毎日のメイク落としでできる、美肌になるための5つのエイジングケア

表情筋
女性にとってメイクは毎日の習慣だったりするので、1日中メイクをしていると帰宅した瞬間に早くメイク落としたい!!っていう気分になりますよね。いつも何気なく選んで使っているメイク落としですが、メイク落としにもオイルやミルクやジェル、泡のタイプなど様々な種類があります。

毎日しているクレンジング方法は肌に良いのか、自分の肌に合っているのか実は分からないことも結構あったりしますよね。ここでは毎日のメイク落としでできる美肌になるための5つのエイジングケアについてご紹介いたします。



毎日のメイク落としでできる、美肌になるための5つのエイジングケア

エイジングケアその① 正しいメイク落としの方法

私達の肌は皮脂膜という弱酸性の皮脂に覆われていて、その皮脂膜が雑菌や汚れの侵入から皮膚を守ってくれています。なので、メイクと共に余分な皮脂も落とすクレンジングは肌本来の機能を左右する大切なスキンケアの基本なんですよ!未来の肌のためにも毎日のメイク落としの方法をきちんと考えていきたいですよね。以下に正しいメイク落としの方法をご紹介いたします。

正しいメイク落としの方法

落ちにくいポイントメイクを最初に落とす
アイメイクや口紅はウォータープルーフなどで落ちにくいものが多いのでクレンジング剤をたっぷり含ませたコットンを使ってキレイに落としておきます。落とす時に強くこすったりすると色素沈着の原因にもなるのでクレンジング剤を肌に染み込ませるようにして優しく落としていくのがポイントです。

肌全体を素早く優しく洗い上げる
あまり長い時間洗顔していると肌に負担がかかり乾燥してしまうので素早く優しく洗い上げることが大切です。クレンジング剤をたっぷり使って、手でごしごし洗うのではなくてクレンジング剤でメイクや汚れを浮かせて洗うイメージで優しくしっかり洗い上げていきます。

ぬるま湯ですすぎ、最後は冷水で引き締める
熱いお湯ですすぐと肌に必要な油分まで落としてしまうので体温よりも低い温度のぬるま湯でしっかりとすすいで、すすぎの最後は冷水で肌を引き締めます。クレンジング剤が残っていると肌荒れの原因になってしまうので2~30回くらいを目安にすすぎ残しのないようにします。

 

エイジングケアその② メイク落としの種類について

メイク落としはクリーム、オイル、ジェル、ローション、シート、ミルク、ポイントメイク専用のタイプなど様々な種類があります。メイクや肌の性質から自分に合ったタイプの物を選びたいですよね。メイク落としの種類と特徴についてまとめてみました!

メイク落としの種類と特徴

クリームタイプ
クリームの重みと油分でしっかりメイクを浮かせて落とします。クレンジング力も高く肌への刺激も少ないタイプです。しっとしとした洗い上がりなので乾燥肌、敏感肌の方やナチュラルメイクの方向きです。

オイルタイプ
ウォータプルーフなどの落ちにくいマスカラや濃いメイクもしっかり落とせる抜群の洗浄力がオイルタイプの1番の特徴です。洗浄力が強いので肌が乾燥してしまうこともあります。

ジェルタイプ
オイルタイプとミルクタイプの中間にあたるのがジェルタイプ。ベタつかずさっぱりとした洗い上がりになります。必要な皮脂を残したまましっかりメイクを落とせるので乾燥肌の方向けです。油分が少なく肌なじみがしにくいので肌で温めてなじみを良くしてから使う良いです。

ローションタイプ
使いやすく肌にも優しいので最近人気のローションタイプ。オイルフリーのものが多く、皮脂を落とし過ぎずクレンジングができ、美容成分が入っているものが多いのも特徴です。肌に優しいタイプなので落ちにくいメイクは専用のリムーバーで別に落とした方がいいかもしれません。

シートタイプ
疲れて帰ってきた時などメイク落としの面倒臭さを解決してくれる画期的なシートタイプのメイク落としですが、肌への摩擦が起きやすいので使う時にはあまり強く拭き取り過ぎないように気を付けることが大切です。一度拭き取った汚れたシート面を使い続けるとメイク汚れが肌に残ってしまうので注意した方がいいですね。持ち運びに便利なので旅行の時など携帯用に良いですよね。

ミルクタイプ
肌への負担が一番少ないのがこのタイプ。摩擦もないので敏感肌や乾燥肌の方向きです。天然由来の成分が配合されていることが多いのでスキンケアにもなるのが特徴。サラッとしていて肌なじみも良くベタつかないので使い心地も良いです。クレンジング力は弱めです。

 

エイジングケアその③ 自分に合うメイク落としのタイプはどれ?

メイク落としはスキンケアをしっかり浸透させるためにもとても大切なものです。汚れが肌に残っていると肌トラブルの元にもなってしまうし、せっかくのスキンケアの効果も半減してしまいますよね。

スキンケア用品を選ぶ時って自分の肌に合うかとか、どんな成分が入っていてどんな効果があるのかなどじっくり考えて選びませんでしたか?メイク落としにも肌質によって合うものと合わないものがあるので、どのタイプが自分に合うのかじっくり選んでいきたいですよね!肌質別に合うメイク落としについては以下の通りです。

肌質別合うメイク落とし

乾燥肌・敏感肌
クレンジングの摩擦や肌に必要な油分を落とし過ぎて乾燥してしまう事を防ぐためにも肌への負担も少ないクリーム、ミルクタイプのメイク落としが合います。

オイリー肌
皮脂を落とし過ぎると余計に皮脂分泌がされてしまうのであまりメイクをしていない日はローションやジェルタイプ、しっかりメイクをした日はオイルタイプのメイク落としを使い分けると肌にも良いです。

混合肌
オイルタイプとミルクタイプを使い分けると肌に負担をかけずにメイクオフできます。脂っぽい部分のみダブル洗顔をするとすっきり洗い上げることができます。

 

エイジングケアその④ 毎日のメイク落としで美肌に近づく習慣

メイク落としが美肌のために重要なことが分かったので、毎日のメイク落としの時に美肌に近づく習慣にしたいことが何点かあります。まず、メイク落としは帰宅したらすぐにが鉄則です!お風呂の時にメイク落としもする方が多いですが、1日中していたメイクは酸化や、汚れも付いているのでお肌の為にも帰ったらすぐにメイクオフするのが理想です。

あとはメイクを落としながら出来るので、クレンジングマッサージをすると古い角質も取れて血行も良くなるのでメイク落とし後のスキンケアも浸透しやすくなります。

やり方は、
・メイク落としを顔全体に伸ばしたら肌をなでる様に優しくマッサージ
・目元、小鼻、顎をクルクル円を描くようにマッサージしたら、顔全体もマッサージ
・ぬるま湯ですすぐ

優しいマッサージで十分汚れも角質も落ちるし、このマッサージだったら毎日負担にならずに続けられる手軽さがいいですよね!

エイジングケアその⑤ 翌日の肌でメイク落としが合っているかチェック!

美肌になるために自分に合ったメイク落としかどうか判断していきたいですよね。肌質に合っているかどうかは翌日の肌を見ると分かります!プツプツと小さな吹き出物ができていないか、肌のつっぱり感が無いかなどチェックしていって、何かしら違和感を感じたら肌に合っていない可能性大なので違うものを試してみる目安にするといいかもしれませんね。

逆に翌日の肌の調子が良ければ前日に使ったメイク落としは合っているものと判断できるので使い続けて大丈夫です。毎日のメイク汚れを落としてその後のスキンケアの浸透を良くするためにも大切なスキンケアなので、メイク落としをしっかり選ぶことが美肌へと繋がっていきます。自分に合ったものを見つけられれば最高のエイジングケアになりますよね!



今回ご紹介した毎日のメイク落としでできる、美肌になるための5つのエイジングケアはいかがでしたか?スキンケアにはこだわっても、メイク落としのことまではなかなか考えないものだったりしますよね。

でも1日中しっぱなしのメイクや皮脂汚れをすっきり洗い流してその後のスキンケアの浸透を良くしてくれる、スキンケアの中でもとても重要なものだということが分かりましたよね!クレンジングマッサージなどメイク落としをしながらできる美肌への効果抜群なものもあります。この情報を知ったことで毎日のケアをさらに良いものにしていくお手伝いができたら嬉しいです!

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.