レジスタントスターチで血糖値の急激な上昇を防いでキレイになる方法

レジスタンススターチ

糖質制限ダイエットに代表されるように、ご飯やじゃがいもなど、糖質の多い食品を制限するダイエット方法はご存知ですか?糖質をとりながらキレイになり、健康的に痩せられる方法があります。

それは、冷えたご飯やじゃがいも、豆などに多く含まれる「レジスタントスターチ」を積極的にとる方法です。レジスタントスターチは難消化性でんぷんともいい、第3の食物繊維といえる成分です。胃や小腸で消化・吸収されずに大腸の腸内細菌のエサとなり、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。

今回は、レジスタントスターチで血糖値の急上昇を抑えてキレイになる方法についてお伝えします。



レジスタントスターチで血糖値の急激な上昇を防いでキレイになる方法

1.レジスタントスターチとは

レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)は、胃や腸で消化・吸収されずに大腸まで届き、腸内細菌のエサとなるでんぷんのことです。レジスタントスターチは冷やご飯やじゃがいも、豆などに多く、冷めた状態の方が多く含まれるという特徴があります。通常はご飯のように糖質の多いものを食べ過ぎると血糖値が急上昇しやすくなりますが、レジスタントスターチには血糖値の急上昇を抑える働きがあります。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、さらに第3の食物繊維として注目されているのが、このレジスタントスターチです。

糖質をとり過ぎることで血糖値が急上昇すると脂肪を溜め込みやすくなり、肥満や糖尿病につながりやすくなりますが、レジスタントスターチを多く含む冷やご飯などなら、食べても血糖値の上昇を緩やかにできるというわけです。また、ゆっくり消化されるので腹持ちもよくなり、食べ過ぎも防止できます。

そして、血糖値の急上昇は肌のたるみなど、老化を早める原因となる糖化を進めてしまいますが、レジスタントスターチをとることで、糖化を抑えるアンチエイジングの効果も得られます。

このように、賢くとればダイエットや美容の味方にできるのがレジスタントスターチです。

2.糖質制限ダイエットの効果と危険性

糖質制限ダイエットは、食べる糖質の量を減らすこで血糖値の上昇を緩やかにし、太りにくくする効果があります。

しかし、糖質は体の主要なエネルギー源であり、健康を維持するのに一定の量が必要です。糖尿病などで食事制限の必要な場合を除き、健康な人が極端に糖質を減らしたり、糖質をほとんどとらない食事をしていると、必要なカロリーが不足したり、栄養不足になる可能性があります。つまり、糖質はとり過ぎても不足し過ぎても体に良くないということです。

そこで、糖質をとりながらダイエットもできる方法としておすすめなのが、レジスタントスターチを多く含む冷ご飯やじゃがいもなどを食べることです。さらに糖化も防いでキレイになれるので、試してみる価値は充分にあるといえますよね。

次は、レジスタントスターチを効果的にとれるおすすめのレシピをご紹介します。

3.レジスタントスターチがとれるレシピ1.「小豆ご飯」

レジスタントスターチを多く含む小豆を使った小豆ご飯のレシピです。小豆に豊富な不溶性食物繊維も一緒にとれます。お米はもち米でなく普通のお米を使うので、簡単に作ることができます。おにぎりにして冷めても食べやすいように仕上げました。

小豆ごはんの作り方(2合分)

①ゆで小豆を作る。鍋に小豆50gと水800mlを入れて火にかける。沸騰したら弱火にして30分煮る
②①を小豆と煮汁に分けておく
③炊飯器に洗った米2合と小豆の煮汁を入れ、2合の目盛りまで水を足す。ゆで小豆を上に乗せて普通に炊く
④おにぎりを作り、塩と黒ごま少々をまぶして自然に冷ます

4.レジスタントスターチがとれるレシピ2.「アマニ油のポテトサラダ」

体にいい油として注目のアマニ油を使ったポテトサラダです。α-リノレン酸を含むアマニ油には、腸内の炎症を抑え、腸内環境を整える効果があります。マヨネーズは使用せず、さっぱりとしたポテトサラダです。また、このポテトサラダに「小豆ご飯レシピ」でご紹介したゆで小豆を加えると、レジスタントスターチをより多くとれます。

アマニ油のポテトサラダの作り方(一人分)

①じゃがいも1個は皮をむいて柔らかくなるまで茹でて軽くつぶす
②きゅうりの輪切り3cm分、スライスして水にさらした玉ねぎ少々、スライスした魚肉ソーセージ1/4本分を加えて混ぜる ③塩ひとつまみ、レモン汁小さじ1/2、アマニ油小さじ1を加えて全体を混ぜ、自然に冷ます

5.食べ方のポイント

レジスタントスターチは自然に冷める過程で産生されるので、調理したら自然に冷ましてから食べるようにしましょう。冷めてもすぐに食べない場合は、冷蔵庫へ保管してください。また、再加熱するとレジスタントスターチは失われるので、冷たいままで食べるのがポイントです。温かいものをとりたい時は、ホットドリンクや汁物を一緒にとりましょう。


いかがでしたか?
レジスタントスターチの効果とおすすめのレシピ、食べ方のポイントについてお伝えしてきました。

レジスタントスターチは冷やご飯やじゃがいも、豆などに多く含まれています。糖質制限ダイエットでは制限対象となるご飯やじゃがいもをおいしく食べながら、ダイエットやアンチエイジングに役立てられたら嬉しいですよね。

あなたもレジスタントスターチをとりながら、健康的なキレイを目指しませんか?

まとめ

レジスタントスターチで血糖値の急激な上昇を防いでキレイになる方法

方法1.レジスタントスターチとは
方法2.糖質制限ダイエットの効果と危険性
方法3.レジスタントスターチがとれるレシピ1.「小豆ご飯」
方法4.レジスタントスターチがとれるレシピ2.「アマニ油のポテトサラダ」
方法5.食べ方のポイント


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.