オーガニックで若々しい体を保つ5つの方法

オーガニック Some rights reserved by flashcurd
いつまでも若々しい人って本当にうらやましいですよね?最近話題になってるオーガニックコスメ、食品で自分もうらやましがられる1人になりませんか?

オーガニックの魅力は安心、安全なだけでなく原料となる植物が“肌が本来持っている自然治癒力を引き出してくれる”ことなんですよ!!今回は若く美しくいたい方必見のオーガニックで若々しい体を保つ方法をお伝えします



オーガニックで若々しい体を保つ5つの方法

1.オーガニック食品で内側からきれいに!

本来ならビタミン、ミネラルなどが含まれていて健康にいい野菜ですが農薬もともに体内に入ってしまうことで健康に害を与える可能性があります。スタンフォード大学とアメリカ退役軍人省の研究チームがオーガニック食品と農薬で育てた食品ではビタミンの量に大きな違いはなかったと発表しましたが「農薬残留物がどのくらい健康に影響を及ぼすのかは判断しかねるが、判断しかねるがゆえに、食料品購入のさいには農薬の危険性を考えなければならず、農薬の使われていない食品を選ぶことが健康を守るためには最もよい方法だと思われる。」と発表しています。

日本では様々な地域、季節に対応するために農薬の種類が3000種類以上になっていて一応すべて微量であれば人体に害はないとされていますが、動物で実験しただけなので本当に害がないのか怪しいものです。

せっかく体に良い野菜をとっているのに農薬が体の中に入ることで害になってしまっては元も子もありませんよね?是非オーガニック野菜で体の中からキレイになりましょう!内側がきれいになれば外側もきれいになります!いつまでも元気に若々しくいる為にはオーガニック食品が欠かせなくなってきています。

2.お肌のダメージをなくすオーガニッククレンジング

最近CMでも「水で簡単に落とせる」「力をいれずに簡単にメイクが浮いてくる」と宣伝しているものを良くみますがそういったタイプのものは強い界面活性剤が使われていることが多く、メイクや汚れだけでなく角質まで落としてしまいます。

角質は落としたほうがいいと思われているかもしれませんが、肌の内部に菌が入らないように保護してくれたり水分が蒸発しないようにしてくれる役割がありますので角質まで落とすと吹き出物の原因、乾燥の原因になってしまいます。

オーガニック製品ですと油汚れであるメイクや皮脂汚れを“油”で落としていきますのでお肌にダメージを与えません。クレンジングよるダメージが原因でおこる乾燥、しわなどを防ぐことができます。簡単におとせるよりも優しくおとせるオーガニッククレンジングを使うことで若々しいお肌を保ちましょう!

3.肌力を高めるオーガニック化粧水

オーガニックでないものは「シミ、しわを目立たなくする。」「乾燥しているところを潤わせる。」など対処的な働きをするものが多く根本解決にはなっていなかったりしますがオーガニックは肌が本来もっている力をひきだしてくれるので肌が元気になっていきます。即効性はないものの長期間使用すると肌が生まれ変わっていくのを実感できる若返りアイテムです!

4.オーガニックの美容液、乳液で美肌に

オーガニックの美容液は角質を健康な状態にするため、乳液は皮脂膜の代わりに肌の乾燥を防ぐために使えます。商品によっては自分では作れないのに必要なオイル分や年齢と共に失われていく脂肪酸などが含まれているものもあります。合成ポリマーを含む美容液、乳液はつけないと乾燥してしまう肌ができてしまいますが、オーガニックは角質を健康にしてくれるので使って行くうちに乾燥しにくい肌ができてきます。

5.オーガニックシャンプーで頭皮まで美しく!

髪によって人の印象ってガラッとかわりますよね?髪がペタンとしているとそれだけで老けてみえたり、顔が大きくみえたりします。若さを保つためには髪も若々しくことが重要です。合成化学物質が入ったシャンプーやリンスにはシリコンが入っておりシリコン剤は髪や頭皮をコーティングし指通りよくしてくれるんですがシリコンが頭皮に詰まることでうす毛の原因になります。

また合成化学物質の入ったシャンプーは洗浄力が強すぎるため頭皮に外部からついた大腸菌などの悪い菌だけでなく頭皮に元々いるよい菌までも殺してしまいます。よい菌とはブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌などの真菌類のことを言いい、毛穴の余分な皮脂を食べてくれたり、余計な菌を増やさず耐菌性を高めてくれたり、新陳代謝ではがれた古い角質を食べて分解し、より新陳代謝を高めてくれる働きをする菌です。

このよい菌を残して悪い菌だけを洗浄すると頭皮が元気になり抜け毛、薄毛、枝毛を防いでくれます。合成化学物質の入っていないオーガニックシャンプーで髪本来のこしと艶めきを取り戻しましょう!


 

 

今回はオーガニックで若々しい体を保つ5つの方法を紹介させていたがきましたがいかがでした?

最後にオーガニックコスメにかえる際のコツをご紹介します。オーガニックコスメに変えたら乾燥がひどくなってしまった。と悩む方もいますがそれは今まで界面活性剤で角質をいじめ、合成ポリマーの力がなくては乾燥してしまう肌を作ってきてしまったからなんです。

もちろんいきなり全てかえても大丈夫な方もいますが1つずつ変えていくと悩まずに続けられますので焦らずに少しずつ若々しい体を手に入れましょう!

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.