短期間ダイエットを成功させてリバウンドしない7つの食事法

short-term-diet

短期間ダイエットって聞くと、極端な食事制限やハードなエクササイズを想像しちゃいますよね。でも、実生活スタイルや好み、目標などに合わせてベストな食事法を選び、リバウンドしない短期間で減量する方法があります。

色々なダイエットを試したけれど途中で挫折したり、反動で食べ過ぎてリバンドしてしまった、という女性は多いです。
長期間に渡って食事制限をするダイエットはストレスが溜まりやすく、途中で嫌になって辞めてしまったり、我慢していた反動でリバンドもしやすくなります。

そこで、1日~1か月くらいでできる短期間ダイエットならチャレンジしやすく、ストレスによるリバウンドもしにくいといえます。今回は、短期間ダイエットの中から特におすすめの食事法についてお伝えします。



短期間ダイエットを成功させてリバウンドしない7つの食事法

食事法1.「プチ断食」で短期間ダイエット(期間:1日)

断食は一定の期間食物を断つことを意味し、宗教的な理由で行う場合もありますが、最近は短期間ダイエットを目的に行う女性も増えています。中でも1日だけ断食をするプチ断食なら、仕事のない週末などに実践しやすく、内臓を休めてデトックスやダイエットの効果が得られるうえ、リバウンドもしにくいのでおすすめです。

〈プチ断食ダイエットの方法〉

①前日は脂質の多い食事を避け、軽めの食事にする
②プチ断食の当日は食事をとらず、お腹が空いたら野菜や果物のジュース、水、白湯、ノンカフェインのお茶を飲むようにする
③翌日はおかゆなど、消化の良いのもを食べる

プチ断食は自宅で行うこともできますし、プチ断食を行っている施設やホテルのプランなどもあるので、利用してみるのも良いですね。

食事法2.「塩分オフ」で短期間ダイエット(期間:1日)

日頃からむくみが気になるという人は、デスクワークによる長時間の座りっぱなしなどに加え、塩分をとり過ぎている可能性があります。日本の成人女性の塩分の摂取量は平均で9.4gとなっています。厚生労働省は、成人女性の塩分摂取目標量を7gとしているので、かなり多く摂取していることになります。実際に、高血圧は日本でもっとも多い生活習慣病です。

仕事のない週末の1日などを利用して、塩分オフの食事で短期間ダイエットを行い、むくみをとってスッキリ美人を目指しましょう。

〈塩分オフダイエットの方法〉

①週末などに1日だけ行う
②塩分が入った調味料(塩、塩糀、醤油、味噌、ソースなど)を使わずに料理をする
(使える調味料はお酢や胡椒、レモン、オイルなど)
③塩分を排出する働きのあるカリウムを多く含む野菜をとる
(カリウムが豊富なのはアボカド、ほうれん草、里芋、山芋、にんにく、小松菜、レタス、さつまいも、きのこ類、かぼちゃ、レンコンなど)

野菜や果物、牛乳、豆乳などをミキサーにかけてフレッシュジュースを作ったり、風味を良くする昆布だしやのり、ごま油、オリーブオイル、にんにくなどを料理に活用すると、塩がなくてもおいしく食べられます。次に、塩分オフのおすすめレシピをご紹介します。

食事法3.「塩分オフ」ダイエットのおすすめレシピ

市販のドレッシングは食塩を使用したものが多いですが、手作りの塩なしドレッシングでたっぷりの温野菜と低脂肪の鶏胸肉をいただく、短期間ダイエットレシピです。

〈温野菜と鶏胸肉の食べるサラダ〉(二人分)

①鶏胸肉200gは皮を除き、一口大にカットして酒、塩をふり、片栗粉をまぶす
②熱湯で①を3~4分茹でてざるにあげる
③塩なしドレッシングを作る。オリーブオイル50ml、お酢45ml、レモン果汁小さじ1、玉ねぎ1/6個、にんにく1/2かけ、胡椒少々をミキサーにかけてドレッシングを作る
④茹でた(または蒸した)さつまいも、きのこ、かぼちゃ、れんこん、ブロッコリと②の鶏胸肉をお皿に盛り、ドレッシングを添えてできあがり

食事法4.「プロテイン置き換えダイエット」(期間:10~15日間)

プロテイン置き換えダイエットは、ダイエット用のプロテイン置き換え食品を1日3食のうちどれか1食に置き換える方法です。手軽に置き換えができ、10~15日間で効果が実感できます。

プロテインとはたんぱく質のことです。プロテインは筋肉を作り出して代謝を上げ、痩せやすい体づくりをするのに効果的な栄養素です。脂質や糖質は抑え、プロテインをしっかりとりながらビタミンやミネラルも補える商品が多いので、忙しい女性にもおすすめの短期間ダイエットです。

食事法5.「きのこダイエット」(期間:1か月間)

きのこは食物繊維が100g中に3~5gと豊富で、低カロリーな優秀食材です。きのこに含まれている糖たんぱくは脂肪を消化する酵素の働きを抑えるため、脂肪が吸収されずに排出されやすくなります。

また、きのこは種類が豊富で色々な料理に使えるうえ、野菜が高騰する時期でも価格が安定しているので、経済的にもおすすめの食材といえます。きのこはバラして保存袋に入れれば1か月程冷凍保存ができるので、一度に使い切れなくても大丈夫です。

これからの季節、きのこは鍋料理にも大活躍。しめじやえのき、まいたけなど、色々な種類のきのこを加えて楽しみましょう。ご飯や麺などの炭水化物が好きな方は、きのこをたっぷり加えた炊き込みご飯やパスタがおすすめです。きのこでボリュームを出して満足感が得られ、炭水化物の量を減らす効果もあります。

きのこダイエットの効果を得るには、1日に50~100gのきのこを食べましょう。期間は1か月で、食事法1.~4.に比べるとじっくりめの短期間ダイエットになります。

食事法6.「緑茶ダイエット」(期間:1か月間)

緑茶に含まれるカテキンには、体脂肪を燃焼する効果があります。また、抗酸化作用や抗糖化作用もあるため、ダイエットと同時にアンチエイジング効果も期待できます。他に抗炎症作用、抗がん作用、免疫細胞活性作用なども注目されており、緑茶の健康効果は改めて見直されていいます。

飲むだけでダイエットや美容、健康にも役立つのなら、手軽に毎日の生活に取り入れられますよね。緑茶ダイエットの効果を得るには、1日に4~5杯を目安に飲みましょう。きのこダイエットと同様に、1か月の短期間ダイエット法です。

※緑茶に含まれるカフェインには覚醒作用があるので、夜に飲むと寝付きが悪くなる場合があります。また、カフェインは胃を刺激するので胃が弱い方は飲み過ぎに注意しましょう。 ※緑茶に含まれるタンニンには鉄分の吸収を阻害する働きがあるため、貧血の方は注意してください。

食事法7.短期間ダイエットの注意点

妊娠中や授乳中の方は母子の健康のため、短期間ダイエットは控えるようにしましょう。また、持病がある方や低血圧の方などは短期間ダイエットを行う前に医師に相談してください。健康な方であっても、途中で体調が悪くなた場合は無理をせず中断してください。


短期間ダイエットの中からおすすめの食事法についてお伝えしましたがいかがでしたでしょう。

短期間ダイエットには、週末などを利用して1日でできるプチ断食や塩分オフダイエットから、置き換え食品を利用した10~15日間程度のダイエット、きのこや緑茶を1か月間食事に取り入れるだけのダイエットなど、自分の生活スタイルや好み、目標などに合わせてベストな食事法を選び、リバウンドしない短期間ダイエットでメリハリのある体を手に入れてくださいね!

まとめ

短期間ダイエットでリバウンドしない7つの食事法

食事法1.「プチ断食」で短期間ダイエット(期間:1日)
食事法2.「塩分オフ」で短期間ダイエット(期間:1日)
食事法3.「塩分オフ」ダイエットのおすすめレシピ
食事法4.「プロテイン置き換えダイエット」(期間:10~15日間)
食事法5.「きのこダイエット」(期間:1か月間)
食事法6.「緑茶ダイエット」(期間:1か月間)
食事法7.短期間ダイエットの注意点


免責事項

Copyright (C) 2013-2017antiaging-life.info All Rights Reserved.