌年齢マイナス10歳のために保湿とともに取り組みたいのが、洗顔をしっかりおこなうことです。肌に汚れが残っている状態で保湿をしても、せっかくの保湿成分が浸透されずに高い効果が期待できないため、まずはダブル洗顔で肌の汚れを落としてから、保湿化粧品を使ってくださいね。

4:肌の大敵!活性酸素を増やさない!

酸素は私たちになくてはならないものですが、体内に取り込んだ酸素の一部は「活性酸素」とよばれる物質に変化し、増えすぎると細胞を酸化させてしまいます。肌細胞が酸化するとコラーゲンが弾力を失い、肌を老化させるため、肌年齢マイナス10歳を目指すには、体内の活性酸素を増やさないようにすることが大切です。

活性酸素を増やさないためには、ストレスをためないことや活性酸を増やすはたらきのある紫外線を浴びないなどの方法もありますが、カロテンやリコピン、ビタミンCなど抗酸化作用のある栄養素を多く含む食物を摂取することも対策のひとつです。日々の食事のさいに意識して摂りたい食物と抗酸化作用のある栄養素は以下のとおりです。

【抗酸化作用のあるおもな食物とその栄養素】

緑黄色野菜全般(βカロテン)
トマト、スイカ(リコピン)
鮭、エビ、カニ(アスタキサンチン酸)
ブルーベリー、カシス(アントシアニン)
大豆(イソフラボン)
緑茶(カテキン)
フルーツ、淡色野菜(ビタミンC)
ウナギ、アボカド、アーモンド、オリーブオイル、卵(ビタミンE)

5:肌年齢マイナスのためには睡眠も大切!

睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌が乱れるため肌のターンオーバーが滞り、コラーゲンなど肌の若々しさを保つための成分の生成が妨げられるため、しっかり睡眠をとることで肌のコンディションを保つことが肌年齢マイナス10歳のためのポイントになってきます。眠りについた始めの3時間に質の良い睡眠をとれるかどうかが大切ですので、入眠前は食事やテレビやPCの使用は控え、夜更かしせず。良い睡眠がとれるように準備をしましょう。


 

いかがでしたか?
特別なことをしなくてはならないわけでなく、当たり前のことを日々積み重ねることが大切だということが分かりましたよね。お伝えした方法を通じて、人もうらやむマイナス10歳の肌年齢を手に入れることを願っています。

まとめ

肌年齢をマイナス10歳若返らせる5つのエイジングケア

エイジングケア1: 肌年齢マイナスのためにはコラーゲン補給が大切
エイジングケア2:万全なUV対策も、肌年齢マイナスに必要
エイジングケア3:「保湿」は加齢だけでなくあらゆる肌トラブルに効果的
エイジングケア4:肌の大敵である活性酸素を増やさない食材
エイジングケア5:肌年齢マイナスのために良い睡眠も必要

バナー原稿imp

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.