間違いだらけのメイク落とし!?7日間で変わる正しい美肌ケア

メイク落とし

毎日自宅に帰った行うケアと言えば、メイク落としではないでしょうか?メイク落としをすると、1日をリセットしたような気分になるという人もいると思います。

いつもどんな方法で、そして何を使ってメイク落としをしていますか?

実は間違った方法でケアをしていることが、あなたの慢性的な肌トラブルの原因を作り出しているのかもしれません。そこで今回は正しい美肌ケアについてお伝えします。



間違いだらけのメイク落とし!?7日間で変わる正しい美肌ケア

ケア1.なぜメイク落としが必要なのか?

どうしてメイク落としをしなければならないのかを知っていますか?だたやらないといけないから…とやみくもに使っていても肌を健やかに保つことはできません。

メイク落としで落とすもの=油性のメイクアップ料です。ですから、メイクをしている日はメイク落とし必要になるのです。

では、そのメイク落としが何で出来ているのかというと、油分と界面活性剤が主になります。油性のメイクアップ料を肌から浮き上がらせて落とすには油分が必要です。

さらに洗い流す際に水と油分を乳化させる役割を持っているのが界面活性剤です。これらの油分と界面活性剤、水の配合量が変わると、オイルタイプやクリームタイプなどにわけられるというしくみになっています。

ケア2.メイク落としの選び方とは?

メイク落としは形状によって肌への刺激の強さが変わってきます。加えて、落ち具合も形状によって違ってきます。何を基準にメイク落としを選べばよいのかというと、その時のメイクの濃さによって使い分けるのがおすすめです。

メイク落としの力が強い順番はというと、
オイルタイプ→クリームタイプ→ジェルタイプ→ミルクタイプ
となります。
良く落ちるものほど、肌への負担が大きくなることを忘れないでくださいね。

例えばオイルタイプの場合は、界面活性剤が多く配合されているの肌負担が大きいのです。逆にミルクタイプは肌にやさしいのですが、水分が多いのでメイクと馴染むまでに時間がかかったり、こすってしまったりするというデメリットがあります。

もし、使い分けるのが面倒という人はクリームタイプが使いやすいかもしれません。できればテクスチャーが固いものを選ぶと良いですよ。

ケア3.メイク落とし時にやってしまいがちな間違ったケア

ここではメイク落としの時に気付かぬうちにやってしまいがちな間違ったケアをご紹介します。もし、心あたりのある人は、今日から止めてくださいね。

❌ゴシゴシとこする…
ゴシゴシとこすると角層に傷がついて肌荒れを招く原因になってしまいます。

❌クレンジング料が少なすぎる…
クレンジング料が少なすぎると肌に馴染ませる時に摩擦が起こって肌を傷めてしまいます。

❌時間をかけすぎている…
キレイに汚れを落としたいと思って、時間をかけすぎていませんか?肌の上にメイク落としが長い間乗っていると、肌の潤いまでとり過ぎて、肌に刺激を与えてしまいます。

❌熱湯、または冷水ですすいでいる…
熱すぎるお湯だと肌の乾燥を招いていしまいます。逆に詰めたすぎると油が固まって汚れを落とすことができません。ぬるま湯がベストです。

ケア.4正しいメイク落としの手順はこちら♪

メイク落としを使用するプロセスは肌に負担をかけるものです。ぜひ下記の手順をしっかりとマスターしてくださいね。たったこれだけでも、1週間ほどで肌がキレイになっていくのを感じられるはずです。

①適量のクレンジング料を手にとる…
まず、クレンジング料を手のひらに適量の半分とります。(適量は商品によって違うので、取扱説明書を確認してください)

②Tゾーンからのせていく…
最初に顔の皮膚の中で比較的強い部分の額から鼻にかけてクレンジング料をのせていきます。指の腹を使って軽くメイクアップ料と馴染ませていきます。

③Uゾーンにのせる…
再び、手のひらにクレンジング料の残りをとります。そして、頬あたりのUゾーンにクレンジング料を伸ばしていきます。この時もやさしくメイクアップ量と馴染ませます。

④目元・口元に馴染ませる…
目元・口元は皮膚がとても弱い部分です。ここは優しくクレンジング料をのばしていきます。

⑤ぬるま湯で手早く洗い流す…
ぬるま湯を使って、手早く洗い流していきます。

ケア5.ニキビが出来やすい人はここをしっかりケア!

よく小鼻や唇の下にニキビができる…という人はもしかするときちんとメイク落としができていないのかもしれません。メイク落としの際に下記を参考にしてくださいね。

●小鼻…
細かな凹みに入り込んだ汚れもメイク落としを馴染ませてしっかりと浮かせます。指を上下させながらやさしく馴染ませましょう。

●唇の下…
唇の下は凹んでいるので汚れが残りやすい場所です。下の歯と下唇の間に下を入れて盛り上がらせると馴染めせやすくなります。指先はくるくると動かしてください。

 

いがかでした?

メイク落としは何となしにやっている…という人ほど、慢性的な肌トラブルに悩まされているケースがあります。上記の正しいクレンジングの方法を実践することで、たった7日間ほどで、気になるトラブルがグンと減るので、ぜひ実践してみてください。

また、クレンジングのタイプによっては肌に負担をかけることがあるので、濃いメイクの時以外はクリームタイプを使うことをおすすめします。また、小鼻や唇の下は汚れが残りやすい場所なので、ここもしっかりと汚れを落としてくださいね♪

まとめ

間違いだらけのメイク落とし!?7日間で変わる正しい美肌ケア

ケア1.なぜメイク落としが必要なのか?
ケア2.メイク落としの選び方とは?
ケア3.メイク落とし時にやってしまいがちな間違ったケア
ケア.4正しいメイク落としの手順はこちら♪
ケア5.ニキビが出来やすい人はここをしっかりケア!


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.