体調不良は老化のはじまり!?体調を整え若さを保つための6つの習慣

体調不良
男性は30歳を過ぎると、女性は40歳を過ぎると、急に体調不良を感じるようになると言われます。その理由は、その年齢を過ぎると、急に私たちがもっている「副交感神経」の働きがにぶくなるからです。

副交感神経の働きがにぶると、身体の中の免疫力も弱まり、風邪にかかりやすくなるなど深刻な病状を呼び起こすこともあります。体調不良になると、美容にも悪影響です。肌のくすみや、ニキビや乾燥肌などの肌トラブル・・etc

これでは老化を早めるだけではなく、アンチエイジングにも逆効果です。体調不良にならないために、何をすべきか、そしていつまでも若々しさをどうやって保つか、6つの習慣をお伝えします。



体調不良は老化のはじまり!?体調を整え若さを保つための6つの習慣

習慣1:睡眠不足にならないようにしよう

ニキビや吹き出物、目の下にはクマ・・・。これらは睡眠不足によっても引き起こされます。健康な肌は28日周期で新しい肌に生まれかわりますが、この肌代謝(ターンオーバー)の乱れは睡眠不足ことから起こります。

肌代謝は眠っている間、しかもノンレム睡眠と言われる深く眠っている時間に活発に行われるといわれます。この間に肌代謝を促進してくれる成長ホルモンの活動がさかんに分泌されるので、深くぐっすり眠ることで、成長ホルモンが働いて、肌のアンチエイジングへと繋がるのです。

習慣2:質のよい睡眠を手にいれよう

また、ただ睡眠をとるだけでは意味がありません。睡眠には「質」も大きく影響します。適度な睡眠時間には個人差がありますが、だいたい6時間から8時間くらいが最適といわれています。目覚めたときに、すっきりと感じられる時間が適度な睡眠時間なので、1時間半でレム睡眠とノンレム睡眠は切り替わるといいますから、この区切りを目安にしたいところですね。

また、寝具を心地よい肌触りのものに替えるなどの工夫も質の良い睡眠を生み出します。深く眠って肌代謝をあげて、老化を防止し、アンチエイジングしましょしょう。

習慣3:アロマを上手に活用しよう

香りを上手く使って、ストレスを緩和させることができます。イライラや怒りなどの精神的ストレスを沈静化することで、落ち込んだ気分を向上させてくれたり、頭をスッキリさせてくれたり、香りにはとても大きな力があります。

また、ホルモンバランスを整えてくれ、体調不良を改善させるとともにアンチエイジング効果も期待できます。女性特有の便秘や生理痛、肌トラブルにも効果的という美容効果も期待できますので、改善したい箇所に合わせて、香りを選びましょう♪

習慣4:バスタイムで綺麗を味方に

体調不良を防止するために、バスタイムを有効に活用することも大事です。身体を温めてあげると、疲労の改善や怪我の回復にも効果的ですが、免疫力の向上も期待できます。ぬるめのお風呂にゆったりと浸かることで、副交感神経を刺激し、リラックスでき、自律神経のバランスを整え老化を防止します。

また、バスオイルやバスソルトなども上手に利用することでさらなる効果も期待できます。

習慣5:生活リズムの乱れをなくそう

体調不良を防止するためには、生活リズムの乱れをなるべく防止することが大切です。無理に早寝早起きを実践する必要はありませんが、極端に早起きしたり、遅い時間に起きたり、朝食をとったりとらなかったり、遅い時間に食事をしたり、このように生活リズムが不規則になると、体調不良につながりやすくなりますよね。

また、生活リズムの崩れは、お肌の老化にもつながります。アンチエイジングのためにも、無理のない範囲で生活リズムを整えましょう。

習慣6:ビタミン・パワーを取り入れよう

日本では、ビタミン不足によって病気になる人は少ないと言われていますが、ビタミンが不足することで起こる、ビタミン不足によって体調がすぐれない女性が増えていると言います。ビタミンは、過労やストレス、タバコ、アルコール、睡眠不足などで体内にあるビタミンを消耗させたり、破壊してしまうと言われています。また、ビタミン不足はアンチエイジングにとっては大敵。

たとえば、睡眠不足や疲労には、ビタミンB1が効果的と言われています。髪の毛の艶が失われると見た目年齢があがってしまいますので、ビタミンEを摂取して艶髪を取り戻しましょう。ビタミンを効率よく摂取するためには、食品から摂取するだけではなかなか難しいので、上手にサプリメントなどを取り入れてみてもいいですね。ビタミンだけでは栄養素はまかなえませんが、適切に摂取することでアンチエイジングに効果的に役立てましょう。

いかがでした?
睡眠・お風呂・香りなど、誰にもが簡単に取り組むことができることばかりですね。アンチエイジングは、当たり前のことを当たり前にすることが最も近道です。体調を整え、老化を予防し、いつまでも若さを保つための、アンチエイジングライフをお過ごしください。

まとめ

体調不良は老化のはじまり!?体調を整え若さを保つための6つの習慣

習慣1:睡眠不足は体調不良のもとになる
習慣2:質の良い睡眠を手に入れよう
習慣3:アロマを上手に活用しよう
習慣4:バスタイムで綺麗を味方に
習慣5:生活リズムを整えよう
習慣6:ビタミン・パワーを身体の中に効果的に取り入れよう

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.