老け顔脱却計画☆若見え効果が絶大な表情筋の筋肉の鍛え方

Mimic muscle

表情筋とは、顔の表情を作り出すための筋肉です。筋肉は普通、骨と骨とを繋いでいますが、顔の筋肉は皮膚に直接繋がっているため、さまざまな表情を作り出すことが出来るのです。

この筋肉が衰えると、重力に負けてしまい、たるみやシワの原因に!また、表情が乏しい人や、無表情でいることが多いデスクワークの人は、表情筋が衰えやすく老けてみられる原因にも…

でも大丈夫!表情筋を鍛えることで「リフトアップ効果により小顔に見える」「シワやたるみの改善」「表情が豊かになる」など、若返って見える効果が抜群なのです!

今日は表情筋を鍛えるポイントと鍛え方をお伝えします。



老け顔脱却計画☆若見え効果が絶大な表情筋の筋肉の鍛え方

1.鍛えるメインとなる表情筋とは?この5つの筋肉を鍛えましょう!


①前頭筋(ぜんとうきん)

眉を上下させるための筋肉。衰えると額に横ジワが出来る。

②眼輪筋(がんりんきん)

目を開いたり閉じたりするための筋肉。衰えると目尻のシワや上まぶたがたるむ。

③頬筋(きょうきん)

上下のアゴから口角まで伸びる筋肉。衰えると口角が下がったり、頬のたるみ、ほうれい線の原因になる。

④口輪筋(こうりんきん)

唇の周りにある筋肉。衰えると口元のシワやたるみになる。

⑤頤筋(おとがいきん)

唇の下からアゴにかけて伸びる筋肉。衰えると二重アゴになる。

2.顔の形別・表情筋の鍛え方~より効果をあげるために知っておこう!


①丸顔…頬に余計な脂肪がつきやすく、二重アゴになりやすい。頬とアゴを鍛えよう!

②たまご顔…老化が目立ちやすく、まぶたがたるみやすい。目元を鍛えよう!

③四角顔…エラが張っているため、口元に負担がかかり、シワになりやすい。口元を鍛えよう!

④逆三角顔…頬がたるみやすく口角が下がりやすい。頬と口元を鍛えよう!

3.目元の鍛え方~前頭筋・眼輪筋


①眉毛の上下を親指と人差し指でつまむ。

②眉頭から眉尻に向かって、少しずつつまんで左右に動かす。

【おでこのシワやたるみ、目元のシワ予防】

①目を大きく見開き、眉を上にあげる。

②眉はそのままで、軽くまぶたを閉じ、目線を下に向ける。その状態で、左右に目線を動かす。

これを30秒。

【目尻のシワ予防】

①上まぶたと下まぶたがくっつかない程度に目を細める。

②①の状態のまま、眉を上にあげる。

③この状態をキープしたまま、10回鼻呼吸をする。

④ゆっくりと眉を戻し、目を開く。

これを3セット。

4.頬の鍛え方~頬筋


【ほうれい線や頬のたるみ解消】

①口角を上げ、笑顔を作る。その時、あごの筋肉、首の筋肉が伸びるように意識する。

②口を普通の状態に戻す。

これを30回。

【顔やせ効果】

①唇を前に突き出すように「お」の口を作る。

②「お」の口のまま、口は下に引き下げ、頬は上に引き上げる。

③再び①に戻す。

これを10回。

5.口元の鍛え方~口輪筋


【ほうれい線予防と解消】

①口を閉じ、舌を歯の表面に沿わせるように回す。

②舌を回すのと一緒に目も回す。目の筋肉と口の筋肉はつながっているため、一緒に回すと効果的!

③首筋などが痛くなったらやめる。

ほうれい線が気になるところでは、一旦舌を止め、シワを伸ばす。

【口元のたるみ予防】

前歯を見せるように「いー」と発声。唇をすぼめ「うー」と発声。その運動を10回繰り返す。

【頬筋を鍛える】

①両頬にできるだけ空気を入れて膨らませて、5秒キープ。

②口を閉じたまま、右頬だけに空気を入れて5秒キープ。

③左頬だけ空気を入れて5秒キープ。

④鼻と口の間に空気を入れて5秒キープ。

⑤アゴの内側に空気を入れて5秒キープ。

⑥口を閉じたまま、口の中の空気を吸って頬をすぼめ5秒キープ。

⑦ゆっくり頬を膨らませ、5秒キープ。

これを1日3回。

6.アゴの鍛え方~頤筋


【二重アゴ防止】

①顔をゆっくり上にあげ、限界まで真上を見上げる。

②そのまま舌を出し、舌をゆっくり真上に向かって伸ばす。このまま5秒キープ。

これを3回繰り返す。

7.毎日続けられる!?顔全体の表情筋を鍛えるストレッチ


【基本の表情筋ストレッチ】

①手のひらで両頬を包み込み、軽く表情筋を動かすように外回りにぐるぐる回す。

②内回りにぐるぐる回す。

③顔の真ん中に顔のパーツが集まるイメージで、中心に寄せる。顔の筋肉が少し痛くなるくらいまで。

④力を一気に解放させる。

⑤顔が外に引っ張られるイメージで、目を見開き、眉を上げ、頬の筋肉も左右に広がり、口の端も外へ開くようにする。

この③~⑤を5セット。

【あえいうえおあお、を言うだけの表情筋ストレッチ】

①「あ、え、い、う、え、お、あ、お」を大きく口を開けてゆっくり発音する。3回言った後で、息が続くまで「いー」と言う。これを4セット。

②「あ、え、い、う、え、お、あ、お」を大きく口を開けてゆっくり発音する。3回言った後で、口をすぼめて息が続くまで「うー」と言う。これを4セット。

口角が動いているか、頬骨がリフトアップされているかを確認しながらします。


いかがでしたか?どれも簡単な表情筋の鍛え方でしたよね!

顔の表情であなたの印象が決まります。表情筋を鍛えることで、表情豊かで、ステキな笑顔が作れるでしょうし、小顔効果・シワやたるみの改善などキレイになる要素もあります。

どれか1つでもかまいません。今日から始めてみませんか?

まとめ

老け顔脱却計画☆若見え効果が絶大な表情筋の筋肉の鍛え方

ポイント1.5つの表情筋を意識して鍛えよう!
ポイント2.効果を上げる!顔の形別鍛えるポイント
ポイント3.目元とおでこのシワ防止!目元の鍛え方
ポイント4.ほうれい線と頬のたるみ防止!頬の鍛え方
ポイント5.ほうれい線と口元のたるみ防止!口元の鍛え方
ポイント6.二重アゴ防止!アゴの鍛え方
ポイント7.顔全体の表情筋の鍛え方


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.