怖いメラノーマを見分ける5つの方法と予防と対策

worry

メラノーマという病気をご存知でしょうか?「悪性黒色種」という皮膚がんの一種で「ほくろのがん」「ホクロのような皮膚がん」として知られています。日焼けすると皮膚が黒くなる原因のメラニン色素を作るメラノサイトという細胞が異常増殖してがん化したものと言われています。とても悪性度が高いうえ、進行が早く、さらに転移しやすく死亡率も高いという怖いガンです。

怖がらせてしまいましたが、皮膚表面に現れるがんということで、比較的早期発見しやすく、早期治療で完治できます。今日はこの怖いメラノーマの見分け方と予防法、もしなってしまった時の対策をお伝えします。


怖いメラノーマを見分ける5つの方法と予防と対策

予防と対策1. ホクロとメラノーマの違いとは?

ほくろは、メラニン色素の母斑細胞が皮膚の奥深くに集まる状態を言います。メラノーマはさきほど説明した通り、メラニン色素を作るメラノサイトという細胞が異常増殖してがん化したものです。似てますが、増殖する細胞が違います。ほくろは良性腫瘍、メラノーマは悪性腫瘍です。ほくろがメラノーマになることはまずありません。

予防と対策2. ホクロとメラノーマを見分けるポイントとは?

初期の段階では見分けることが医者でも難しいと言われています。身に覚えのないほくろが突然できた場合は注意が必要です。自分で見えない頭頂部や背中は家族の方に見てもらいましょう。そのほくろをよく観察し、次のポイントに2つ以上当てはまるようなら皮膚科を受診しましょう。

(1)形が左右対称ではない(ほくろは左右対称)
(2)輪郭がギザギザしている。はっきりしていない(ほくろはほぼ円形))
(3)色が均一ではなく、ムラがある(ホクロの色は黒もしくは茶))
(4)表面がデコボコで、盛り上がっている(ホクロはデコボコはしていない))
(5)ここ2~3ヶ月の間に直径6mm以上に大きくなった(ほくろが急激に成長することはない))

予防と対策3.メラノーマにならないために!日常生活で気をつけること

ほくろやメラノーマを作るメラニン色素が活発になる原因は紫外線です。日焼けすると黒くなるのはメラニン色素が紫外線から守ってくれているからです。しかし、ほくろやメラノーマができやすくなったり、シミやシワの原因になります。予防のためにも、美容のためにも、日焼け止めクリームを塗る、長袖や帽子などで皮膚の露出を避けるなど紫外線対策をしっかりしましょう!

また、皮膚に刺激を与えることも原因の一つと言われています。さきほど「ほくろがメラノーマになることはまずありません」と書きましたが、ほくろが気になっていじったり、傷つけたりすることによってメラノーマに変化してしまうことがまれにあるそうです。必要以上に触りすぎないように気をつけましょう。

予防と対策4.メラノーマかもしれない?!と思ったら…まずは皮膚科へ!

知識2.の見分けるポイントでチェックして「左右対称じゃないし、なんだか大きくなっているような気がする…」などと感じられた方は、まず皮膚科を受診しましょう。

最近では「ダーモスコピー検査」というのがあります。この検査はダーモスコープという拡大鏡を使って、皮膚を詳しく診察します。健康保険も適用されており、この検査によってメラノーマの早期発見・早期治療が進んだと言われています。

ただ、皮膚科でもやっていない病院や医院もありますので、事前に問合せをしてくださいね。そこでもし悪性の疑いがあれば、がんの専門病院や大学病院を紹介してもらえるかと思います。

予防と対策5.診察したらメラノーマだった!その場合の治療法とは?

まず、レントゲンやCTなどの画像検査をして病気の進み具合を調べます。その進み具合によって治療法が決まります。早期発見された場合は小さな手術でメラノーマを取り除くことができます。それが一番早く、確実に治り、後遺症もありません。

経過観察はだいたい半年ごとに画像検査や血液検査をすることが多いようです。治療後2~3年は転移や再発の可能性があり、特にメラノーマはほかのがんに比べ再発するのが遅いと言われているので、5~10年の経過観察が目安とされています。仮に、発見や診断が遅くなり、がん細胞が転移していて手術が出来ない場合は、抗がん剤や放射線療法などの治療になります。

 

いかがでしたか?
メラノーマは非常に怖いがんの一つですが、早期発見でほぼ完治するがんです。自分の目に見える皮膚にあらわれるがんなので、どこにほくろがあるのかのセルフチェックをしてみましょう!

意外なところにほくろがあったり、「これは…メラノーマ?」という疑いがあるほくろを見つけてしまったりするかもしれませんが、普段から気を付けておくことで新しくできたほくろを経過観察できたり、早めに皮膚科へ行って確認できると思います。セルフチェックと紫外線対策をして、自分の身体を大切にしましょうね!

まとめ

怖いメラノーマを見分ける5つの方法と予防と対策

予防と対策1.
ほくろもメラノーマもメラニン色素が関わるものの、増殖する細胞が違う!ほくろは良性腫瘍、メラノーマは悪性腫瘍!
予防と対策2.
ほくろとメラノーマを見分ける5つのチェックポイント!ほくろを見つけたら、よく観察してみよう!
予防と対策3.
メラノーマの予防のためにも、シミ・シワ予防のためにも、紫外線対策は万全に!
予防と対策4.
メラノーマかも?と思ったら、まずは皮膚科へ!
予防と対策5.
メラノーマは早期発見であれば、小さな手術で完治できます!


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.