メラニンってなに?間違ったお肌対策で後悔しないための5つの知識

lady

「メラニンはお肌に悪いって聞いたことがあるけど、どうやって対処すればいいの?」「メラニン対策をしているつもりだけど、私の方法合っているかしら?」など、自分のお肌対策に自信を持てない女性も少なくありません。

そもそも、お肌の大敵とされる「メラニン」とは、いったい何なのでしょうか?メラニンに対する正しい知識を持っていなければ、正しいお肌対策などできません。

今回は、数年後、数十年後に後悔をしないように、絶対に知っておくべき5つの知識についてお伝えします!



メラニンってなに?間違ったお肌対策で後悔しないための5つの知識

1.そもそも、メラニンってなに?


メラニンを悪者だと思っている人も多いでしょうが、実はそうでもありません。メラニン色素は、紫外線から私達の肌を守ってくれるのです。メラニン色素は肌の表面に入り込んできた紫外線を吸収して、炎症を防止してくれるので、細胞が痛むのを予防してくれています。

メラニンは決して悪者ではないのです。しかしながら、加齢やストレスなどの何らかの原因によって、肌のターンオーバーがうまく出来なくなるとメラニン色素がシミやくすみとして沈着してしまうのです。

メラニン色素の排出と生成のバランスがうまく取れなくなった結果、シミやくすみが発生すると考えて良いでしょう。「メラニン=悪い」と考えるのではなく、このように正しい知識を持つようにしてくださいね。

2.屋内でもメラニンの素である紫外線は発生している


「紫外線を出来るだけ浴びないように、日中は極力屋内で過ごすようにしている」という女性も多いでしょう。もちろん、屋外にいると直接紫外線を浴びることになりますので、意識的に屋内にいるようにするのは正解です。しかしながら、屋内にいるからと言って安心しきってはいけません。

屋内でも窓から日が差し込むような場所は、紫外線が窓を通して部屋の中にまで入ってきますから、紫外線をカットしきれていないのです。屋内にいれば紫外線カットは確実だと勘違いしていた方がいたのなら、要注意!屋内にいても太陽の光が入ってくるのなら、日焼け対策をしっかりしておくことをオススメします。日焼け対策をしっかり行って、正しいスキンケアを行っていきましょう。

3.ストレス解消もお肌対策の1つ


実は、年齢を重ねるごとにターンオーバーの機能は低下していくので、意識的に紫外線対策をしていくことが求められます。しかしながら、そのターンオーバーの働きを更に悪化させてしまうのが、ストレスです。ストレスはメラニンの排出機能を低下させてしまうので、シミやくすみを招きやすいのです。

どんなにお肌対策を頑張っても、ストレスが常に溜まった状態では意味がありません!出来るだけストレスを溜めないように、自分なりの解消法を見つけていきましょう。

カラオケ、友達とのおしゃべり、運動などでストレス解消をするのは良いですが、タバコやアルコール、暴飲暴食などでストレスを解消するのは控えるようにして下さい。

4.肌のターンオーバーが悪い


多くの皆さんが、メラニンにあまり良くないイメージを抱いているようですが、実はそれほど悪者ではありません。実は、肌を紫外線から守ってくれているのが、何を隠そうメラニンなのです!

このように大切な役割を持っていますが、ターンオーバーがうまくいかないと女性の天敵であるシミやくすみを引き起こしてしまう傾向があります。つまりターンオーバーがしっかりしているうちは、メラニンによる肌のシミやくすみは生まれないということです!

規則正しい生活を心掛けて、肌のターンオーバーを促すように努めていきましょう。

5.メラニンにはビタミンCが効果的


「シミが出来た・・・もう諦めるしかない」と落ち込んでいませんか?一度沈着してしまったメラニン色素を完全に除去するのは難しいかもしれませんが、色素を抑えることは出来るのです。

そこでオススメするのが、ビタミンCです。ビタミンにはメラニン色素を抑える効果があるので、シミの予防だけでなく、出来てしまったシミを薄くする働きも持ち合わせています。

ビタミンCを効果的に取り入れるためには、2つの方法があります。

1、ビタミンC誘導体がたっぷりと配合されている化粧水・乳液などを使うことです。肌の表面からたっぷりと染みこませてくださいね。

2、身体の中にビタミンCを摂取する方法です。イチゴやブロッコリー、レモンなどを日々の食生活に摂りいれて、メラニンの色素沈着を予防していきましょう。

また食事管理が難しい場合は、サプリメントで摂取しても構いません。自分に合う効果的な肌対策を見つけて下さい。


いかがでしたか?今回は、メラニンに対する正しい知識と肌ケアについてお話しました。

メラニンは私達の肌の表面を紫外線から守ってくれる働きがありますが、ターンオーバーがうまくいかないとシミやくすみを招いてしまいます。間違ったお肌対策をしていると、数年後、数十年後に後悔することになるかもしれません。年齢を重ねるごとに肌ケアには力を入れて、女性としての自信が持てるような肌を作り上げていきましょう。

まとめ

メラニンってなに?間違ったお肌対策で後悔しないための5つの知識

1.メラニンは悪者ではない
2.屋内でもメラニンの素である紫外線は発生している
3.ストレス解消もお肌対策の1つ
4.肌のターンオーバーが悪い
5.メラニンにはビタミンCが効果的


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.