辛い便秘を改善してスッキリ快便になるための8つのステップ

快便
3日間排便がなければ「便秘」という枠に括られると言われてハッ!となる方、いませんか?今や二人に一人が「便秘」という便秘人口。お腹が張ったり、急に痛くなったり、イライラしたり。そこで放っておくと重大な病気の一因にもなったり…と、良い事は一つもありません。今回は便秘を改善してお通じを良くする為のステップを紹介します。



辛い便秘を改善してスッキリ快便になるための8つのステップ

ステップ1 朝食はきちんと食べるべし!

忙しいからと朝食を抜く人が多い現代。そのほとんどの人が便秘に悩んでいるのをご存知でしたか?朝食を食べる事は栄養補給の他に、腸を目覚めさせ、排便を促す働きをするのです。朝食をきちんと食べる習慣をつけましょう。また、朝食を食べる前にスプーン一杯のエクストラバージンオイルを飲むのも便秘の改善に効果的ですので、おすすめです。

ステップ2 我慢は大敵!?タイミングを逃さないで!

通勤・通学の支度が忙しくて、メイクやおしゃれをする時間は確保しても、トイレに行く時間は後回し!なんてこと、していませんか?便意をもよおしたら、即トイレに行く習慣をつけましょう。我慢していると、その我慢が慢性化=腸が鈍感になってしまって便が出て来なくなってしまうのです。そして出なくなってしまった便は水分が吸収され固くなり、もっと出にくくなってしまうのです。水分補給も便秘には大事!というのは、こういう事からも言われるのです。

ステップ3 便秘かな?と思ったら「水」を飲むべし!

「水分?コーヒーや紅茶を飲んでいるから大丈夫」などと思っていませんか?それらは水溶液であって純粋な水分としては十分機能しない=水分不足になってしまうのです。水を沢山飲むことは腸内の老廃物(便)を柔らかくし、出やすくする為に必要なのです。「朝起きたらコップ1杯の水を飲む」習慣をつけましょう。冷水ではなく、常温の方がベストです。

ステップ4 食物繊維が便秘を治す特効薬!

肉中心の食事は、ほとんどが吸収されてしまうので便の量が減り、腸の運動が弱まります。体を冷やしてしまう海藻類や生野菜などの過剰な摂り過ぎにもご用心。

一番身近な食物繊維を多く含む食材は、やはり豆類。豆腐なら一日半丁、豆乳なら一日コップ2杯まで。そのほかには、じゃがいも・さつまいもなどの芋類、ほうれん草・人参・かぼちゃなどの緑黄色野菜など。これらの食物繊維を!と言われる理由は、水分を含んでいるため便を柔らかくし、腸をスムーズに通過させてくれる働きがあるからなのです。そのうえ腸内環境に必須な善玉菌をも増加させてくれるので、一石二鳥です。

ステップ5 ダイエットを見直そう!

「痩せたいから食べない!」では、腸も正常には動いてくれません。それによって慢性的な便秘になってしまい、余計に太ってしまうことも。アンチエイジングで体の内側からも綺麗に痩せる為には、やはり食物繊維の摂取と水分を多く摂る事が美容にも、女性ホルモンのバランスを取るためにも重要なのです。

ステップ6 ハーブの効能で腸の動きを活発に!

「もう何日も出てないのよ~」この手の話を言ったり聞いたりしたこと、ありますよね?でも「今日こそ出したい!出そう!」とは、口に出すのも憚(はばか)られて、言った事ってないですよね?(笑)。そのためには腸の動きを良くする必要があります。腸の筋肉を強くしたり、炎症を抑えたり、宿便を剥ぎ取ってくれるハーブをご紹介します。

<腸の動きを活発にするハーブ>

①ケープアロエ
②センナ※(センナは下剤の主成分で、飲めば飲むほど効果が薄れます。腸にダメージをあたえる恐れがあるのでおすすめはしません。)
③カスカラサグラダ
④目木
⑤しょうが
⑥ミロバランノキ
⑦唐辛子
⑧フェンネル

<宿便をはぎ取るハーブ>

①リンゴペクチン
②モンモリロンクレイ
③アカニレの樹脂
④リコリス
⑤マショマロの根
⑥パウダリコ
⑦サイリウム
⑧亜麻仁

ステップ7 便秘改善が最高のデトックス(解毒)効果!?

便秘で腸に溜まった便からは、ガスや活性酸素が大量に出ます。知らないうちに体内に毒素が蓄積されてしまうのです。ストレスも、自律神経が低下することで腸の運動が低下してしまい、便秘の一因となります。ストレスはホルモン分泌をも低下させお肌が荒れてしまったり…と、アンチエイジングでは大敵です。趣味や、体を動かしての気分転換・リフレッシュを行う事も便秘改善=デトックス効果の有効な手段となるのです。

ステップ8 下剤薬のメリット・デメリット

便秘人口の増加に伴ってか、気軽に購入することが出来るようになった「下剤薬」。お手頃な価格と即効性で便秘の悩みを改善する事が出来るメリットがあります。が、下剤だけに頼ってしまうと薬への耐性が出来てしまい、量も増え、薬を飲まないと排便できないという習慣がついてしまうのです。自力で排便できずに腸閉塞になってしまうという最悪のケースも!このようなデメリットを生じないためにも、1週間前後お通じが無かったら病院へ行く事をお薦めします。

 

さて、今回の辛い便秘を改善してスッキリ快便になるための8つのステップは、いかがでしたか?
一度便秘が改善されたら、今度は「予防」として、早起きするなどの規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動などを心がける事が大切です。
忙しくて食事に気を使えない!という人のためには、サプリメントなどの補助食品もあるのでそれらを活用するのもひとつの手です。
そして何よりも重要なのが「水分補給」。お水を沢山飲むことがデトックスとなり、便秘の改善にもなるのですから、意識して水分を摂り、元気なうんこちゃんを生み出していきましょう!

まとめ

辛い便秘を改善してスッキリ快便になるための8つのステップ

ステップ1 朝食はきちんと食べるべし!
ステップ2 我慢は大敵!?出たいと思ったら即トイレへ!
ステップ3 便秘かな?と思ったら「水」を飲むべし!
ステップ4 食物繊維が便秘を治す特効薬!
ステップ5 食べてないから出ない!ダイエットを見直そう!
ステップ6 ハーブの効能で腸の動きを活発に!
ステップ7 便秘改善が最高のデトックス(解毒)効果!?
ステップ8 たかが便秘されど便秘!下剤薬のメリット・デメリット

免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.