見た目年齢が若い人が必ずやっている女性ホルモンを増やす5つの習慣

increased-hormone

見た目年齢が高い人を最近では美魔女と言ったりしますが、そのような人は羨ましいくらい肌がうるおっているハリがありますよね。実は、そんな若々しい見た目を作りだすために欠かせないのが女性ホルモンです。

女性ホルモンがしっかり、そしてたっぷりと分泌されるようになると、驚くほど肌がつややかに、そして女性らしいボディラインを叶えることができます。そこで今回は、見た目年齢が若い人が必ずやっている女性ホルモンを増やす5つの習慣をお伝えします。



見た目年齢が若い人が必ずやっている女性ホルモンを増やす5つの習慣

 

習慣1.そもそも女性ホルモンはどんな働きをしているの?


女性ホルモンを増やす前にまず知っておきたいのが、女性ホルモンがどんな働きをしているかという点です。

女性ホルモンのエストロゲンには、肌の繊維芽細胞に働きかけて、コラーゲンやエラスチンを新しく作りだす指令を出す役割があります。ですから、肌や髪を若々しうしたり、骨を丈夫にしたり、さらには自律神経を安定させたりする作用があり、女性らしさと若さを司る大事なホルモンと言えます。

ただし、年齢を重ねることでどんどん減少していくホルモンでもあります。大きく減少するのは45~55歳の間に起こると言われていて、これがいわゆる更年期と言われるものです。

最近では若い女性でもホルモンバランスを崩している人が多く、月経不順や辛い生理痛、慢性的な肌トラブルの原因になっています。

習慣2大豆製品を.食べて女性ホルモンを増やす!


毎日の食事をちょっと工夫するだけでも、女性ホルモンを増やすことができます。女性ホルモンと似た作用を持つ食べものを摂るようにするだけでも、女性ホルモンの減少を食い止めたり、女性ホルモンの分泌を増やすことができます。

大豆イソフラボンという成分は女性ホルモンに似た作用のある成分の一つです。大豆イソフラボンは、体のホルモンバランスを整える働きだけなく、女性ホルモンが多すぎる時には減らしてくれるという嬉しい働きもします。大豆イソフラボンが多く含まれている食材は、大豆製品であるおから納豆豆腐味噌高野豆腐などがあります。

習慣3.女性ホルモンを増やす作用のあるフルーツを食べる♪


大豆製品以外にも、女性ホルモンを増やす作用があるのが、ざくろといちじくです。

●ざくろ
ザクロざくろは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと同じ分子構造を持つ、植物性エストロゲンが種子の中に多く含まれています。また、疲労回復効果があるクエン酸や、ビタミンC、パントテン酸なども含まれているので、より一層の美肌効果も期待できます。

さらにアントシアニンも含まれているので、視力回復にも役立ちますよ。年中食べられるものではないですが、最近ではざくろジュースも多く販売されているので、手軽に摂ることができます。

●いちじく
いちじくいちじくもざくろと同様に植物性エストロゲンが含まれています。特に白いちじくは栄養価がとても高く、鉄分やカルシウム、クエン酸、リンゴ酸、食物繊維も豊富に含まれています。こちらも年中食べられるものではないですが、ドライいちじくを利用すると手軽に摂ることができます。

習慣4.生理後の女性ホルモンの力を借りて徹底美肌ケア!


食事や睡眠などで女性ホルモンを増やしながら、同時に行いたいのが美肌ケアです。実は生理後には女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に高まります。

何もしなくても肌がみずみずしく潤ったり、コラーゲン量が増えて肌にハリがでるなどの嬉しい効果を得られる時期でもありますが、このタイミングにいつもより力を入れた美容ケアをすることで、より肌をキレイにすることができます。 美容パックを徹底してみたり、美容液をたっぷりと浸透させることで、期待以上の嬉し効果を得ることができます。

習慣5.心次第で女性ホルモンは増やせる♪


女性ホルモンは、心の持ち方次第でも増やすことができます。女性ホルモンを分泌しているのは卵巣ですが、卵巣に指令を出しているのは脳にある大脳辺縁系です。この大脳辺縁系は、喜びや楽しさ怒り、悲しみなどの感情が生まれる場所でもあります。過剰なストレスを受けると大脳辺縁系の働きが鈍り、女性ホルモンの分泌も少なくなってしまい、逆にこの部分を刺激することで、分泌を増やすこともできるのです。

大脳辺縁系の刺激に効果があるのが、感動すること。年齢を重ねると感動すること自体が少なくなってしまうものですが、毎日新鮮な気持ちで過ごし、ちょっとしたことにでも嬉しい、楽しいというプラスの心を持っているだけでも、女性ホルモンの分泌を多くすることができます。既婚者でなければ、恋をすると驚くほど女性ホルモンを増やすことができますよ。

 

さて、今回の見た目年齢が若い人が必ずやっている女性ホルモンを増やす5つの習慣はいかがでしたでしょうか? 女性ホルモンを増やす工夫をすることで、あなたも周囲も驚くような美魔女になることができます。女性ホルモンを増やすためには、女性ホルモンに似た働きをする大豆製品やざくろ、いちじくを毎日積極的に摂ること。

そして、毎日新鮮な気持ちで楽しく、ワクワクとした心で生きることです。さらにより一層の美肌の底上げを目指したいなら生理後のエストロゲンが増えるタイミングで美肌ケアを徹底すると良いでしょう。 たったこれだけの習慣を毎日に取り入れるだけで、ツヤツヤっとしたハリのある肌と女性らしいメリハリボディを叶えることができます。

まとめ

見た目年齢が若い人が必ずやっている女性ホルモンを増やす5つの習慣

習慣1.そもそも女性ホルモンはどんな働きをしているの?
習慣2大豆製品を.食べて女性ホルモンを増やす!
習慣3.女性ホルモンを増やす作用のあるフルーツを食べる♪
習慣4.生理後の女性ホルモンの力を借りて徹底美肌ケア!
習慣5.心次第で女性ホルモンは増やせる♪


免責事項

Copyright (C) 2013-2016antiaging-life.info All Rights Reserved.