柿酢で健康で若々しい身体を作る7つのポイント

柿酢
酢は一般的に健康やダイエットによいとよく話題になりますよね。その中でも特に柿酢は驚くほど健康成分が豊富に含まれていて、今少しずつ認知度、注目度が高まっている酢のひとつです。今回はそんな柿酢に着目し、柿酢に含まれる健康成分の効能を7つのポイントに分けて、柿酢がいかに健康と若く元気な身体をもたらすものであるかをご紹介したいと思います。



柿酢で健康で若々しい身体を作る7つのポイント

ポイント①
柿酢でむくみを解消し血圧上昇を抑える!

柿の生産量が日本一の和歌山県と和歌山県立医大、農協、酢メーカーが連携して柿酢の飲用モニター調査を実施した結果、94人の対象者の中でも最高血圧130以上、最低血圧85以上と比較的血圧の高い39人に、最高血圧が7、最低血圧が4下がるという変化が見られた、と言う報告があります。

柿酢には、黒酢の約3倍ものカリウムが含まれています。カリウムには腎臓の老廃物を排出させる利尿作用で体内のナトリウム(塩分)を排出する働きがあるので、血圧の上昇を抑えたり、また血圧を下げる効果があるのです。この働きによって、むくみも解消されますので、顔のむくみやたるみにも効果が期待できます。セルライトに悩む人にもおすすめです。(ただし、腎機能に不安がある場合はカリウムの過剰摂取に注意が必要です。)

ポイント②
柿酢は豊富なミネラルで生活習慣病予防もバッチリ!

柿が赤くなると医者が青くなる、と言われるほど柿には生活習慣病対策にとって大切なミネラルがとても多く含まれています。生活習慣病には高血圧症、高脂血症、心臓病、肥満などが挙げられます。ポイント①でも述べましたが、高血圧症を防ぐにはカリウムやマグネシウムなどのミネラルが必要です。

また体の毒素を排出させるためには硫黄やモリブデンというミネラルが必要です。柿には特に、セレン、マグネシウム、カリウム、モリブテン、カルシウムなどが多く含まれ、そして酢酸にはそれらのミネラルの吸収を促進する働きがあります。ですので、柿酢には多くの生活習慣病の予防に非常に効果が期待できます。

<柿酢に多く含まれるミネラルの効能>

*セレン・・・・・がんの発生を抑制する
*マグネシウム・・高血圧の沿い素因を抑制する。すい臓の損傷を防ぐ
*カリウム・・・・過剰なナトリウムや老廃物を排泄し高血圧症を防ぐ
*モリブデン・・・糖・脂質代謝に関与。鉄の利用を助け造血に関与。

ポイント③
柿酢でアンチエイジング!いつまでも若々しい身体に

柿にはタンニンと呼ばれるポリフェノールがたっぷり含まれています。ポリフェノールと言えばワインが一般的に有名ですが、なんと柿のポリフェノールはワインの原料であるぶどうの約5倍も含まれているのです。

ポリフェノールは植物に含まれる渋み成分ですが、柿においては渋みを抜いたものでもポリフェノールを含みます。ポリフェノールには抗酸化作用、殺菌、抗菌作用があり、活性酸素を除去してくれるので、睡眠不足やストレスからくるニキビ・肌荒れも抑えることができます。

そして、コレステロールの増加を防止し、動脈硬化や血栓などの抑制を助けます。さらに抗がん作用にも効果的です。タンニンはビタミンCとともに血液中のアルコール分を外へ排出する働きや副腎機能低下を防止する働きがありますので、お酒の飲みすぎや二日酔いに大変効果的です。柿に含まれるポリフェノール(タンニン)は、アンチエイジングはもちろん健康維持にもかなりのお役立ち成分なのです。

ポイント④
柿酢でサラサラ血液で毎日元気

ポイント③でも述べましたが、柿に含まれるタンニンには動脈硬化を防ぎ、血液の流れをよくする働きがありますので、血液をサラサラにしてくれます。さらに、酢に含まれているクエン酸が血小板の凝集を抑えることから血液中の老廃物を排出し、血液の流れをスムーズにする効能があります。

柿と酢のこのふたつの効果で血液がサラサラに流れる事は間違いありません。血液がサラサラになると、生活習慣病の予防はもちろんのこと、全身に張り巡らされている極細の毛細血管に血液がスムーズに流れて組織に蓄積された乳酸を分解処理できるようになるので、結果疲労回復につながります。血行不良の肩こりや偏頭痛などの症状も緩和されます。

ポイント⑤
柿酢で疲れにくくいつまでも若々しいサビない体に!

カロテン(カロチン)は抗酸化ビタミンの一種であり、野菜の色素の中心になっている成分です。柿の鮮やかな橙色でわかるように、柿にはこのカロテンが豊富に含まれています。カロテンには抗酸化作用があるため、身体が老化するのを防ぎます。これは美容の面だけでなく、老化を抑制することで年齢とともに巻き起こる、がんなどの様々な疾患を予防することにもつながります。

また、柿にはビタミンCがみかんなどの柑橘類の2倍も含まれていて、柿1個で一日の必要量がまかなえてしまうほどです。ビタミンCにも酢とともに抗酸化作用があり、免疫機能による風邪予防、疲労回復、老化を抑制します。さらにビタミンCは美肌などの美容にも欠かせない成分であることは言わずもがな、ですね!

このように柿は、抗酸化作用の働きの強いカロテンとビタミンCを同時に多く含む貴重な果実で、同じく抗酸化作用・殺菌作用のある酢の効果を併せると、柿酢がいかに酸化に強い若々しい体を保ってくれるものかお分かりいただけるかと思います。

ポイント⑥
柿酢でつらい花粉症を緩和する?!

多くの方が悩まされている花粉症。特に女性は花粉症などアレルギーで敏感になった肌にメイクをするのは本当に憂鬱です。また、常に目や鼻、喉などの痒みのせいで辛い表情になり、眉間のシワ、目じりのシワなど、アレルギーのせいで老けてしまう悩みがありますよね。

なんと柿にはアストラガリンという成分がふくまれていて、このアストラガリンはアレルギー症状を引き起こすヒスタミンという物質を抑制する抗アレルギー作用があるのです。

また柿に含まれるフラボノイドにも強力な抗アレルギー作用があることが確認されています。多くの人が悩んでいる花粉症などのアレルギー症状を緩和する可能性が期待できますので、つらい花粉症シーズンでも柿酢を摂ればきっと笑顔でいられます。

ポイント⑦
柿酢はダイエット効果も抜群!

柿酢は健康はもちろんのこと、ダイエットにもおすすめです。柿の成分であるカリウムは血圧の上昇を抑えるうえに、肉体を引き締める効果も得られるのです。特に柿酢を運動後に摂取する事で、アミノ酸の効能により筋肉がついて基礎代謝がアップするのです。さらに、酢の効果によってクエン酸回路が活性化して脂肪燃焼を効率的にします。柿酢は健康な身体作りの基本でもある適正な体重にするためのダイエットもサポートしてくれる、本当に万能なものなのです。

さて、今回お届けした柿酢で健康で若々しい身体を作る7つのポイントはいかがでしたか?柿酢にはカリウムをはじめ、ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなどの健康・美容成分が豊富に含まれています。これらは柿に含まれている成分ですが、柿酢にすることでこの健康・美容成分が壊れにくくなります。柿を生で食べるだけでは健康成分の分解、吸収が悪くそのまま排泄されやすいのですが、特に抗酸化作用の強いポリフェノールは柿酢にすることで酸化しにくくなり腸壁から吸収されやすくなるのです。

まとめ

柿酢で健康で若々しい身体を作る6つのポイント

ポイント1:カリウムが血圧上昇を抑えてくれる!
ポイント2:豊富なミネラルが生活習慣病を予防してくれる!
ポイント3:ポリフェノールでアンチエイジング!
ポイント4:タンニン、クエン酸でサラサラ血液!
ポイント5:カロテン・ビタミンCでサビない身体!
ポイント6:アストラガリンでアレルギー症状が和らぐ!
ポイント7:カリウム・クエン酸がダイエットをサポート

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.