当てはまったら若年性更年期障害予備軍!?注意すべき5項目

Juvenile menopause reserve army

更年期というと、40代後半~50代にかけておこるというイメージがありますが、最近では20代~30代におこる若年性更年期障害というものがあることをご存知ですか?

この若年性更年期障害も、50歳前後の年齢の時に起こる症状と同じで、女性ホルモンの分泌量が低下するため排卵もされなくなります。

それにともない、ダルさやイライラ、のぼせなどのホルモンバランスの乱れによる不調も起こります。今回は、若年性更年期障害予備軍の注意すべき5項目をお伝えします。



当てはまったら若年性更年期障害予備軍!?注意すべき5項目

項目1: そもそも、若年性更年期障害とは?


若年性更年期障害による症状がどんなものなのかというと、生理不順・めまい・ほてり・ダルさ・疲れ・不眠症・イライラ・冷え症・不安などです。

本来であれば40代~50代頃で起こる更年期でこられらの症状を感じやすくなるのですが、若年性更年期障害は20代~30代という若い世代の女性に同じように起こることを言います。

項目2: あなたは大丈夫?若年性更年期障害セルフチェック


若年性更年期障害の症状は、ほとんど更年期の症状に似ています。もし、下記のような不調を感じているのであれば、若年性更年期障害になっていることが考えられます。

・生理不順

・寝つきが悪く、ぐっすり眠れない

・手足がとても冷える

・動悸や息切れがする

・些細なことでイライラする

・顔だけが火照る

・急に汗をかく

・肌が乾燥しやすい

・すぐに疲れる

・やるきが出ない

・頭痛がする

・めまいがする

・耳鳴りがする

・肩こりや腰痛が辛い

もし、上記の項目の半分以上が当てはまるようであれば、若年性更年期障害を引き起こしている可能性があります。もし、心あたりがある場合は、できるだけ早くに専門医に相談することをおすすめします。

項目3: 過度なダイエットが原因


若年性更年期障害の大きな原因の一つが、過度なダイエットです。女性の体は元々、妊娠・出産をすることが目的として作られています。お腹の中で赤ちゃんを大切に育むためにはある程度の脂肪が必要になりますが、過度なダイエットにより体脂肪が少なくなりすぎると、脳は自動的に妊娠や出産に適していない体だと判断してしまいます。

そして、女性ホルモンの分泌が不必要だと判断し、分泌量を一気に減らしてしまうことがあります。そのため、生理不順になり排卵もうまくされてないようになるのです。

真のダイエットとは、健康的なイキイキとし状態になること。体重や脂肪を落とすことだけにとらわれ過ぎると、望まない結果を生み出してしまうようになります。ダイエットをするなら、適度が基本です。

項目4: 自律神経の乱れが若年性更年期障害を引き起こす


若年性更年期障害も通常の更年期障害と同様に、ホルモンバランスの崩れから起こる、自律神経の乱れが原因になって起こります。例えば、更年期と閉経を迎えていても更年期障害の症状が起こらない人の場合は、自律神経バランスが整っているという共通点があります。

自律神経の乱れを整えるためには生活リズムを整えることが一番大切なポイントになります。生活リズムを整えて更年期障害を引き起こさない、健康的で女性らしい体を目指すためには下記の項目に注意しながら、生活をしてみてください。若年性更年期障害の悩みだけでなく、体やお肌などもイキイキとした状態に生まれ変わることができますよ。

<自律神経の乱れを整える習慣>

・エアコンと屋外による急激な温度変化を避けるようにする

・睡眠が浅くなってしまうため、眠る直前にはパソコンやスマホを見ない

・1日の中で5~10程度で構わないのでストレッチなどの体を動かす時間を作る

・就寝時間より1時間以上前にぬるま湯にゆっくりと浸かる

・夕食は就寝の3時間前までに済ませおく

項目5: 若年性更年期障害の疑いがある時は何科を受診するの?


若年性更年期障害かもしれない…と感じた場合には、基本的には婦人科を受診するようにします。医療機関によって、女性特有の病気などを扱っている女性外来や、心療内科で受けることもあります。

もし、最近ちょっと調子がすぐれない…という時に内科を受診して以上が無かった場合には、改めて婦人科を受診するようにしましょう。婦人科というと、出産を経験していない人はちょっと敷居が高いイメージもあるかもしれませんが、女性の体のことに特化しているのが婦人科ですので、一番効率よく治療法を提案してくれますよ。


いかがでした?更年期というと50代前後で起こるものと思われがちですが、最近では20代~30代の若い女性の間で更年期と同じ症状の若年性更年期障害を引き起こしている人が多くいます。

若年性更年期障害を引き起こす主な原因が、過度なダイエットや生活習慣の乱れです。ダイエットは適度に行い、毎日の生活を正すことで気になる不調も少しずつ気にならなくなります。

もし今、不調を抱えているという人は若年性更年期障害のセルフチェックをして、可能性が高いと判断した場合は、婦人科をできるだけ早めに受診してくださいね。

まとめ

当てはまったら若年性更年期障害予備軍!?注意すべき5項目

項目1: そもそも、若年性更年期障害とは?
項目2: あなたは大丈夫?若年性更年期障害セルフチェック
項目3: 過度なダイエットが原因項目
項目4: 自律神経の乱れが若年性更年期障害を引き起こす
項目5: 若年性更年期障害の疑いがある時は何科を受診するの?


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.