サポニンがアンチエイジングにもたらす絶大な5つの効果

saponin-2

アンチエイジングや美容に嬉しい効果がたくさんあると話題の「サポニン」をご存知ですか?名前くらいは聞いたことがあっても、具体的にどんな効果があるのかは知らない方も多いのではないでしょうか。

サポニンは、女性が加齢とともに気になり始める、脂肪の蓄積や免疫力の低下、血流の滞り、肌の老化などに効果を発揮する嬉しい成分です。忙しい現代の女性は、ストレスや不規則な生活などでちょっとした不調を抱えがちですよね。そこへ更年期が加われば、ホルモンバランスの大きな変動でさらに調子を崩してしまうこともあります。そんな時、頼りになるのがサポニンです。

今回は、サポニンがアンチエイジングにもたらす絶大な効果や、その摂り方についてお伝えします。



サポニンがアンチエイジングにもたらす絶大な5つの効果

効果1.サポニンの基礎知識


サポニンは、植物の根や葉、茎などに広く含まれている配糖体の一種で、苦味やえぐみのもととなる成分です。サポニンを多く含む植物は、大豆製品や漢方薬に使われる人参、桔梗などです。

サポニンは、水に溶けると石けんのような泡ができます。また、脂質を溶かす働きもあることから、昔から石けんなどにも使用されていました。

大豆製品や人参に含まれるサポニンには中性脂肪の抑制や抗酸化作用など様々な効果があり、近年注目を集めています。では次に、その具体的な効果について見てみましょう。

効果2.サポニンの様々な効果とは?


まず、サポニンにはコレステロールを下げ、中性脂肪を下げる効果があるため、肥満の予防につながります。

そして、血流を改善して血栓を予防する効果があります。女性は更年期前後になると女性ホルモンのエストロゲンが減少することで血流が悪くなり、動脈硬化が進みやすくなります。動脈硬化は進行すれば脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まりますが、サポニンにはこれらを予防する効果があります。

また、サポニンには免疫機能のナチュラルキラー細胞を活性化する働きがあり、免疫力を向上させる効果もあります。免疫力が上がることで、風邪やインフルエンザにかかりにくい健康な体づくりができます。

さらに、サポニンには強い抗酸化作用があるため、老化の原因となる活性酸素を消去するはたらきもしてくれます。

このように、サポニンにはアンチエイジングや美容、健康に嬉しいたくさんの効果があります。

効果3.大豆でサポニンを摂ろう!大豆製品のおすすめレシピ


サポニンを含む大豆製品には、高野豆腐やゆば、豆乳、油揚げ、納豆などがあります。ここでは、高野豆腐を使ったヘルシーなメニュー「高野豆腐の肉野菜あんかけ」の作り方をご紹介します。

高野豆腐はサポニン以外にも、レジスタントプロテインやカルシウム、鉄分、大豆イソフラボンなどを含んでいます。レジスタントプロテインとは消化されにくいたんぱく質のことで、食物繊維と似た働きをするため、ダイエット効果も期待できます。

高野豆腐の肉野菜あんかけの作り方(一人分)

①高野豆腐1枚は水で戻しておく
②フライパンに油を少量入れ、みじん切りにした玉ねぎ、人参、鶏ひき肉を炒める。しめじを加えてさらに炒める
③②に水1カップ、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1を混ぜ合わせたものと、高野豆腐を加えて煮る
④片栗粉小さじ1を同量の水で溶き、③に回し入れてとろみをつけてできあがり

 

効果4.人参を使った漢方薬のすごい力


サポニンは、漢方薬に使われている人参にも含まれています。漢方薬に使われる人参とは、ウコギ科のオタネニンジンの細根を除いた根、またはこれを軽く湯通ししたものをいいます。抗疲労作用、抗潰瘍作用、鎮静作用などがあり、体力の衰えた人が元気を取り戻すのに適した生薬です。日本で健康保険が適用される漢方薬は140種類以上ありますが、その中でも人参を使った漢方薬は数多くあります。

日本漢方生薬製剤協会の資料によると、「漢方製剤91品目の生産および輸入金額によるベスト10(2009年)」のうち、第1位~4位すべての漢方薬に人参が使われています。

第1位の「補中益気湯」は、食欲増進や体力回復に効果のある漢方薬です。病院では術後の患者の体力回復などにも使用されます。

第2位の「大建中湯」は、お腹を温めて調子を整える効果があり、内科のみならず外科医にもよく利用されている漢方薬です。

第3位の「柴苓湯」は、急性胃腸炎や慢性の腎炎など、吐き気や食欲不振、のどの渇きなどの症状に使われます。

第4位の「六君子湯」は、胃腸が弱って食欲がなく、疲れやすいといった場合に使われます。

サポニンを摂りつつ体の不調を整えるなら、人参を含むこれらの漢方薬を利用するのも手です。

効果5.サプリメントもおすすめ


人参は薬膳料理などにも利用されていますが、そう頻繁に食べる機会があるものではないですよね。サポニンを効率的に、かつ継続して摂りたい場合には、サポニンのサプリメントを利用するという方法もあります。

高麗人参や田七人参を使用したものが多く、種類も様々あるので、比較して自分に合うものを選んでみましょう。特に、食生活が乱れがちな人や、更年期を元気に過ごしたい、という人におすすめです。


さて、今回はサポニンでアンチエイジングする方法をお届けしましたが、いかがでしたか? サポニンは女性特有の症状にも効果がありますし、動脈効果の予防を始め、抗酸化作用や免疫力を高める様々な効果があります。

今回は大豆製品を使ったレシピで積極的に、サポニンを摂ったり、漢方薬の紹介や、更年期の方に特にオススメのサプリメントについてもお伝えしました。

あなたのエイジングケアにぜひ、サポニンを取り入れて、健康と美容に役立ててくださいね。

まとめ

サポニンがアンチエイジングにもたらす絶大な5つの効果

効果1.サポニンの基礎知識
効果2.サポニンの様々な効果とは?
効果3.大豆でサポニンを摂ろう!大豆製品のおすすめレシピ
効果4.人参を使った漢方薬のすごい力
効果5.サプリメントもおすすめ


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.